道楽じみている

道楽じみている

思いつきを深掘りする雑記

己を紹介するって難しいよねぇ

今週のお題「自己紹介」

唐突にはじめたこのブログなんだけど「誰やねん!」って思う人もいるかもなんで、この機会に自分のことを書きますよ。

オニオンの人となり

ひねくれ者であまのじゃく。

ただ、稀に「いま旬」的なことすると妙にテンションを上げてしまう煮え切らない性格。自分でもイマイチ沸点がわからない。

仕事は10年選手のダメリーマン。あとは個人事業を気ままにやってる。

仕事を真面目にしてる感覚は無くて、どちらかと言えば仕事を楽しくすることに超真面目

まぁ、男の人生なんて仕事してる時間がクソ長いんだから、仕事くらい楽しませてもらいたいよねぇ。うむ。正論でしょ?

生粋の遊び好き

ここで言う「遊び」は火遊び(恋愛情事)じゃなくて、子供が「あそぼーぜ!」って言うのとほとんど同義。その辺の思考回路は30代になった今も変わらない。

で、遊びは仕事より大真面目

何か楽しげなことに興味を持つとトコトン没頭して睡眠が極端に減ってしまう習性がある。そして仕事に支障をきたす。(これは少し反省してる)

文章を書くこと

何というか生活の一部。

昔から思いの丈を文章にすることが好きで、小学生の時も作文の時間が一番好きだった。

自分しか読まない日記的なものは毎日手帳に書きなぐってる。仕事だと資料作りの文章を書いてる時間は至福の時。で、反応が良かったりすると恍惚の表情を浮かべながら自分を褒めてあげる。(気持ちわるいね)

過去、ブログやメルマガで頻繁に記事を更新してたんだけど、仕事の都合でやむなく閉鎖。で、ここ数年間はネットに公開する書き物はやめてたんだけど、やっぱり我慢できなくなってしまった。

このブログは今まで溜まってきたコトをぶちまけて躊躇せず書きまくるつもり。

文章を読むこと

これはね、マジ中毒。ホント活字中毒だなって思う。

一人でいる時に何も読んでない時間はほぼ無いかもなぁ。

電車の中とかはもちろんだけど、ちょっとしたスキマ時間でたとえ10秒でも持て余しちゃう感覚。トイレは小のほうでも何か持ってくし、風呂も濡れていいやって本が常備されてる。(自分でも異常だと思う)

逆にテレビはほとんど観なくなった。チェックしてる番組だけ録画してるんだけど、それさえ観れずHDDが悲鳴をあげてる。

過去、Amazonの購入金額が生活を脅かした経験あり。

最近は図書館とKindle Unlimitedも併用してる。これはホントお財布に優しいね。

読むジャンルに偏りはあんまり無く雑食。文学・社会・政治・ビジネス・経済・趣味系・・・と何でも読む。マンガも大好きでかなり読んでる。

ちなみに今読んでるのは藤沢秀行さんの「野垂れ死に」って本。

f:id:onionpetas:20170415230316j:image

この人、めちゃくちゃ強い囲碁棋士なんだけど、その人生が壮絶過ぎる。酒、ギャンブル、借金、女性関係・・・と全部揃った男。その半生をご本人が冷静に振り返ってるのがこの本。まだ途中だけどオススメ出来そうなので是非。

この人の自己紹介だったら面白いんだけどなぁ。

遊びのこと

これまでの人生で間違いなく一番時間をかけている遊びは「演奏」することだと思う。

音楽の好みも雑食なので、色んなジャンルに挑戦することが好き。

ギターを弾くことが多いんだけど、タンゴやジャスで納得がいくソロが取れると1日機嫌が良い。

あと、最近は「野外で飯を食うこと」が何故だかめちゃくちゃ好き。

なんだかんだ理由をつけて外で食べたがる。さらに欲を言えば外で自ら作って食いたい。

子供の頃は興味すら湧かなかったキャンプ的な行為が、いまやドストライクになってる。不思議なもんです。

バイクで一人キャンプ旅に行くのが直近の目標。

仕事をすること

ありがたいことに、現状は楽しくさせてもらってる。

他社さんから「良い話」をもらう機会も何度かあったが、何故かいつも踏みとどまってしまう。給料が跳ね上がっても目の前の仕事が捨てきれない。

この結論にいたる感情をいつもロジカルに考えてみるんだけど明確な答えは出ず。

まぁ、自分の優先順位として、仕事は「楽しむこと」であって「多くのお金をもらうこと」じゃないってことらしい。

一方で、今の仕事を一生続けるか?と聞かれたら、これまた一筋縄ではない。

ぼんやり考えてるのは、目の前の仕事を一生懸命やってたら、おのずと満足できる仕事に辿りつくんじゃないかと淡い期待を持ってる。

まとめ

自分で書いてて改めてどーしよもない人間性に閉口なのだが、これが嘘偽りなく自分の性分なんだから仕方ない。(と思うしかない)

これからもブログの更新はひたすら続けていくので、もしこんな輩に少しでも興味を持ってもらえましたら嬉しい限りです。

それでは、今日はここまでにします!

よろしくお願いします。