道楽じみている

道楽じみている

思いつきを深掘りする雑記

【あっという間に時間がなくなる】GWを有意義に過ごすための荒技

GWはのんびり過ごすと心に決めてた。

やりたいことがかなり溜まってて、もう秒刻みで動いてやるぞ!って気合い入れてたんだよね。

自分としてはこんな感じのToDoリストで挑んだわけ。

  • 読みかけの本をとりあえず読破する
  • ブログは毎日更新だ
  • はてなブロガーさんの記事を片っ端から読んだるぜい
  • ここらでギターをみっちり弾く時間をつくろ〜
  • 外食なんてするかい!GWこそ自炊で勝負したる

・・・と、やりたいこと一切合切がGW頼みでして、完全にインドアを決め込んでやったろうとしてたわけ。

ただね、この半分もクリアしてない。読者登録してる人の更新ブログしか読めてない。なんか通常のウィークデイとか休日より全然時間が取れてない気がするわけです。

そんなこんなで、GW3日目を終えようとしてます。何故なんだ・・・。

 

天気が良すぎる

f:id:onionpetas:20170506012502j:image

これは大いに関係してると思う。天気が悪ければ外に出る機会も減るし、インドアを決め込むことに何の罪悪感も持たない。

今年は、なまじっか天気が良すぎるんで家にいることが許される状況じゃなかったわけ。

この天気のせいで家族は次々に予定をぶち込んでくる。今日なんて超満員の公園でBBQに勤しんでた。炎天下で死ぬほど疲れたよ。

まぁ、BBQ自体は好きなんだけどね、わざわざ激混みのGWに突っ込むことはなかったと思う。

埼玉県の「秋ヶ瀬公園」ってとこに行ってたんだけど、もう人人人人人人人・・・・犬犬・・。

こんなにも人類はBBQが好きなんだって思うくらい、どこもかしこも肉焼いてるわけです。(ウチも負けじと焼いたけど)

めちゃくちゃ広い公園なんだけど、ちょっとした祭りレベルで人が集まってて驚愕しました。

なんつーか、公園全体が肉臭い

もう至るところで煙が上がってんのね。ホントに異様な雰囲気ですよ。

場所取りとかも結構大変で、人気の「木かげポイント」なんかお隣さんとの距離感が明らかにおかしい。近すぎる。

そんな状況なのに、ちょっとしたスペースでバドミントンとかおっぱじめる輩もいるし、その羽が四方八方に飛び回っててね、それを誰かん家の犬が追いかけ回すという・・・もはやコントのような賑わいでした。

長居は無用ということで昼過ぎには撤退してきたんだけど、通常のBBQと比較して既に2.8倍の疲労度を感知してます。

木陰でのんびり本でも読めるかな〜・・なんて淡い期待も少しあったんだけど完全に甘かったね。

 

ブログ1記事の分量がよくわからない

そうは言ってもGWにもメリットはありました。

GWは早起きする必要がないってこと。

今の自分にとって、これが一番のメリットかもしれない。

だから日中は家族の予定でアッチコッチ出掛けても、夜〜夜中は自分の時間が作れてる。

ただ、さすがに夜中ギターは鳴らせないからほぼほぼブログを書いてました。

でもね、今ちょっと気合いの入った記事を書き進めてるんだけど、これがなかなか難儀してるのです。

あっという間に5,000文字とか超えてて、まだまだ終わる気配がないという…。

GWは毎日更新しようとしてたんだけど、こいつだけに時間を取られてて全然更新できなかったわけ。これはちょっと考えものだな。

ちょっと話が逸れるけど、ブロガーさんって1記事に対する分量とか時間配分ってどうやって決めてるんだろ?

記事ごとにボリュームの大小って絶対あると思うんだけど、時間かかりそうな記事がある時って並行して他の軽めの記事を更新したりしてるのかな?

そーゆー時の為にストックから更新したりとか?

自分としては可能な限りストックは使いたくない派なんだよね。なんか新鮮味が薄れて自分の中で投稿するテンションじゃ無くなっちゃうしさ。難しいもんです。

うーむ。まだちょっと更新のペース配分が掴みきれないんだけど、色々試行錯誤しながらやってくしかないな〜。

ということで今回は気分転換に別のテーマで書いてみたわけです。

 

GWって無駄な時間を使うことが多い

やっぱGWって通常の休日とはリズムが全然違う。

人の流れも違うからその影響も受ける。

その筆頭が「渋滞」「待ち時間」、この二つに振り回されて、時間を無駄にすることって多いと思う。GWはそれが顕著だよね。

自分としてはこの無駄さ加減がどーしても耐えられない。

渋滞って運転してるとできることが「運転」しか無いから、めちゃくちゃ損した気分になっちゃう。

混んでるお店のレジ待ちとかも同じで、ぼーっと待ってるだけ。この二つが究極のストレスなのです。是非ともここは最小限に抑えたい。

で、そんなことを思ってて色々と対応策を考えたわけです。

まぁ、かなり個人的な方法なんで参考になるとこは少ないかもしれないけど、今年のGWでやってみて成功(?)したことをちょっと書いてみますね。

 

GWで時間を無駄にしない荒技

① オーディオブックの多用

どーしても避けられない渋滞はあるもの。これは仕方ない。

で、運転中にオーディオブックを聴いてみたんだけど、これがなかなか良かった。

最近は小説でも「いい声」で読んでくれるコンテンツが増えたし。

これは大発見!

 

② GWは買い物しない

究極のレジ待ち回避策

シンプルに買わなきゃいいだけよ。まぁ現実的には難しいこともあるけど、食品はGW初日にまとめて買ったり、ちょこちょこ工夫してたら意外にストレスを感じることが少なかった。

あとは、セールとかに行きたい気持ちはグッと抑える。セール後、仮にお目当の品が高くなったとしても「時間を買ってる」ってことで納得すれば良し!

ちなみにコンビニに行かなくなったことも良い感じで作用してる。

doraku.hatenablog.com

 

③ 自転車をフル活用

こんな考え方だからGWに遠出するなんて考えは毛頭ないわけで、そんなに行動範囲は広くない。ならばと、ちょっとした外出くらいなら車じゃなくて自転車で行ったほうが・・・と思って試してみた。

これ、やってみるとなかなか気持ちいいのね。この季節の自転車行動は気持ちが穏やかになる。もちろん渋滞知らずだし。

なかなか日中に自転車漕ぐ機会ってなかったんだけど、これはいいもんです。

 

④ 深夜に活動する為の昼寝

これね、そもそも昼寝自体が非効率っぽいけど、30分寝るだけで体力がだいぶ戻る感覚があった。(若い人は問題ないか)

ただ、家族がいると完全に独りよがりにはなれないから、ちょっとだけ寝させてもらって深夜にひとり時間を確保してるわけ。(今まさにココ) 

 

⑤ 外食は控える 

混むでしょ。GWはどこもかしこもホント混む。

席に着くまで待って、料理が出てくるまでの時間もやっぱり遅め。そんなら家で作って食べたほうがストレスフリーでご満悦なわけよ。

ただ、せっかくの休みなのに全部が全部自炊ってのも疲れちゃうんで、ラーメンとか回転がはやいとこはオススメ。

 

まとめ

ということで、残り2日となった2017年のGW。

今年はこのブログに助けられたことも多かったな〜。

残り2日も、

今週のお題ゴールデンウィーク2017」としては、

時間を存分に使いこなす!というテーマで頑張ります。

ということで、今日は終わります!

【ナポリタン好き集合だ!】パンチョって店が美味すぎて6年通ってる話

いや、伊東じゃなくてね。(若い人は知らんか…)

パンチョって名前の都内に何店舗かあるナポリタン専門店なんだけど、この店ね、マジで沼

もうね、1回食べたら「病み付き」って言葉じゃもう足元にも及ばないくらいの食べたい病が発症するナポリタンなのです。

確実にリピートする禁断のスパイスでも入ってんじゃねーの??って思うくらいの危険度。

もうね、自分はこの沼から絶対這い上がれない。

いい加減食べ過ぎだなって思ってさ、過去に何度か「離脱」に挑戦したんだけどね、あの魅惑的なトマトソースと極太麺が絡み合ってる記憶がさぁ、これを見事に打ち砕いてくるわけ!
なんなんだろう、あの症状は。

なもんで、もう離脱なんてとっくに諦めたよ。

一生パンチョとともに歩んでいくことを固く決意したわけです。そう。無理は良くない。

だってさ、

パンチョ食べるのマジで幸せだから〜!

【ご注意】

皆様におかれましては、もし万が一にもパンチョに行かれる場合、この店が「沼」であることを深く認識し、当記事の症状に立ち向かう強い志を持ち合わせているか、または、パンチョの虜となった上で通い詰めることが可能であるか、深く検討を重ねた上でご来店されることを強くお勧め致します。

 

で、どんなパスタなんじゃい!!

これです。

 f:id:onionpetas:20170502081622j:image

もうさ、チーズのとろみがハンパなくてピントすら合ってない。(焦って自分の手も写り込んでるし)

こいつがね、ヤバイやつなんですよ。

写真のメニューは「ナポリタンチーズ」ってやつで名前のまんまなんだけどね、自分は完全にこれ一択でございます。マジで美味い。

こいつが6年ものあいだ腹を満たし続けてくれたわけです。すでに最愛の恩人だね。

で、パンチョって麺の量を選べるんだけどね、こんな構成になってるの。

  • 小 : 300グラム (標準)
  • 中 : 400グラム (大盛り)
  • 大 : 600グラム (超特盛)

 てゆーかさ、

なぜ500を飛ばした!?

まぁパンチョの心意気なんだろう。

ただ、普通の店の大盛り感覚で「大」とか注文しちゃうと確実に痛い目にあうよね。

で、6年前(パンチョ初心者)の自分は「中」で慣らして、3回目の来店くらいから「大」にした。

今は「大」じゃないと物足りないってくらいのレベルに達しております。(まいったか!)

