道楽じみている

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道楽じみている

思いつきを深掘りする雑記

お金を稼ぐことって何なんだ?

お金稼ぎについて書くのは難しい。

「お金稼ぎ」ってなんでこんなにも響きが悪い言葉になったんだろう。

まぁ確かに稼ぐことって人によって捉え方が真逆だったり、シビアな問題をはらんでることもあるし。ここまで人によって価値観が違うことって珍しい。

それと、例えば今の世の中(特に日本)って、お金をたくさん稼ぐ人が疎まれる傾向って絶対あると思うんだよね。

「金の亡者がーー」とか「成金野郎のくせにーー」とか裏でコソコソ言ってたり、なんだかんだ攻撃の対象になりやすい。

だから自分の稼ぎとか年収を大っぴらにする人は少ない。会話のマナーみたいな風潮にもなってるし。

なんだか不自然な空気が流れてるよね。

 

稼ぐ金額が人によって違うこと

これは格差社会ガー…とかうんたら言われてて社会問題みたいな話だけど、どーしたって沢山もらってる人とあんまりもらえない人はいる。日本は資本主義社会なわけだし、ある意味仕方ない。

だからみんな「たくさんもらう側」になりたくて必死になる。そりゃそうだよなぁ。
新卒は一斉に大手から就活したりさ、起業したり、なんかグレーな商売始めたり…。みーんなお金を欲しがってる。(自分も欲しい)

でもさ、本来はそこを突き詰めて考えると、みんな「人並みの生活」がしたいぞ!って思うから働くんだよね。たぶん。
ま、この「人並み」って基準が曖昧なんだけど。

とりあえず衣食住が確保できればいいやって人もいれば、オシャレして、週3で外食して、港区のマンションに住むのが最低ラインの人もいる。
それぞれの「人並みの生活」を生きる為に、必要なお金を稼ぐ。

うん。

でもこれ、めちゃくちゃ健全よね。

もちろん贅沢したい人とか、老後のお金を貯めたい人なんかは生活プラスアルファでお金が必要でしょ。

だから、自分が求める生活スタイルの為に、仕事を選んだり必死で頑張ったりする。

このプロセスはとーーっても真っ当だと思う。

f:id:onionpetas:20170422140838j:image

 

お金の話は面白い

ただ実際は、そんなシンプルな話じゃ済まないよね。

お金を稼ぐって行為は単純に面白いから、マネーゲームみたいなビジネスも生まれるし、ギャンブルだってリスクをとって勝負する「高揚感」が娯楽になるわけだし。

で、これは生活する為のお金と種類が違うよね。(良い悪いじゃなく)

お金っていうわかりやすい対象物を使って遊んでる感じかな。食って寝て働くだけの生活じゃ物足りないぞーてな具合。

やっぱりさ、みんなお金欲しいしさ、旅行とかビュンビュン行って、好きなモノをバンバン買えたらサイコーって思うよ。そりゃ思うよ。うん。

 

でもね、

闇雲にお金を稼ぐことだけ考えちゃうと一気につまらなくなると思うんです。真面目な話。

だって稼ぐことが「目的」になっちゃうと本末転倒でしょ。何も面白くない。

www.hitode-festival.com

この記事の内容がものすごくわかりやすいんだけど、やっぱりお金って「どう使うか」を考えることが何より重要だと思うんだよね。

自分が「何がしたいか」ってことが出発点。

で、それを満たす為にお金が必要なら頑張って稼ぐと。この順序が逆の人って実は結構多いんだけど、それホントに楽しいのか?って思う。

 

仕事を楽しむ人々

さっきの「何がしたいか」ってやつが仕事に直結してるとバラ色。仕事が楽しいわけだからね。

稼ぎの額はあんまり重要じゃなくて、さっきの「人並みの生活」ができればいいわけ。それ以上稼いでも持て余すしさ。

「何もしないで贅沢できるお金がわいてくる状況でも今の仕事したい?」

この質問に即答で「おうよ!」って答えられる人は幸せよね。

そんな仕事ができてるって人は稀かもしれないけど、実はそれ、仕事の種類なんかより、仕事への向き合い方で変わる部分だと思うわけです。

 

こないだ、川村元気さんの「仕事。」って本を読んだんだけど、ここに登場する仕事の達人たちの言葉はめちゃくちゃリアル。

お金にも生活にもトコトン向き合ってるんだよね。

f:id:onionpetas:20170420233926j:image

君の名は。」のプロデューサーでもある川村元気さんが、数々の偉人たちにインタビューする形式の本なんだけど、僕が知りたいことを聞いてくれる感じで、かなり面白い内容でした。

f:id:onionpetas:20170420234050j:image

宮崎駿さんは、クリエイティブ思考の中に、きっちり「生活」が内在してる。

f:id:onionpetas:20170420233958j:image

糸井さんいい事言うわ!本編もかなり面白かった。

f:id:onionpetas:20170420234343j:image

ジブリの鈴木プロデューサーの言葉はいつも感銘を受けるんだけど、何よりこの人は仕事が楽しそう

目の前の仕事を楽しむ為のヒントがたくさん詰まってるから読んでてワクワクする。

 

まとめ

結局、あーだこーだ考えても、お金を稼ぐことって切っても切れない問題。

ただ、ざっくり言って楽しく生きる稼ぎ方って2通りしかないと思うんだよね。

「好きなことを仕事にしてお金をもらう」
「好きなことのために稼いだお金を使う」

これって、どっちか選ばなきゃいけないわけじゃない。例えば副業でも好きなことやってたら、 どっちも当てはまるし自由度も上がるよね。

どんな商売でも楽しいことに繋げて考える。これがいい仕事ができる条件なんじゃないかな。

そんなことを思ってる今日この頃でした。

 

ということで、今日はここまで!