道楽じみている

道楽じみている

思いつきを深掘りする雑記

【持たない生活】財布を捨てた話

昨年の10月、長年愛用してた財布を捨てました。

そう、文字通り自ら財布をゴミ箱にぶち込んでやったのです。ポイッて。

・・・と、これだけ書くと気が触れてしまったヤツの戯言みたいなんだけど、念のため言っとくと、

お金は入ってないからね!それ犯罪だし!

で、その日から今日まで「財布なし生活」を送っております。

財布を持ち始めて四半世紀以上経つけど、はじめての経験です。

 

何でそんなことをしたのか?

もともと自分は持ち物がめちゃくちゃ多くて、

「本5冊も持っててホント読めるぅ?」

「パソコン使わない日も持ち歩く必要あるぅ?」

「財布にやたら入ってるポイントカードいるぅ?」

って、いつも自分にツッコミをいれつつ、重たいカバンを持ち歩いてたわけ。

トレーニングですか?

って言われた(disられた)こともある。

まぁ、一般男性のカバン重量から考えたら2〜3倍は重かったと思うのよ。軽さがウリのMacBookも本と入れたら意味がない。

もはや、その重さがデフォルトって感じになってて、気にもしてなかった。

むしろ、

まだまだ待てるぞーーー!!

って思ってたかも。イタイな。

 

で、さすがにどーなのよ!って思った日があって、よくよく考えてみたんだけど、これって完全に怠慢だよね。

持ち物の整理ができてない証拠。

使うかもしれないから詰め込んんどけー!って具合で計画性がなさ過ぎるわけです。

自分のリソースを過大評価してたり「もしも」の時に備えていらないものを無駄に運んでるという・・・ま、いろいろ残念だなってことに(今更)気づいたわけ。

そんなこんなで、考え方を180度変えてみました。

まず試したのが、

  • カバンの中身は毎日チェックしていらないモノを廃棄
  • パソコンは必要な日以外は持たない
  • 読む本は極力Kindleにする

これを早速試してみたんだけど、

いやいや、なにこれ、うーーん、何というか、

 

めちゃくちゃ快適ですわ。

修行僧のようだった今までの自分が哀れでならない。

持ち物を減らすってマジステキ。

なんかね、フットワークが軽くなるから今まで億劫だったことが簡単にできるようになった。

初日なんて途中下車してブラブラ散歩したもんね。

それで「身軽」って心地よさを知った自分は、どんどんエスカレートして、ついに財布を捨てるレベルに達してしまったという。もう止まらん。

携帯用充電器も軽いやつにしたいなぁ。

 

どーやってお金を持ち歩くんじゃい!

財布を持つ理由は「お金を入れて持ち歩く」ってこと。これは万国共通で疑いようがない。

ただ逆に考えると、お金を運ぶ時に必ずしも「財布を使わないといけない」ってルールはないでしょ?

べつに葉っぱでくるんで持ち歩いてもいいわけだしさ。

 

でね、自分はいろいろ試行錯誤して「定期入れ」を使うことで落ち着いてます。

 

ちなみにこんな感じ

f:id:onionpetas:20170525073417j:image

これをズボンの左ポケットに収めてる。

ちなみにマネークリップ的なやつも試したんだけど、やっぱカード類は少し持つ必要があるからダメだった。別でカード入れが必要になるし。

最小限のカードを入れるくらいなら、このくらいポケットがある定期入れが丁度良かったんです。

紙幣はそんなたくさん持ち歩かなくても、クレカかATMで何とかなる。

ということで、現金自体もそこまで持たなくなりました。

人って変わるもんですねぇ。

 

でね、ここまで読んで「小銭はどーすんだ?」って思ったスルドイ方もいらっしゃると思います。

小銭は実に厄介。でも1番理にかなった持ち運び方法は実にシンプルでした。

そう。

小銭は「ポケットに直接イン」です。

ジャラジャラさせてます。

「小銭入れ」を別に持ってたこともあるんだけど、持ちモノが増える感覚が嫌だったので却下。

朝、持ち歩く小銭をピックアップして、お釣りとかで増えた分は家に保管してます。1円とか5円が家に貯まってるんだけど、これはまとまったら両替するってことで。

 

で、財布なくしてどーなった?

うーん、これねぇ、もうやめられない。

開放感がハンパないわけですよ。

だってさ、平日は通勤でカバン持ってるからあれだけど、休日なんてカバン持ちたくないわけ。

わざわざ「財布を入れるためだけに」小さめのショルダーバッグとか持ってたけど、あれはホント無駄。

今、休日は完全手ぶら男子に相成りました。

ちょっと遠出する時でもポケットに入りきらない物は持たない。

いつでも両手をフリーで使える心地よさって、想像するより素晴らしいものでした。

 

ちなみにレジでお金出すスピードは財布時代の2倍速です。

今までは、

  1. カバンを下ろす
  2. カバンを開ける
  3. 財布を取り出す
  4. 財布を開ける
  5. お金を取り出す
  6. 支払う
  7. お釣りを受け取る
  8. お釣りを財布にしまう
  9. 財布をカバンにしまう
  10. カバンを背負う

・・・という実に「10手順」で支払いという行為に挑んでたわけです。正直まごついてた。

 

それが、

  1. ポケットに手を入れる
  2. お金を取り出す
  3. 支払う
  4. お釣りを受け取る
  5. お釣りをポケットにしまう

 

・・・すごくないですか?半分の手順で済みます。

スマートにレジで支払って颯爽と去っていくのも夢じゃない。

ポケットの小銭は慣れてくると手触りで種類がわかるから、スッとお金を渡せます。

レジに向かう道中、盲牌の如くポケットで残高確認できるようになれば・・・もうアナタは完全に上級者です。(と、勝手に勧めてみる)

 

財布がなくなるデメリット

歩くとチャリンチャリン鳴る

これが結構恥ずかしいんですね。休日は全然構わないんだけど、社内で歩いてる時とかは恥ずかしい。

ま、ただこれもポケットの中でのしまい方で極力チャリンチャリンを抑えることが可能です。

(この方法を説明すると、このくだらない記事が余計長くなるんで割愛しますが、もし!仮に!万が一にも!知りたいなぁ〜って方がいましたらコメントくださいね。こっそり伝授いたします) 

 

でね、その他のデメリットは正直思いつかない。

ブランドモノが好きな人は受け付けないかもしれないけどね。ま、でもデメリットなんてそのくらい。

長財布使わなきゃお金持ちになれない!

・・とか言ってる人は無理かもだけどね。

 

ただ、女性はさすがに難しいか…。

 

まとめ

好き勝手書いてみたけど、この話はネタでもなんでもなく実話です。

半年以上、財布を1回も使ってません。捨てたし。

持ってるのが常識の財布だったけど、「財布ってホントにいる?」ってことを改めて考えると、

「い、いらないかも」

ってことになりました。

 

いろいろやってみて気づいたのは、外出時の持ち物って意外とモチベーションに繋がるってこと。

やっぱ身軽だと元気だし、重たいモノを持ってるとやる気も削がれていく。

財布は極端かもしれないけど、カバンの中って案外いらないものがたまりやすいからチェックしてみると次の日快適になりますよー!

ということで、今日はここまで〜!