これね、一度でも「大」を食べてしまったら、もう普通の生活には戻れない。常に頭の片隅には「パンチョ」って気の抜けたカタカナが漂う生活が始まるから。

 

キッカケは突然やってくる

午後3時くらいにね、仕事がひと段落してくるとひょっこり頭の中でパンチョが呼びかけてくる。

・「今日パンチョじゃね?」

おうおう、きたかきたかと冷静を装いつつ頭の中では、

・「パンチョ食いてぇぇぇ」

 てな具合で仕事の集中力が極端に落ちる。

これはマズイ。早く決断しなければ。

・「前回パンチョ行ったのいつだっけ?」

前回のパンチョ日から今日までの日数を最速で計算する。(これが最優先の仕事となる)

・「おし!一週間経ってるぞ!今日行こう!」

さすがに週2回は行かないという謎の自分ルールがあって、これをクリアしてることを確認する。

ここで、クリアの場合は

・「今日パンチョ日にします!」

と、丁重に家に連絡して定時で帰れるように仕事を高速で片付ける。すべてはパンチョのために。

 

この流れを毎週やってるわけですよ。6年も。

完全にパンチョの手のひらで転がされてるのは承知の上。自ら転がってる節もあるけどね。

ちなみに今日はパンチョ日じゃないんだけど、ここまで書いてて禁断症状がヤバイです。

 

パンチョのナポリタンを美味しく食す方法

f:id:onionpetas:20170502195244p:image

ここまで読んでパンチョ行きたいな!って思った人がいるかはかなり微妙なんだけど、まかり間違って行くことになった場合の心得を一応書いておきます。

 

怖がらずに来店しよう

パンチョの店舗は「地下」が多い。

御徒町、池袋、渋谷、新橋、と自分が行ったことのある都内の店舗は全部地下。(大宮だけ唯一路面店)

繁華街の一角にパンチョへと続く下り階段が突如現れるんだけど怖がらなくて大丈夫。

そこを下れば昭和の香りすら感じる佇まいのポップな内装が見えてくるはず。

 

食券なので事前にメニューを確認しておこう

自分はナポリタンチーズ一択なので、迷うことはないけど、実はパンチョはメニューも豊富。

 f:id:onionpetas:20170502193139p:image

公式WEBサイトには、自分も知らなかったメニューがたくさんあるので、これを来店前に覗いておくことをオススメする。

【公式】ナポリタン専門店 スパゲッティーのパンチョ | ナポリタン専門店 スパゲッティーのパンチョの公式ホームページです!

 

麺の量、最初は「中」がいいよ

大食いに自信がない人は、初めから「大」はやめておきましょう。(たぶん食いきれない)

「中」でも多いくらいだし、絶対パンチョは裏切らないから〜!!

 

紙エプロンを使おう

これなしで食べると十中八九やられます。(服が汚れる)

特に紙エプロン付けずに白いワイシャツで食べるなんて愚の骨頂。絶対付けてね!

 

まとめ

いま読み返してて、一抹の不安がよぎってるんだけど、このまま投稿しちゃいます。

こんなにまとめにくいまとめもないんだけど、ひと言で今回の記事をまとめると、

パンチョ美味しいよ

ってことです。

皆さんもぜひ!

ということで、今日は終わります!

 

【ブログ開始1ヶ月のアクセス数】はてなブログ運営で気づいたことを語るよ

GW突入!!みんなテンション上がってるのかなぁ?

自分はこよみ通りの出勤なもんで、仕事頭が抜けきれないんだけどさ。(明日も仕事・・)

ただね、そんなこたぁ別にどーだっていい。

そう。今月はじめたこのブログがね、

めちゃくちゃ楽しいから!

いや〜はてなブログってすごいね!

書くのはモチロン楽しいんだけど、はてなブログを書いてる人の記事を読むのもめちゃくちゃ面白い

みんな色々考えてるんだな〜って感銘を受けたり、シンプルに笑える記事を読むとハッピーな気持ちになれるし!

もうね、サイコーです。

ネットっていろんな入口があるけど、検索から興味があることだけ読んでても絶対知り得ない情報って山ほどある。

自分は文章を読むのが大好物なので、自分が知らない分野の話とか新しい思考に触れられるはてなブログに大感謝なのであります!ありがとぅ!!

そして、はてなブログの世界に飛び込む決意をしたあの時の自分を

全力で褒めてやりたい!

あの決意は間違ってなかったよ!万歳!

 

このブログについて

 f:id:onionpetas:20170501004706j:image

はじめたのは、4月9日って中途半端な日で、まだ記事も10個とかの超々弱小ブログ。(更新は2日に1回くらいかな)

ただね、読者登録なんぞも多くの方からしてもらってね、ブクマももらえたりね、とっても嬉しい気持ちに浸っております

読んでくれるって幸せですね。

むかしWordPressで仕事関連の記事を書きまくってた時期もあって、それなりに読まれてたんだけど、そーゆーのとは全然喜びの種類が違う感じ。

このブログは特に専門ジャンルに絞って書いてるわけじゃないし、お役立ち情報で勝負するようなコンテンツじゃないのに読んでくれてる。

ホント嬉しい限りです!大感謝!

記事書くのってそれなりの時間かかるし、こんな記事でも地味に頭使うんだよね。

まぁ、効率的に書こうなんて思わないんだけど「気合い入れて書いたぞーー!」って時に、読者さんに内容が伝わってる感じがあるとメチャクチャ報われた感じがするわけです。

これがブロガーとして至上の喜びなのかもなぁ。

ただね、もう少し更新頻度は上げたいなぁーって思ってる。

たまに1〜2時間で記事を書くって有名ブロガーさんがいるけどホントにすごいよね。(自分は平均して3〜5時間はかかってる。遅っ!)

みっちり詰まったコンテンツをサクって書き上げちゃうのはなんなんだろ。才能なのかなぁ。

自分も慣れてきたら更新頻度はもっと上げたい。

ただね、更新だけを目的にしちゃうような効率的でうっすーい記事は書かないように気をつけなきゃなぁ。それじゃ自分も楽しくないし。

 

はてなブログ運営で気づいたこと

と、前段が長くなりすぎましたが、はてなブログ超初心者の自分がこの1ヶ月(弱)で、気づいたことをまとめてみました。

自分と同じくらいの初心者はてなブロガーの方と交流とかできたら嬉しいなぁ。

もちろん先輩ブロガーさんからも叱咤激励コメント頂けると喜びます。

それではいきますよ!


はてなブロガーさんの記事が面白すぎる

f:id:onionpetas:20170501005455p:image

今まで「はてなブックマーク」のサービスは使ってたんだけど、あれってブクマされた一般記事も結構上がってくるじゃん。(ビミョーな炎上案件も多いし・・・)

だけど今は面白いブロガーさんをバンバン読者登録したり、面白いブクマコメ書いてる人のブログを覗いたりして質の良い文章に触れる機会がかなり増えた。

なんかね、WordPressとか他のサービスを使ってる人の記事よりも説得力がある気がするんだよね。(偏見かな?)

ただ、一つだけ言い切れるのは、他のブログやWEBメディアの記事を書いてる人より「楽しんで書いてる人」は絶対多いと思うな。

これがはてなブログが心地いい一番の理由かもしれない。

ちなみに最近読んでハッとしたはてなブロガーさんの記事はこちら。

www.bunselfrealization.com

常日頃思ってたことを、ことごとく代弁してくれてるような気がして共感しまくった。

この記事を読むと「大切なこと」の優先順位を整理できる。

 

manato-kumagai.hatenablog.jp

「賢者のエントリーシート」は腹抱えて笑った。

なんかね、才能が噴きこぼれてて怖いくらい。すごすぎ。

 

www.yuasayo1013.com

電車の中での壮大なストーリー。面白すぎる。

自分はまさに電車の中で読んでたんだけど、なぜかスマホを覗かれないようにキョロキョロしてしまった。

 

www.kana-ri.com

1ブクマあたりの平均PVを「PVB」と新しい指標を定義した分析記事。

はてなブログを運営する上でこの数値のバランスを見ることってかなり大切な気がする。

 

ブログが書きやすい

f:id:onionpetas:20170501005241j:image

「下書き機能」がお気に入り。
なんかね、むかしはEvernoteとかクラウドサービス関連で下書きを推敲して・・ってやってたんだけど、最終的にまたブログ編集する時に画像だ・・動画だ・・ってめんどくさかったわけ。

で、はてなブログは下書き機能があるから「そのまま書いちゃえ」ってしてみたらさ、すんげー楽チンになったんだよね。

今まで途中で落ちたりしたことないし、仮に落ちても復元とかかなり充実してるっぽいから安心だし。良いことづくめ!

スマホアプリのはてなブログエディターも使いやすくて、最近はスマホで書くことも多くなった。(iPhoneの電池がもたない・・)

リンク貼る時だけ埋め込み型が貼れなくて不便だけど、その他は処理のレスポンスを含めてかなり素晴らしいと思う。本当にサクサク動くよね。

 

ブログ立ち上げ時のアクセス数が良い感じ

f:id:onionpetas:20170501005740p:image

これはホントすんばらしいですわ。

WordPressなんて立ち上げから最低30〜100記事くらいまでは修行僧のごとく記事を貯める苦行をしないといけないし。それが全然楽しくない。(誰も読んでくれないから)

そこを乗り切ると検索流入とかも増えてくるんだけど、そこまでが結構キツイんだよね。

その点、はてなブログは「はてなスター」とか「読者登録」の仕組みがあったり、何より「ブクマ」のパワーは絶大。

WordPressブログよりブクマが付きやすくなるってだけでメリットは大きいと思う。

で、これが自分のアクセス解析なんだけど、ブクマが付いた記事を書いた日だけピョンって飛び出してる。(4/25・4/29)

f:id:onionpetas:20170430234559p:plain

読者さんの存在とブクマに助けられて多くの人に読んで頂けました。

開始1ヶ月弱で、これだけのアクセスを頂けたってことで自分としては非常に嬉しい限り。本当にありがとうございます!

5月は次なるステップに向けて頑張っていきますよ!(月間3,000PVが目標かな!)

 

まとめ 

ということで、

今週のお題ゴールデンウィーク2017」に関していうと完全一択。

ブログを書く、そして、

はてなブログを読みまくる。

これに2017年のGWを捧げたいと思う。

読みたいブロガーさんの過去記事とか読みはじめるとフツーに楽しくて時間を忘れるしさ。読みたいブログが多くて幸せだなぁ。

で、最近は、

はてなブロガーの先人」たちの影響を受けまくってやろうじゃないか!

オリジナリティなんてそのあとだ!

まずは楽しんでもらえるように色んな工夫をしていこー!

・・・とかそんなことばっか考えてる。

はてなという郷に入ったからには、郷に従いまくっていきたい所存。

まだまだ書きたいテーマは山ほどあるし、下書きが山のように溜まってるんだけど、楽しみながらコツコツやっていきたいと思います。

ということで、今日は終わります!

【男の宿命】30代からの清潔感事情は実にシビアかもしれない

告白します

自分は生まれてこのかた、

「人に見られてるって感覚が絶対的に足りてなかった」

1980年代にこの世に生まれ落ちてから、ついぞこの感覚を欠落させたままユルユル過ごしてたんだけどね、

最近、ようやっと理解した。

うん。何気かなり見られてるぞ、と。

これ別に自意識過剰で言ってるわけじゃなくてね。

何も言わない人が多いから気づきにくいんだけど、思いのほか人は自分のことを見てるようだったわけ。

自分が思ってた「見られてるレベル」とね、人が「見てるレベル」の格差がハンパございませんでした。ええ。

別に興味を持たれてるってわけじゃなくて、ただなんとなくでも見られてるもんなのね。

見るってさ、そりゃまー人間の基本動作で気楽な行為だし、見る対象の好き嫌いなんて基本カンケーないわけじゃん。

むしろ言動や風貌が理解不能みたいな人のほうが興味本位でジロジロ見たりするし。

ま、よく考えたら自分もいろ〜んな人のこと見てるしな!

そう。

こんなね、人間界でいったら超初級クラスの教訓にワタクシつい最近気づいちゃったのです。

で、是非ともこの気づきは残りの人生で最大限活かしたい!そう意気込んでいる所存なのです。

 

キッカケ

f:id:onionpetas:20170429083459j:image

キッカケはあれよ、実はさ、こないだ同僚(男)に言われたんだよね。

「ワイシャツの胸ポケットにホコリたまってるよ」

って。

正直さ、

ソコ見るぅぅぅぅーーー??? 

どーでもよくねぇぇーーー???

って咄嗟に思ったんだけど、冷静に考えてみたら「あ、こんなトコも見てんのね」って。

正直言うと、朝着る時にホコリたまってるのは気づいてたんだけど、別に誰も見ないだろ〜ってな判断でほっといたの。

たださ、よく考えてみたらその感覚って「危険」よね。

特に30越えの男はダメ。

気をつけ過ぎるくらいにならないとヤバイと思い直した次第です。

たまに、電車とか会社でいるじゃない。

「不潔」って形容動詞が歩いてるようなオジサン。近寄るとシンプルにすっぱい人よ。(匂いが)

あーはならん!

わしゃ、あーはなりとーないぞ!

、、、と心を入れ替えました。 

見られてるって感覚がない人は、歳を重ねていくと「ある意味」で近寄りがたい人物になるんだと深く深く理解したのです。

もうね、これまでの感覚が超ド級の大誤算だったと、昨日までの自分に往復ビンタをかましてやりたい。

 

宣言します

2017年、オニオンは人に見られていることを肝に銘じ全身に清潔感を漂わせる男になる。

決めた。もう言っちゃったからやるしかない。

ということでまずはネット上の「清潔感」関連の記事を読み漁ることに。

で、調べてみるとね「清潔感」に関連する記事って滅茶苦茶多いことに気づきます。

toyokeizai.net

nikkan-spa.jp

oshare-mind.com

女性は特に清潔感を重要視してるようですな。

フムフム。なるほどね。

ただなぁ、わしゃー別に清潔感でモテてぇわけじゃねーんじゃ!

シンプルに不潔オジサンになりたくねーんじゃ!

なんか「清潔感 ≒ モテ男」みたいな構図になって紹介されてるのがいけ好かないんだけどさ、まぁ許そう。良いこともたくさん書いてあった。

ただまぁ、ねぇ。誤算でモテてしまうのは仕方ないな。うん。

とっても参考になりました。

 

いざ!清潔メンになったろじゃないか!

ということで、これからの生活でマストにしていく清潔プランをまとめちゃうぞ!

① 風呂は毎日入るぞ

f:id:onionpetas:20170429084450p:image

あ、いやこれは今も毎日入ってるよ。

ただ、365日を母数にしたら350日くらいかな。

激務で疲れ果ててる時とか、休み前の深酒でドロドロになってそのまま寝ちゃう時もあるからさ。

まずは、これをゼロにする。何がなんでも入るぞ!

特に髪の毛は毎日入らないとやっぱ汚いし。

風呂って清潔感の「最低条件」みたいなもんだよね。

 

② 髪は2ヶ月に1回切るぞ

 f:id:onionpetas:20170429084458p:image

まずは切る頻度。これだよ。

髪型はとりあえず今のままでも定期的なカットに意味がある。

今は3ヶ月に1回だったからなぁ。(やばいよなぁ)

ここを乗り切れるとかなり大きいと思う。

 

③ ワイシャツはアイロンをかけるぞ

f:id:onionpetas:20170429084530p:image

実はね、ワイシャツをクリーニングに出す習慣が皆無なのです。

だいたい形状記憶だし家で毎日洗濯してるんだけど、やっぱり細かなシワは残っちゃう。そこでアイロンの登場。

アイロンがけって嫌いじゃないんだけど毎日はできなかった。

これは是非とも習慣にしようじゃないか。

これをすれば、ポケットのホコリも自然に掃除できるじゃないか。

やってやろうじゃないか。 

 

④ インナーシャツは綿100%一択だぞ

f:id:onionpetas:20170429084538p:image

暴露しちゃうんだけど・・・

流行りの速乾系のシャツあるじゃん。あれ・・・臭くない?

もしかして自分だけ?たまに生乾きみたいな臭気を感じるんだよね。

ただ、綿100%のシャツだと100%臭くない。

だったら100%綿を着るべきよ。

100%そーすべきよ。

 

⑤ 靴磨きは週1でするぞ

f:id:onionpetas:20170429084546p:image

今はだいたい月1ペースかな。

靴磨きは楽しいんだけど、結構時間かかるし時間が取れなかったりすると後回しになっちゃう。それで結局ペースが上がらない。

だったら「かるく」でも磨こうかな。これ大事よね。

いつもガッツリ1時間以上磨いてるんだけど、たとえ15分でも磨くこと。

これができると革靴も長持ちするし一石二鳥だ!

 

⑥ 食後の歯磨きを徹底するぞ

f:id:onionpetas:20170429084556p:image

正直、外出中はなかなか歯が磨けない。

歯ブラシ持ち歩いてるわけじゃないし、そもそも習慣がなかった。

ただ、会社のトイレはいつも昼磨きの人が溢れてて、なんか後ろめたさと憧れの合いの子みたいな気持ちはあったわけ。

ということで、挑戦してみます。

 

⑦ スーツはワンシーズンでクリーニング出すぞ

 f:id:onionpetas:20170429084606p:image

忘れずに出せばいい。

そして、忘れずに取りに行けばいい。

それだけ。

 

⑧ ヒゲを剃るぞ

f:id:onionpetas:20170429084658p:image

これはホントに苦手。

ここ数年はいつも無精ヒゲが生えてる。

「ヒゲ生やしてるんだ〜」って言われることも多いんだけど、実際はちょっと違う。

ただ生えてるだけ。ノーメンテ。

自分にとってこのハードルは非常に高いんだけど、ここは負けてられない。

しっかり剃りまくってやる!

 

⑨ 柔軟剤を吟味するぞ

 f:id:onionpetas:20170429084705p:image

オーバー30男のコロン臭がとっても苦手なので、自分はそんなの絶対につけられない。

基本的には「完全無臭の男」を目指したいんだけど、柔軟剤には興味がある。

なんかいい匂いの人も多いよね。

ただ、このジャンルには無頓着すぎてダウニーしか知らないレベルなもんで、30男に適した柔軟剤を開拓してみようかな。

オススメとか教えてくれると喜びます!

 

⑩ 服のメンテナンスを心がけるぞ

f:id:onionpetas:20170429084748p:image

服を買うのは好き。ただ、服の手入れが苦手。

典型的な不潔思考だよね。

ほつれとか、毛玉とか、色落ちとかね、洗濯だけじゃ気づかない部分はちゃんと確認して、しかるべき対応をするようにしないと相当みっともない。

ちょっと前なんだけど、脇の部分に穴のあいたセーターを半月以上も気づかず着ていたことがあったわけ。

これは清潔感云々もそうだけど、大人としてもイタイよね。

はい。承知しております。頑張りますよ。

 

まとめ

ということで、かなり基本的なことばっかになっちゃったけど、このポイントは最低ラインで守ろうと思う。

で、書いててわかったんだけどね、結局は清潔感の最大の敵って「メンドくさい」なんだよね。

これに打ち勝てばほぼほぼ清潔感を手に入れることができるんじゃないかな。

f:id:onionpetas:20170429091422p:plain

男って普通にしてても年齢とともに不潔予備軍に足を突っ込みかける。

だからまぁ、ちょっとくらいシビアになってもバチは当たらんと思うわけです。

まわりの人が不快な気持ちになるのは嫌だもんね〜。

自分の中で、2017年のテーマが決まったので取り急ぎご報告まで。

ということで、今日は終わります!

なぜ人はバイクに乗るのか?何が魅力なのか考えてみた

昨日投稿した落語家ランキングの記事が思ったよりたくさんの人に読んでもらえて、とっても喜んでるオニオンです。こんにちは。

doraku.hatenablog.com

落語なんて、

なんてニッチだ!

って思いながら書いてたんだけど、みなさんの興味にちょぴっとでも貢献できたら幸いでございます。(YouTube貼りまくってて不安定だったんで修正しました)

でね、落語家ランキング1位に輝いた柳家小三治さん

今この人にハマりまくってて影響を受けまくってるのよ。

もう77歳のおじいちゃんなんだけどカッコイイの!生き方とか!

 

今日のテーマは落語じゃなくて「バイク」です

f:id:onionpetas:20170426105902j:image

で、柳家小三治さんの関連書籍も読み漁ってるわけなんだけどね、こないだ「バ・イ・ク」ってやつを読んだら面白いのよこれが。

バイク事故のアレコレとか、バイクの難しさ、バイクの楽しさ、、、もうリアルに伝わってきた。

なんかね、あらためて「バイク」って乗り物を考える機会になったんだよね。

ちなみに自分は今バイクに乗ってない。(持ってもない)

ただ中型二輪免許は持ってて、10年くらい前はちょくちょく乗ってました。

ぶっちゃけバイクなんて、人によっては一生縁のない乗り物だろうし、車運転しててもちょろちょろ鬱陶しいくらいにしか感じてないと思う。

そー考えるとバイクって不思議な乗り物だよねぇ。

だって危険極まりないわけじゃん!

身体むき出しでダンプの横とかビュンビュン走ってるし、コケたりぶつかったりしたら、ものすごい勢いで「死」が目の前に迫って来るわけじゃん!

それこそ、

道路の小石一つで人生が終わるかもしれないわけじゃん!

そんなリスクを負いながらわざわざ車じゃなくてバイクを選ぶ人の気がしれないって思うよね。そりゃそうよ。誰だって死にたくない。

 

バイクのデメリットは湯水のごとく沸いてくる

f:id:onionpetas:20170426133801j:image

移動手段としても車より劣ってることが多すぎ。

ちょっと考えてみたんだけど、自分で書いててびっくりするね。

【バイクのデメリット】

  • 事故の死亡率は車の3倍
  • 車より事故を起こしやすい
  • 荷物はそんなに積めない
  • ヘルメットがかさばる
  • 雨が降ればずぶ濡れ
  • 冬の寒さは尋常じゃない
  • 夏の暑さは尋常じゃない
  • 目的地に早く着くわけでもない
  • 盗難が多い
  • バイクが嫌いな人は何気に多い(うるさいとか言われたり)
  • 排気ガスで服や身体が汚れる
  • メンテナンスが大変
  • バイクに乗ってる人は怖いとか偏見も多少ある
  • バイクウェアは基本的にダサい

なんか悪口みたいになっちゃったけど、ホントにバイクに乗るのはめんどくさいし、驚くほどリスキーだよね。

ちなみに死亡率はここから参照した。

d.hatena.ne.jp

それじゃバイクのメリットってなんなんだー!?

ってなるよね。

金もらってもバイクなんて乗るかい!って人もかなり多いと思う。

バイクに乗ってる人ってなんなの?バカなの?ってなるわけじゃん。

ということで、バイクのメリットについても考えてみた。

【バイクのメリット】

  • 気持ちいい

 

以上です。

これほど抽象的なメリットもないけど、ホントこれに尽きると思う。

このメリットを享受するために世のライダーたちは身を削って(?)、バイクの気持ち良さを追求してるのかもしれない。うん、結構マジな話で。

 

バイクって何が気持ちいいの?

f:id:onionpetas:20170426133822j:image

でね、こればっかしは乗らないとゼーーーーーーッタイわからない。

登山とかもこれに近いかもしれないよね。

だってずっと歩いててツライわけじゃん。何が楽しいかって「気持ちいい」わけさ。

もうホントそれだけよ。

バイクも登山もさ、モノゴトを合理的に考えちゃうと選択肢にすら上がってこないよね。メリット少ないしリスク多いし。

ただ、そんな「気持ちいい瞬間」が動機になる。

危険だからこその「楽しさ」ってあると思うわけです。

 

本当に楽しいことって何?

今の日本ってさ、なんだかんだ安心・安全・安定を欲しがる人多いでしょ?(偏見だけど)

みんなセーフティーが大好きじゃん!

食うのも安心安全。

老後も安心。

職も安定。

旅行も安全。

でもさ、海外のうまいもん食って腹下したりさ、そーゆーのも振り返ると笑い話になったりするじゃん!(その時はツライけどね)

仕事だって、いくら安定しててもツマンナイことはやりたくないじゃん!楽しくないじゃん!

 

持論なんだけどさ「安心・安全・安定」って基本楽しくないと思うんだよね。

ありがたみがないでしょ?

ラクしてお金もらえても、苦労した末の喜びには到底かなわないよ。

障壁とかリスクがあるから「達成感」とか「やりがい」も生まれるんだと思う。

 

なんかバイクの話から離れたんだけど、バイクだってリスクがあるから面白いってことだよね。

結論、楽しいことには危険がツキモノってこと!以上!

 

でね、ウダウダいろんなことを言いましたが、結局何が言いたかったかというと、ワタクシ、

バイクを買おうと思ってます

すいません。これだけが言いたかったの。

もうね、完全に小三治に影響されてるの。

まだ何買うとか全然決めてないんだけどね、決意はしましたよ。

この話は進捗があったらまた書きたいと思います〜。

 

ということで、今日はここまで!

最高に笑える落語家おすすめランキング25!2017年 寄席や独演会で観に行ける人限定!

仕事でも飲みの席でも「話が面白い人」ってやっぱり有利だよね。

グッと人の心を掴むし印象もいい。(うざったい場合もあるけど)

でね、そんな中でも「しゃべりのプロ」って言うとやっぱお笑い芸人さんが思い浮かぶ。

で、その芸人さんたちが技を磨くためにコッソリ聴いてるのが落語だったりするんだよね。(コッソリでもないか)

そんな落語家さんは「しゃべりの達人」って言えるんじゃないかなぁ!

落語ってしゃべりのテクニックが高密度で詰まってるし、笑いの種類もかなり多い。

ただ、なんか小難しそうだし、なかなか手を出しにくいジャンルでもあるよね。

ちなみに、これ読んでる人で落語好きなって人いるかな??

落語って隠れてコソコソ聴くようなイメージがあるけど、もしいたら是非絡んで欲しいなぁー。

もうね、ワタクシは落語にどハマりしちゃって大変なんですよ。色々語らいたくてさぁ。

落語の印象をことごとく壊されたデビュー戦

いや〜、ここ最近「落語」ってヤツに言いよられてて最初はシカトを決め込んでたんだけどさ、なんつーか、俺もまんざらでもなくなってきて、結局俺のほうがハマっちゃったんだよね…

って気分なわけです。

もうね、落語マジでオモシロイ!別にカッコつけてるわけじゃなくてマジなんです!

僕自身「お笑い」はぼちぼち好きでそれなりにテレビで観てたと思う。すべらない話とかダウンタウン関連のバラエティは好きかな。でもごくフツーの視聴者レベルで楽しんでるだけね。

そんな感じだから落語となると、

えっ?ナニ?ドヤってんのか??

みたいなイメージもあって観に行こうなんて、1mmも思わなかったわけです。

でね、キッカケはなんだったかな〜、YouTubeで落語でも観たろうかい!って気分の時があって、ちょろちょろ観はじめたんだよね。

で、はじめて落語を観た時の印象はね、

「笑点」と全然違うやないかい!!!

ってこと。

落語って決められた噺(はなし)をするってことは知ってたんだけど、こんなに笑いが多いとは思わなかった。

なんというか笑点のノリとは全然違うのね。

でね、その落語デビュー戦(YouTube)で、いきなり声を出して笑っちゃったわけ。

なんなんだこの面白さは!って。

今までバラエティとか漫才で笑ってた自分の理解を超えるところからのアプローチで不思議な気分になったのよ。

単純にスゲェェェェ!!この着物のオッサンヤベェェェェ!!

って、そのころ名前も知らなかったオッサン(落語家さん)の動画を関連動画から観まくる日々が続くと。

で、観れば観るほど落語の面白さに発見があって、もうね、完全に落語沼から出てこれない状態になりました。サイコーです。(最近は寄席デビューした)

ただね、やっぱり自分のまわりにも聞くと落語家のイメージって「笑点」なんだよね。

でも、ぶっちゃけ笑点って別におもしろくないじゃん!?

あの番組は笑いの種類も年寄りに寄せてるでしょ?あれじゃ若い人が落語に興味なんて持たないよ。むしろ落語にとってはマイナスだと思う。

現代の落語家ランキングベスト25

f:id:onionpetas:20170424222120j:image

で、今日はいま現役で活動してる落語家さんをランキング形式で紹介しちゃいます!

完全なる独断なんだけど、めちゃくちゃ時間をかけて選びましたよ。

YouTubeが見つかった人は動画も貼ったので、是非ご笑覧ください〜!

では、いきます。

第25位 三遊亭兼好 (さんゆうてい けんこう)

f:id:onionpetas:20170424000713j:image

声とテンポがいい。まくらも面白いからどんどん引き込まれていく落語。
笑点メンバーの三遊亭好楽のお弟子さんなんだけど、あのキザったらしい感じが無くて好印象
この人は明るい感じが滲み出てる。
「昭和の男前」みたいな風貌で落語にも色気がでてるな〜。

第24位 月亭方正 (つきてい ほうせい)

f:id:onionpetas:20170424002258j:image

落語家になった山崎邦正。

山ちゃん、マジで見直したよ。上方落語(関西の落語)はほとんど聞いてないんだけど、これだけはみんなに聞いてもらいたくてランクイン!
テレビの5倍はウケてるんじゃないかな!?

第23位 柳亭市馬(りゅうてい いちば)

f:id:onionpetas:20170424075207j:image
超正統派の語り口で古典落語を心地よく聞かせてくれる落語家。
今や落語協会の会長さんでもある偉い人。
落語家さんって個性豊かな人が多いんだけど、この人の場合は良い意味でフラット
古典落語をキチンと聴きたいって人にオススメ。
自分は寄席でも見たんだけど、かなり聴きやすかったな〜。

第22位 入船亭扇辰 (いりふねてい せんたつ)

f:id:onionpetas:20170424075219j:image

この人の落語を聞くと頭にハッキリと映像が浮かぶ。
それほど演技力が素晴らしい。
もうなんかねぇ、演劇でも観てるんじゃないか?気持ちになる
一人で何人もの人間を演じ分けるとこなんて「神業」の域。
特に女性の演技が色っぽくてグッとくる。

第21位 柳家わさび (やなぎや わさび) 

f:id:onionpetas:20170424075230j:image

その風貌や声のトーンから頼りなさそう…って思ってしまったら最後。そこからの振り幅で笑いのツボにハマってしまうでしょう。

古典落語に加えて、新作落語(大正以降に作られた落語)も面白く聴かせてくれる落語家さん。大注目!

第20位 橘家文蔵 (たちばなや ぶんぞう)

f:id:onionpetas:20170424210756j:plain

コワモテの風貌から繰り広げられる強烈なギャグの落差が面白い。

噺をあまり崩さないけど、聴かせてかつ笑わせるセンスを持った落語家さんはなかなかいない。この人はそんな貴重な落語家さんの一人だと思う。

言葉選びや言い回しがホントに面白い!

第19位 古今亭志ん輔 (ここんてい しんすけ)

f:id:onionpetas:20170424075500j:image

聴いていて気分が良くなる落語家さん。

声がいい。喋りのテンポもいい。

クスッと笑えるくすぐりも心地いいんだよねぇ。

滑らかに語る噺は、歌を聴いてるような気分にもさせてくれる。

笑える噺は純粋に面白いし、人情噺は深く聞き入ってしまう魅力がある。

第18位 三遊亭小遊三 (さんゆうてい こゆうざ)

f:id:onionpetas:20170424075640j:image

笑点メンバーとして有名な小遊三さん。

その風貌から犯罪者キャラが定着しるけど、落語のほうでも自由に言いたい放題やっててホント面白い!

下ネタや汚いネタも笑顔でサラッと語って笑わせてくれる。(褒めてる)

第17位 柳亭小痴楽 (りゅうてい こちらく)

f:id:onionpetas:20170424081348j:image

綾野剛かい!

と俳優さんに見紛うほど若くてイケメン。

落語のほうもしっかり面白いし非の打ち所がない。

年齢調べてみたらまだ20代だって!

これから人気が爆発しそうな予感が漂ってますなぁ。

第16位 柳家花緑 (やなぎや かろく)

f:id:onionpetas:20170424081903j:image

人間国宝「五代目柳家小さん」の孫。
落語の物凄い血統でありながら、すっごく「普通の人」みたいな印象。
濃い〜落語じゃなくて、アメリカンコーヒーみたいな口当たりの良いサラッとした落語で、聴く人に過度の負荷をかけない。
大爆笑!って感じじゃなくて、噺の節々でフフフフって笑ってしまう。

第15位 柳家権太楼 (やなぎや ごんたろう)

f:id:onionpetas:20170424085831j:image

落語家界の個性派俳優。

独特な語り口や言い回しで笑いを誘う。

僕は寄席で初めて聴いたんだけど、予備知識ゼロで聴いて普通に爆笑してた

なんか不思議な雰囲気を持った人。

まくらも面白かったなぁ。

第14位 春風亭昇太 (しゅんぷうてい しょうた)

f:id:onionpetas:20170424084231j:image

今や笑点の顔。

落語のほうも名実ともに脂が乗ってるんじゃないかなぁ。

昔からの落語好きの人からは、軽い感じの口調が受け入れられずに賛否両論 あるみたいだけど、初めて聴く人は、昇太さんの落語は誰より聴きやすくて「落語」に入りやすいと思う。

親しみやすい落語家ナンバー1。

第13位 立川談笑 (たてかわ だんしょう)

f:id:onionpetas:20170424082228j:image

なんでもありの爆笑王。

落語界のタブーを怖がらず、ネタを大きく改造した噺を構築したり、くすぐりにドギツイことを言ったりと、ブラックユーモア満載

今後の落語がどうやって進化していくのか、真剣に考えてるんだろなぁってことが伝わる。

第12位 瀧川鯉昇 (たきがわ りしょう)

f:id:onionpetas:20170424082440j:image

クセになる落語家。(クセのある落語家でもある)

穏やかな口調で独自のギャグをはめ込むスタイルでどんどん可笑しくなって笑いのツボにハマってしまう。

古典落語にオリジナルの話を混ぜ込んで、絶妙の「フリ」と「回収」を見せてくれる。

一席聴くと、もう病みつき。

次々に新しい噺を聴きたくなってしまう不思議な魅力がある落語家さん。

第11位 古今亭菊之丞 (ここんてい きくのじょう) 

f:id:onionpetas:20170424082625j:image

女流の色気がハンパない。

惚れてまうやろー! 

深みのある演技で江戸(および吉原)の町に連れてってくれる。

佇まいがカッコ良くて、落語に高級感を与えてくれる稀有な存在だなぁ。

第10位 春風亭小朝 (しゅんぷうてい こあさ) 

f:id:onionpetas:20170424083134j:image

なんだか元嫁さんがざわついてますね。

ただこの人の落語は軽快で安定感抜群

たまにギャグが古臭いんだけど、そこも味かな。

初心者でも聴きやすい!

第9位 三遊亭白鳥 (さんゆうてい はくちょう)

f:id:onionpetas:20170424083249j:image

怖いもの知らずの愛されキャラ。

落語の技術とかそーゆうのはお構いない。

純粋に目の前のお客さんを楽しませてくれるサービス精神が溢れてる。

白鳥さんの噺を聞くとどんな時も笑みがこぼれてしまう。底抜けに明るい落語家さん。

第8位 柳家三三 (やなぎや さんざ)

f:id:onionpetas:20170424083820j:image

若いのにベテランのような風格漂う超実力派。

落語って色んなネタ(演目)があって、一般的にウケるネタとあんまウケないネタがあるんだけど、この人の技術を持ってすれば、どんなネタも素晴らしい噺として聴かせてくれる。そして笑える。

安定感があるしゃべりは「上手い」のひとこと!凄すぎる。

第7位 柳家喬太郎 (やなぎや きょうたろう)

f:id:onionpetas:20170424085515j:image

大人気の落語家さんで「追っかけ」もいるみたい。

日常の理不尽さを笑いに変える天才で、ユーモアのセンスが群を抜いてる。

特に、まくらの面白さが神がかってる。

下の動画で紹介する「コロッケ」の話は、会場から嗚咽が聞こえるほど笑い転げてる様子が伝わる。

第6位 立川志らく (たてかわ しらく)

f:id:onionpetas:20170424085734j:image

鬼才。

テンポよくギャグを入れながら軽快に語るスタイルは聞く人に隙を与えない。

もうね、喋りのテクニックが凄すぎる。

こんなに喋れる人が世の中にいるんだ!って思ったのが第一印象。

聴き直しても新しい発見があったりするから、動画だと繰り返し何度でも楽しめる。

落語に「美学」を感じる。ステキ!

第5位 桃月庵白酒 (とうげつあん はくしゅ)

f:id:onionpetas:20170424080749j:image

言葉のセンスが抜群に面白い。意表をついた小ネタが会場を爆笑に包む。
まくらから噺へのつなげ方が絶妙で、会場を充分に沸かしてから落語に入るから、もうね、ドッカンドッカンウケてる。
この風貌から繰り広げられる言葉のマジック
絶対笑う!オススメ!

第4位 立川志の輔 (たてかわ しのすけ)

f:id:onionpetas:20170424090115j:image

「ためしてガッテン!」の司会のおじさんって印象しかなかった志の輔さん。この人は完全にセンスの人だと思う。

落語って枠を超えてる新作落語は新しいエンターテイメントになってるし、落語をはじめて聞く人でも爆笑する。(目撃した)

誰にでもオススメできる落語家さん。

志の輔らくごのごらく(3)「みどりの窓口」「しじみ売り」―「朝日名人会」ライヴシリーズ31

志の輔らくごのごらく(3)「みどりの窓口」「しじみ売り」―「朝日名人会」ライヴシリーズ31

  • アーティスト: 立川志の輔
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
  • 発売日: 2005/11/23
  • メディア: CD
  • 購入: 4人 クリック: 91回
  • この商品を含むブログ (13件) を見る
 

第3位 春風亭一之輔 (しゅんぷうてい いちのすけ)

f:id:onionpetas:20170424090428j:plain

落語家さんのイメージって、いつもニコニコしておもしろいことを陽気にしゃべる人って思ってたんだけど、この人は全然違う。

すご〜くひねくれ者で毒を吐きまくるんだけど、どこか哀愁があってスッと感情移入してしまう。

毒やくすぐりの入れ方も、いつだってお客さん目線で、実は誰よりもお客さんを見てるんじゃないかなぁ。

人間臭い魅力が溢れてて噺もめちゃくちゃ面白い。

20代から30代の人は、ドンピシャで笑える落語家さんだと思う。

妻と行った独演会での話はこちら。もはや「カリスマ」でしたね。

第2位 立川談春 (たてかわ だんしゅん)

f:id:onionpetas:20170424121713j:image

「下町ロケット」の殿村直弘役で知ってる人も多いんじゃないかな。

この人の噺の引き込み方は群を抜いてる。聞きやすさの中に「鋭さ」を含んでて、気がつくと一気に談春ワールドに連れていかれてます。

「芝浜」って噺はマジ泣いた。

僕が落語で初めて泣かされたのは談春さんです。

下積み時代や立川談志師匠との関係をリアルに綴った本「赤めだか」は名著。面白すぎて一気に読んでしまった。

赤めだか (扶桑社文庫)

赤めだか (扶桑社文庫)

 

第1位 柳家小三治 (やなぎや こさんじ)

f:id:onionpetas:20170424122242j:image

はい。堂々たる一位はこの人。

もうね、完全に「別格」。

極端なこと言うとね、しゃべらなくても小三治さんは面白い。「間」でお客さんを笑わす天才だと思う。

一見、トボけた雰囲気のおじいちゃんって感じなんだけど、そーやって見せるのもプロの技だと思う。

隙を作っておいて、そこを絶妙な空気感で笑いに置き換える。ホントに凄い人だ。

運良く寄席でも観られたんだけど、お客さんのウケかたが尋常じゃなかった。僕も腹抱えて笑った。

もうね、完全に虜になっちゃって関連書籍も読み漁りました。

まくらを集めた本「ま・く・ら」 も読んだんだけど、電車の中で笑いを堪えるのがツラかった。

ま・く・ら (講談社文庫)

ま・く・ら (講談社文庫)

 

まとめ

久しぶりに気合い入れて書いたー。

これ読む人で落語好きな人は少ないかな〜って思ったんだけど、これをキッカケに落語に目覚めてくれたらウレシーじゃん!その一心で頑張りましたよ!

さすがに疲れたけど、自分が好きなことをランキングにするって面白いね。

また、色んな分野で挑戦してみようかな!

ということで、今日は終わります! 

お金を稼ぐことって何なんだ?

お金稼ぎについて書くのは難しい。

「お金稼ぎ」ってなんでこんなにも響きが悪い言葉になったんだろう。

まぁ確かに稼ぐことって人によって捉え方が真逆だったり、シビアな問題をはらんでることもあるし。ここまで人によって価値観が違うことって珍しい。

それと、例えば今の世の中(特に日本)って、お金をたくさん稼ぐ人が疎まれる傾向って絶対あると思うんだよね。

「金の亡者がーー」とか「成金野郎のくせにーー」とか裏でコソコソ言ってたり、なんだかんだ攻撃の対象になりやすい。

だから自分の稼ぎとか年収を大っぴらにする人は少ない。会話のマナーみたいな風潮にもなってるし。

なんだか不自然な空気が流れてるよね。

 

稼ぐ金額が人によって違うこと

これは格差社会ガー…とかうんたら言われてて社会問題みたいな話だけど、どーしたって沢山もらってる人とあんまりもらえない人はいる。日本は資本主義社会なわけだし、ある意味仕方ない。

だからみんな「たくさんもらう側」になりたくて必死になる。そりゃそうだよなぁ。
新卒は一斉に大手から就活したりさ、起業したり、なんかグレーな商売始めたり…。みーんなお金を欲しがってる。(自分も欲しい)

でもさ、本来はそこを突き詰めて考えると、みんな「人並みの生活」がしたいぞ!って思うから働くんだよね。たぶん。
ま、この「人並み」って基準が曖昧なんだけど。

とりあえず衣食住が確保できればいいやって人もいれば、オシャレして、週3で外食して、港区のマンションに住むのが最低ラインの人もいる。
それぞれの「人並みの生活」を生きる為に、必要なお金を稼ぐ。

うん。

でもこれ、めちゃくちゃ健全よね。

もちろん贅沢したい人とか、老後のお金を貯めたい人なんかは生活プラスアルファでお金が必要でしょ。

だから、自分が求める生活スタイルの為に、仕事を選んだり必死で頑張ったりする。

このプロセスはとーーっても真っ当だと思う。

f:id:onionpetas:20170422140838j:image

 

お金の話は面白い

ただ実際は、そんなシンプルな話じゃ済まないよね。

お金を稼ぐって行為は単純に面白いから、マネーゲームみたいなビジネスも生まれるし、ギャンブルだってリスクをとって勝負する「高揚感」が娯楽になるわけだし。

で、これは生活する為のお金と種類が違うよね。(良い悪いじゃなく)

お金っていうわかりやすい対象物を使って遊んでる感じかな。食って寝て働くだけの生活じゃ物足りないぞーてな具合。

やっぱりさ、みんなお金欲しいしさ、旅行とかビュンビュン行って、好きなモノをバンバン買えたらサイコーって思うよ。そりゃ思うよ。うん。

 

でもね、

闇雲にお金を稼ぐことだけ考えちゃうと一気につまらなくなると思うんです。真面目な話。

だって稼ぐことが「目的」になっちゃうと本末転倒でしょ。何も面白くない。

www.hitode-festival.com

この記事の内容がものすごくわかりやすいんだけど、やっぱりお金って「どう使うか」を考えることが何より重要だと思うんだよね。

自分が「何がしたいか」ってことが出発点。

で、それを満たす為にお金が必要なら頑張って稼ぐと。この順序が逆の人って実は結構多いんだけど、それホントに楽しいのか?って思う。

 

仕事を楽しむ人々

さっきの「何がしたいか」ってやつが仕事に直結してるとバラ色。仕事が楽しいわけだからね。

稼ぎの額はあんまり重要じゃなくて、さっきの「人並みの生活」ができればいいわけ。それ以上稼いでも持て余すしさ。

「何もしないで贅沢できるお金がわいてくる状況でも今の仕事したい?」

この質問に即答で「おうよ!」って答えられる人は幸せよね。

そんな仕事ができてるって人は稀かもしれないけど、実はそれ、仕事の種類なんかより、仕事への向き合い方で変わる部分だと思うわけです。

 

こないだ、川村元気さんの「仕事。」って本を読んだんだけど、ここに登場する仕事の達人たちの言葉はめちゃくちゃリアル。

お金にも生活にもトコトン向き合ってるんだよね。

f:id:onionpetas:20170420233926j:image

君の名は。」のプロデューサーでもある川村元気さんが、数々の偉人たちにインタビューする形式の本なんだけど、僕が知りたいことを聞いてくれる感じで、かなり面白い内容でした。

f:id:onionpetas:20170420234050j:image

宮崎駿さんは、クリエイティブ思考の中に、きっちり「生活」が内在してる。

f:id:onionpetas:20170420233958j:image

糸井さんいい事言うわ!本編もかなり面白かった。

f:id:onionpetas:20170420234343j:image

ジブリの鈴木プロデューサーの言葉はいつも感銘を受けるんだけど、何よりこの人は仕事が楽しそう

目の前の仕事を楽しむ為のヒントがたくさん詰まってるから読んでてワクワクする。

 

まとめ

結局、あーだこーだ考えても、お金を稼ぐことって切っても切れない問題。

ただ、ざっくり言って楽しく生きる稼ぎ方って2通りしかないと思うんだよね。

「好きなことを仕事にしてお金をもらう」
「好きなことのために稼いだお金を使う」

これって、どっちか選ばなきゃいけないわけじゃない。例えば副業でも好きなことやってたら、 どっちも当てはまるし自由度も上がるよね。

どんな商売でも楽しいことに繋げて考える。これがいい仕事ができる条件なんじゃないかな。

そんなことを思ってる今日この頃でした。

 

ということで、今日はここまで!

コンビニへ行かないことにした (で、何が変わったの?)

僕とコンビニの出会いは唐突だった。

小学3年生の頃、家から徒歩3分の場所にコンビニチェーンの「サンクス」が突然オープンしたのだ。

元々酒屋だった店で、たまたま一週間ぶりに買い物へ出かけた時、そこにサンクスが鎮座してたと。

そう。心の準備は何もできてなかったわけです。

で、その日からは生活がね、ガラーーーッと変わった。うん。もう情け容赦なしに。

住んでた場所はそんなに田舎って感じじゃないんだけど、郊外の住宅街だったし、何というか刺激はほぼゼロ。

そんな僕らの街にサンクスが突如として現れて、まるで黒船の如く当時の小学生たちの心を掌握していく様は圧巻でした。

 

サンクスが小学生を変えた

f:id:onionpetas:20170419195241j:image

サンクスのオープン前夜までは、駄菓子屋で「きな粉飴」を口いっぱい詰め込んでオエーーーーって餌付いたり、うまい棒5本の早食い競争で負けた奴がピンポンダッシュするとかね、そんな遊びをしてたわけ。(いわゆるクソガキ)

で、サンクスが出来てからは、、

ナニソレ?下品じゃね!?

って空気が一気に流れたの。

間違いなく小学生たちの意識が変わったんですよ。

みんなコンビニエンスストアにふさわしい人間になろうとして、知らず知らずのうちにハイソサエティな思想が蔓延するという事態に。

ま、カンタンに言っちゃうと、

みんなコンビニにビビってたわけ!!

都会の店がやってきた!みたいな感覚があって、お金の払い方なんかも「スマートにやらなきゃ」とかね。

そんなこんなで、そのサンクスは小学生たちの社交場になります。夏はICE GUYを食べ、冬は肉まんをほおばる。それが至上の贅沢だった。

雑誌コーナーなんかは、僕らと世の中を繋ぐ大切なパイプライン。小学生たちはみんなサンクスでゲームの最新情報とかを入手してた。

もう、 サンクスで生活が回ってる感じね。

もう本当にサンクス様々だったなぁ。

 

現在のコンビニ感

そんな愛すべき存在だったコンビニ。

今はどんな感じで使ってるかと言えば、ほとんど「惰性」で行ってる感が否めない。

で、何の気なしにみんなコンビニってどれだけ使ってるのかな〜って調べてみたくなった。

ちょっと古いんだけど、信憑性が高そうなソースがあったんで参照しちゃうとね、2013年の調査で「週一でコンビニを使う人」って「68.2%」だって!

思ったより少なくね!!??

https://www.maruha-nichiro.co.jp/news_center/research/pdf/20130627_cvs_cyousa_2013.pdf

これを見て「あ、コンビニやめてみようかな」と直感で思いました。もうそんな時代じゃないんだよ。

小学生の頃に求めてた情報はスマホやら何やらでいくらでも手に入るし、ガンガン間食できる年齢でもない。

冷静に考えてみたらコンビニ行かなくても生活は大きく変わらんのじゃないか?と。

よし!こうなったらモノは試しだ!

20年以上寄り添ってきた連れ合いに三行半突きつけたるゾォーーー!!

 

 

・・・とまぁ、実はですね、この試みを始めたのは2016年12月。

それから本日まで、一度もコンビニに足を踏み入れてません

で、現在のワタクシがどーなったかというと、

めちゃくちゃ元気です。

コンビニ行かなくても元気に過ごしてますよ!(あたりまえ)

でね、具体的に何が変わったかまとめてみました。

 

コンビニに行かないと生活ってどーなる? 

① 健康的やぞ!って気分に浸れる

必然的に例外無くスーパーで買い物して自炊することになるので、野菜を食う量が数倍増えた。

代謝の良い10代20代は通り過ぎてしまった我が身としては大歓迎!良い傾向。

心なしか調子も良いぞ!

② マジでお金が減らない

今までどんだけコンビニに支払ってたかをね、ちょっと計算してみたんですよ。

平日は平均して900円。(朝飯+飲み物2本)休日はバラバラだけど、飲み物とか間食で少なくとも500円は使ってた。

で、それを一ヶ月で考えるとね、大体22,000円とかになってんの…。うん。何というか無駄じゃね?

別に美味しいモノ食ったり贅沢してるわけじゃないのにこれだけのお金が消えてるってさ。

今はこのお金、まるまる使わなくなった。

家で朝飯食って飲み物も持参。これだけで自分の好きなモノに使えるお金が増えたって感じです。

シンプルにお金減らない。 

③ 割と時間が増える

コンビニって意外と並ぶよね。

特に都内のコンビニとか通勤時間帯は大行列で毎日ストレスだった。待ってる間もぼーっとしてるあの感覚が嫌だった。スマホとか見れば良いんだけど飲み物とかパン持ってると扱いにくいし。

あの時間はホント無駄だって思ってたんだけど、それがキレイサッパリ無くなった。

早めに出社して本読んだりできるし快適だ!

④ 痩せる

コンビニやめて一ヶ月で3キロ減った。今はもう少し減ってマイナス5キロくらいかな。

でも考えてみたらそりゃそうだよねぇ。コンビニ行かないと間食がまるっと減るわけだからさ。

特にあの「惣菜パン」とか滅茶苦茶カロリー高いんだけどコンビニ行くとつい買っちゃうし。

これがなくなっただけで痩せるって、身体って素直に作られてるな〜と思った次第です。

コンビニ行かないダイエットとか作れるんじゃないかな。(ネーミングがダサいな)

⑤ 自分に勝った気持ちになる

別にコンビニが悪いってわけじゃなくてね、なんか取り決めを守れてる気がして心地いい。

人と違うぜぃ!って感覚も気持ちいいのです。

「コンビニ?あぁそんな店にハマってた時期もあったね〜。俺はさコンビニ卒業したんだよ」

って言っちゃう日が来るかもね。(100パー鬱陶しいけど)

 

まとめ

この記事書いてる時、コンビニに行かないデメリットも書こうと思ってたんだけど、マジで思いつかない。自分としては本当にメリットしかなかったみたい。

最新の飲み物に疎くなるとか、コンビニのシステムについていけないとか些細なことはあるけどさ、自分としてはどーでもいいこと。

で、かなり色々書いたけど、結局何が変わったかというと「無駄が減った」ってことに尽きるかもしれない。

無駄遣い、無駄食い、無駄な時間の浪費

コンビニの存在が無駄ってわけじゃなくてね。(フォロー)

自分の生活の中で無駄だって思ってたことがサッパリなくなった。心地良いもんです。

少しだけミニマリストの気持ちが理解できたかもしれない。

 

ということで、今日はここまで! 

満員電車で「動かない男」に遭遇した話

電車という乗り物は不思議だ。

言わずもがな超パブリックな空間である。

数え切れない程の「他人」と狭っ苦しい空間に入れられるんだから、それなりのルールがあって、時代に応じてそのルールも変化してる。(気がする)

ただ、電車という輩はそんな単純な乗り物ではない。(物事を簡単に決めつけてはいけない)

そう。

電車はパブリックな空間であると同時に、乗車するそれぞれの個人は超プライベートな時間を過ごすという矛盾が生じている。

これは厄介だ。

個人個人の捉え方で、このバランスは如何様にでも操れる。

そのバランスが崩れた時、互いの電車思想にズレが生まれた時、問題は発生する。

今日はその一部始終を紹介したい。

 

朝の埼京線

f:id:onionpetas:20170417232553j:image

今日の混雑度は常軌を逸していた。

月曜日だからなのか?それを差し引いても異常くらいの混雑である。

それにしても、月曜日の混雑度が高いのって何故だろう。ネットを見ても腑に落ちる情報はなかった。

・月曜は定例会でフレックスしないから単純に人が多い

いやいや、ホントかねぇ。

・週明けはみんな少しずつ動きが鈍いから遅延が起きて混雑する

この解には「なぜ動きが遅いのか?」という新たな疑をはらんでいる。信憑性も無さそうだしなぁ。なんだかなぁ。

と、混雑する車内で呑気な回想にふけっていた。混んでる車内ではあるが、ここまでは平和だったのだ。

 

その男は「突然」現れた

僕はドア寄りの座席前に立ち、つり革を掴んでいた。混雑度はかなり厳しいが、まぁこのくらいは想定の範囲。

スマホ電子書籍を読むくらいの余裕はかろうじて残されていたのだ。

赤羽駅であの男と出会うまでは。

 

電車は赤羽駅に停車した。

ドアが開く音が聞こえると、降りる人が一旦はけたので混雑が和らぐ。車内に残った人は揉みくちゃになった身体をほぐすように軽く伸びをして体制を整えているようだ。

ただ、その目には「ここからの混雑にも耐え抜かなければならない」という意思表示がはっきり伝わる。

自分も頑張ろう。そう言い聞かせた。

ホームにはこれから乗車する群衆が見える。

その光景から混雑が増すことは疑いようもないことがわかった。

 

僕はスマホを片手につり革に掴まっていたのだが、ふいに異様な気配を感じてスマホから目を離した。

最後に降車する人をかき分け、ものすごい勢いで車内に突入する男の姿が目に入ったのだ。その風貌は「スーツを着た長州小力と形容するだけで、誰もが納得するほどのクリソツ具合。

小力は一目散に車内へ駆け込み、迷うことなく僕の隣にやって来た。

「これはまずい」

直感でそう感じたのではなく、自分の隣に来るまでの道中で周りの人への体の当て方が尋常じゃなかったのだ。

そして僕の隣に到着すると、まず両手を上げてつり革を下げている鉄のポールを掴んだ。そして、足を大きめに開いて「仁王立ち」のポーズをとる。目線はまっすぐ前を見ている。

そして、乗客がぞくぞくと乗って来たタイミングで、小力は全身に力を入れて硬直したのだ。

「死んでもこの場は動かない」

全身でその意思を他の乗客に伝えている。ひと言も喋らずにここまで自分の意思を人に伝えられるのは才能だと思う。

そして、混雑率が「推定200%」を超えても尚 、小力は姿勢を崩さずに、両手をピンと伸ばした仁王立ちで他を圧倒した。

f:id:onionpetas:20170417232633j:image

※出典:混雑率の推移

 

満員電車で「動かない人」の周りでは何が起きるのか

ドアからは、新しい乗客が次々に入って来るので、必然的に人は電車の奥に流れることになる。(自然界の法則)

ただ、僕の隣で仁王立ちをしている小力は自然界に縁がない様子。いくら群衆のビッグウェーブで人を流し込んでも、小力という取水堰が全てを受け止めてしまう。

小力よりドア側に立っている僕は、ここから堪え難い時間が始まることになる。

ドアからは群衆によるビッグウェーブが勢いを緩めることがない。

ただ、僕の隣の「スタンディング仁王」は全く動じないのだ。

そんな状況なのだから、間に挟まれた僕が凄まじい力でプレスされるのは想像に難くない。

もう、身体が痛い!息が苦しい!密着した小力の身体から伝わる体温が熱くて気分が悪い!!!

さらに言うと、小力は自分のポジションを守るために、ビッグウェーブと反対の力で若干押してきていた。(もはや完全に逃げられない)

リバウンド王のスクリーンアウトの如く、鉄壁のポジション取りで他を寄せつけない。

f:id:onionpetas:20170417231324j:image

横目で小力を見てみたが、額からは汗が流れてる。

小力も疲れるだろうに。

一瞬、同情めいた感情も生まれたが、もしや風貌から察するに、小力は何らかのトレーニングも兼ねているのか?そうだとしたら、この状況はむしろ充実した時間に過ぎないのか?

とてつもない敗北感である。

「ちょっと奥に詰めてもらえませんか?」

という言葉をかけることすら躊躇してしまう小力の圧倒的な存在感に完敗である。

結局、僕と小力は同じ駅で降りることになった。(たまたま)

小力は降車の時も力強く周りの人を押しのけてドアから飛び出していった。

後に残ったのは小力の体温と身体中の倦怠感。

得るものは何もなく、気力と体力は大きく失われた。

 

やはり電車という乗り物は不思議だ。

こんな事態に遭遇したら、どう対処したら良いのだろうか?

もし明日も小力と出会って同じ事態が起きたとしても、今の自分には適した策が見つからない。

明日の電車が不安だ。

己を紹介するって難しいよねぇ

今週のお題「自己紹介」

唐突にはじめたこのブログなんだけど「誰やねん!」って思う人もいるかもなんで、この機会に自分のことを書きますよ。

オニオンの人となり

ひねくれ者であまのじゃく。

ただ、稀に「いま旬」的なことすると妙にテンションを上げてしまう煮え切らない性格。自分でもイマイチ沸点がわからない。

仕事は10年選手のダメリーマン。あとは個人事業を気ままにやってる。

仕事を真面目にしてる感覚は無くて、どちらかと言えば仕事を楽しくすることに超真面目

まぁ、男の人生なんて仕事してる時間がクソ長いんだから、仕事くらい楽しませてもらいたいよねぇ。うむ。正論でしょ?

生粋の遊び好き

ここで言う「遊び」は火遊び(恋愛情事)じゃなくて、子供が「あそぼーぜ!」って言うのとほとんど同義。その辺の思考回路は30代になった今も変わらない。

で、遊びは仕事より大真面目

何か楽しげなことに興味を持つとトコトン没頭して睡眠が極端に減ってしまう習性がある。そして仕事に支障をきたす。(これは少し反省してる)

文章を書くこと

何というか生活の一部。

昔から思いの丈を文章にすることが好きで、小学生の時も作文の時間が一番好きだった。

自分しか読まない日記的なものは毎日手帳に書きなぐってる。仕事だと資料作りの文章を書いてる時間は至福の時。で、反応が良かったりすると恍惚の表情を浮かべながら自分を褒めてあげる。(気持ちわるいね)

過去、ブログやメルマガで頻繁に記事を更新してたんだけど、仕事の都合でやむなく閉鎖。で、ここ数年間はネットに公開する書き物はやめてたんだけど、やっぱり我慢できなくなってしまった。

このブログは今まで溜まってきたコトをぶちまけて躊躇せず書きまくるつもり。

文章を読むこと

これはね、マジ中毒。ホント活字中毒だなって思う。

一人でいる時に何も読んでない時間はほぼ無いかもなぁ。

電車の中とかはもちろんだけど、ちょっとしたスキマ時間でたとえ10秒でも持て余しちゃう感覚。トイレは小のほうでも何か持ってくし、風呂も濡れていいやって本が常備されてる。(自分でも異常だと思う)

逆にテレビはほとんど観なくなった。チェックしてる番組だけ録画してるんだけど、それさえ観れずHDDが悲鳴をあげてる。

過去、Amazonの購入金額が生活を脅かした経験あり。

最近は図書館とKindle Unlimitedも併用してる。これはホントお財布に優しいね。

読むジャンルに偏りはあんまり無く雑食。文学・社会・政治・ビジネス・経済・趣味系・・・と何でも読む。マンガも大好きでかなり読んでる。

ちなみに今読んでるのは藤沢秀行さんの「野垂れ死に」って本。

f:id:onionpetas:20170415230316j:image

この人、めちゃくちゃ強い囲碁棋士なんだけど、その人生が壮絶過ぎる。酒、ギャンブル、借金、女性関係・・・と全部揃った男。その半生をご本人が冷静に振り返ってるのがこの本。まだ途中だけどオススメ出来そうなので是非。

この人の自己紹介だったら面白いんだけどなぁ。

遊びのこと

これまでの人生で間違いなく一番時間をかけている遊びは「演奏」することだと思う。

音楽の好みも雑食なので、色んなジャンルに挑戦することが好き。

ギターを弾くことが多いんだけど、タンゴやジャスで納得がいくソロが取れると1日機嫌が良い。

あと、最近は「野外で飯を食うこと」が何故だかめちゃくちゃ好き。

なんだかんだ理由をつけて外で食べたがる。さらに欲を言えば外で自ら作って食いたい。

子供の頃は興味すら湧かなかったキャンプ的な行為が、いまやドストライクになってる。不思議なもんです。

バイクで一人キャンプ旅に行くのが直近の目標。

仕事をすること

ありがたいことに、現状は楽しくさせてもらってる。

他社さんから「良い話」をもらう機会も何度かあったが、何故かいつも踏みとどまってしまう。給料が跳ね上がっても目の前の仕事が捨てきれない。

この結論にいたる感情をいつもロジカルに考えてみるんだけど明確な答えは出ず。

まぁ、自分の優先順位として、仕事は「楽しむこと」であって「多くのお金をもらうこと」じゃないってことらしい。

一方で、今の仕事を一生続けるか?と聞かれたら、これまた一筋縄ではない。

ぼんやり考えてるのは、目の前の仕事を一生懸命やってたら、おのずと満足できる仕事に辿りつくんじゃないかと淡い期待を持ってる。

まとめ

自分で書いてて改めてどーしよもない人間性に閉口なのだが、これが嘘偽りなく自分の性分なんだから仕方ない。(と思うしかない)

これからもブログの更新はひたすら続けていくので、もしこんな輩に少しでも興味を持ってもらえましたら嬉しい限りです。

それでは、今日はここまでにします!

よろしくお願いします。

仕事が楽しくなる極論

みんな〜、仕事、楽しんでる?

今日も仕事。明日も仕事。あさっても・・・。 

新入社員は当たり前だけど、ベテラン社員でさえも、やっぱり4月って「はじまり」の雰囲気が漂うし色々大変だよね。

 

特に新しい環境だと親睦飲み会とかある中で、自分のセーフティーゾーン(居場所)を探したりさ。

なれるまでは気が重くなっちゃうよね。

 

それとも・・・

ウェーーーイ!!

仕事楽しくてまいっちゃうゼェーーーッ!!

 

ってな気分になってるあなた!

間違いなく幸福密度の高い人生を歩むことができるはずです。キミは大丈夫。

(でもそれが超少数派であることは肝に命じましょう)

 

心から「仕事がしたい」と思えているか

f:id:onionpetas:20170524002439j:plain

ところで、今の日本で「仕事」を心から楽しんでる人ってどのくらいいるんだろ。

 

仕事自体は好きでも嫌いでもない。

ただ心のどこかで「このままでいいのか?」とか「なにか物足りない」なんて気持ちを押し隠してる人が何気に多いって聞くよね。

 

テレビで観るキラキラした「仕事の流儀」みたいなものを今の自分自身と照らし合わせて、その理想と現実のギャップに何とも言えない虚無感を感じたりさ。

 

で、そーゆー人って結局、転職したり起業したりするんだけど、彼らが異口同音で言うセリフがいくつかある。(実際に何個か聞いた)

 

「自分を試してみたい」

「このままだと自分を見失いそう」

「自分ひとりでやってみたい」

「自分の得意分野で挑戦したい」

「もっと自分を成長させたい」

 

おいおいおいおい!

自分のことばっかじゃねーか!

 

そりゃー自分のことばっか考えて仕事してたらツラくもなるわい!

 

まぁ、確かにわかるよ。

仕事するのは紛れもなく自分なんだから、自分のために働いてナニガワルイ!って気持ちになるのもわかる。

 

でもさ、仕事してお金もらうのは自分のため

出世するのはモチロン自分のため

姑息な手回しを繰り返すのも自分のため

プレゼンで成功するのも自分のため

営業が決まるのも自分のため

 

もうさ。そらツライわ!

辞めたくなるよそんなの。

 

だってさ、結局ね、

自分のためって思ってた仕事が、ふと気づいたら自分全然楽しくねぇ!

しかも自分のためにもなってねぇ!

って気づくから!!

 

それで、何か上手くいかないことが一つ二つ勃発したらポキンって折れちゃうよね。(心の大切なトコが)

自分のための仕事って結構脆いもんですよ。

 

 じゃー何のために仕事すんのさ?

 

結論から言います。

 

ズバリ「人のため」に仕事する。

 

うわ出た〜!偽善のべき論クソ野郎!

って思うかもだけど、これわかってる人はほぼほぼ仕事楽しんでる。

 

なんというか、自分ひとりのために働ける範囲なんてたかが知れてるんですよ

仕事ってどんな時が一番嬉しいか考えるとわかりやすいんだけど、それが「自己満足」であることって少ないでしょ?

 

例えばね、仮にキミが金融系のサラリーマンだったとしてね、取引先会社の社長が新しい事業に挑戦するってことで融資を頼まれたと。

めちゃくちゃ面白い企画だったし社長の人柄も好きだったキミはもちろん融資した。アドバイスもした。

ただその後、事業の準備段階に手違いがあって、その会社の資金繰りが急に回らなくなりそうで困ってる…みたいな話があるとするじゃん。

でも実際は、未来ある事業で将来の見通しも明るい計画。

キミはその社長のためにひと肌脱いで上司に怒られながらも説得して追加融資を無理やり通す

それで何とかその事業をスタートさせることができた。

融資を得た会社は瞬く間に成長して大きくなったけど、その社長は今もあの時の感謝でキミを心の底から信頼してる。

 

…こんな妄想ストーリーがあるとするじゃん。

そうそう。リアルに想像してほしい。

 

ね!

クソほど仕事楽しそうでしょ!

 

これこそ「人のための仕事」よ。

何も難しくない。ちょっと仕事の目的を考えて行動するだけ。

 

追加融資の相談を受けた時、身の保身を考えてそれを拒むこともできる。

そうしちゃうと「自分のための仕事」になる。誰も得しないし後味も悪い。

 

まとめ

まぁ、ちょっと妄想の話が大きかったかもしれないけど、些細なことでも仕事の目的から「自分」を外してみると結構変わるもんです。

 

例えば、

家族を養うためにする仕事

お客さんに喜んでもらうためにする仕事

クリエイターの才能を世の中に伝えるための仕事

地元の人が幸せになる仕事

 

もうさ、自分のためなるのは最後で良くない?

絶対に回り回って最後は自分のためにもなってるよ。

まぁ、その過程で仕事ができてる時点で自分のためって言えるしね!

 

仕事は楽しむものですよ。

 

ということで、

今日は終わります!

ジブリファンが狭山へ行ってみた結果

狭山に行ってきた。

 

ってあたりまえに狭山って固有名詞使ったけど、

狭山の認知度ってどのくらいなのかなぁ。

 

どーです?みなさんは狭山って知ってますか?

 

狭山茶はどこまで有名なの??
狭山湖は狭山じゃないよ!所沢なんだよ!(トナリだが)

 

位置的には、埼玉県の下のほうにある何の変哲もない市。


青森とか鳥取に住んでる人がそんなマイナーな街のこと知ってるはずがないよね。(いや、まぁ、青森や鳥取に限らず)

 

 

狭山ってナニ!?ウマイの?

 

で、狭山を知らない大多数のみなさんに向けて、ちょっとだけ説明すると、、

 

狭山にはトトロがいます。

 

はい、ごめんなさい!
9割8分で嘘!

 

トトロの舞台は「狭山丘陵」ってとこなんだが、これも所沢なんだ。ザンネン
名前ばっか広く使われてるのな。

実際そこにもトトロはいないしな。


でもね、ほんのちょっとだけ狭山もトトロとゆかりがあるって一部のジブリフリークの間では有名な話なのです。

 

そう。あの有名な都市伝説。

 

「狭山事件」

 

この名前は聞いたことある人も多いかも。

この事件自体は都市伝説でもなんでもなくマジな話。

1963年に狭山でおきた猟奇的殺人事件です。

 

で、事件後も被害者の家族たちが変死したり、犯人の冤罪疑惑があったりで、今も多くの謎が残ってる。(詳細はググってください)

 

こんな猟奇的な事件と、国民的アニメ「となりのトトロ」の設定には共通項がめちゃくちゃあって、ジブリフリークたちが物議を醸してるという実に香ばしいはなしなのです。

(ちなみにジブリは関連を否定してる)

 

都市伝説については、この記事が詳しいですね。
【事件激情】狭山事件と「となりのトトロ」──事件編 - 日常脳が激情:GS

 

で、何を隠そう ザ・ジブリフリークの虎であるワタクシはね、この都市伝説に感化されて単純に狭山に行ってみたい!と思ってたわけ!

 

まぁ、50年以上前の事件だし、何もないってことは承知の上でね。

多少は怖いもの見たさみたいなとこもあるけどさ。まぁ、ねぇ〜。

 

ふいにネコバスとか通ってそう!

なんてこれっぽっちも思ってないけど、ついに念願叶って狭山に行ってきました。

 

 

いざ狭山へ


狭山へと続く一番メジャーな道は国道16号。
車で走ると狭山って気にしてなかったら通り過ぎるくらいありふれた郊外の街並み。

そして、これといった特徴は全くない。

 

ただ、一本それると茶畑や田んぼはたくさん残ってる。うん、キタコレ!

 

ちょっとずつテンションが上がってきたんだけど、何かが足りない。

そう。あの時代のノスタルジー具合が皆無なのです。

 

こりゃどうしたものか、と考えてたんだけど、ちょうど桜が満開の日だったんで、狭山の公園「稲荷山公園」に行ってみることにした。

 

調べてみると、戦後アメリカ軍がジョンソン空軍基地として使ってたらしい。

何処となくアメリカ臭の漂う独特な雰囲気の公園でなかなか味わい深い。(桜が咲いてるからわかりづらいけど)

 

f:id:onionpetas:20170412074446j:image

f:id:onionpetas:20170412074910j:image

 

でね、この公園の一角にね「狭山市立博物館」なる建物があったんですよ!

これは狭山の歴史に触れるのに最適やぞ!

 

f:id:onionpetas:20170412074821j:image

 

 さらにさらに!

 

f:id:onionpetas:20170412074946j:image

 

こんな企画展がやってるって話!

 

看板にトトロがいないのは若干気になったが、あまり前面に押し出さない大人の事情があるんでしょう。

 

これは入るしかないべ。

 

f:id:onionpetas:20170412075220j:image

 

ということで突入しました。

 

 

狭山市立博物館は何気に面白いぞ!

 

入って早々、ローカル感が満載なのはご愛嬌。

 

f:id:onionpetas:20170412075423j:image

 

有料ゾーン(150円)に入ると、かなりしっかりした展示が見られる。

 

f:id:onionpetas:20170412075605j:image

 

狭山の歴史をガッツリ再現してる

 

f:id:onionpetas:20170412075701j:image

f:id:onionpetas:20170412075718j:image

 f:id:onionpetas:20170412075801j:image

 

狭山で見つかる虫の標本まであったよ

 

f:id:onionpetas:20170412075916j:image

 

で、企画展示のほうにも行ってみた。

 

オバQが愛嬌よくお出迎え。気分良し。

 

f:id:onionpetas:20170412080356j:image

 

展示はヒーロー関連のおもちゃが中心

 

f:id:onionpetas:20170412080648j:image

f:id:onionpetas:20170412080743j:image

f:id:onionpetas:20170412080708j:image

 

バイクに乗るウルトラマンの下半身がほほえましかったり、楽しい時間を過ごすことができた

 

f:id:onionpetas:20170412080841j:image

 

最後は、おそらくトトロの体格と同じくらいでおろう「鉄人28号」に見送られる

 

f:id:onionpetas:20170412082147j:image

 

f:id:onionpetas:20170412082146j:image

 

いや〜、楽しかったですね。

 

 

で?

 

ジブリは??トトロは??

 

 

誠に残念ながら、ここには影も形もありゃせんでした!

よく考えたら、ジブリは自前で三鷹に美術館あるしな!

 

 

まとめ

 

ということで、ジブリ的なモノとは巡り合わなかった狭山の旅だったけど、終始のほほんとした空気というか「リラックスした街」という印象があったな〜。

 

博物館自体は安くて空いてて、程よいローカル感が詰まったステキな場所。

 

国道16号を使う方は、ちょっと寄り道してみたら面白いんじゃないかな!

 

ということで、

現場からは以上です!

既婚者って独身者を小馬鹿にしてる雰囲気あるよね

世の中には2通りの人間がいる。

そう。独身者と既婚者。

誰しも独身で産まれてくるわけだが、大人になると身内以外の異性を一人選んで
一緒に暮らす「結婚」という生き方が推奨されてる。

というか、この世の中でより良く暮らす暗黙のルールみたいな雰囲気で広く蔓延してて、
デフォルトでそういう人たちが住みやすい構造になってる。(少なくとも日本は)

結婚して子供を育てることが善。
結婚せず親元ですねかじりは悪。
結婚せず生涯一人暮らしは変人扱い。
離婚は同情され。
不倫は鬼畜扱い。

結婚にまつわるアレコレでその人の人間性を判断する節が、今の日本には確かにある。

10代とか20代で「結婚なんて一生しねーぜーー!」と独善的に振る舞う方もいらっしゃるが、これを50代まで言い続けられるのは相当な希少種でしょ。

誰しもが結婚という行為について、一定の問題提起をすることで自らの人生を設計すると思うわけ。

もちろん、僕もご多分に漏れず「結婚」について、それなりに考えてきた。

結婚に振り回される人たち

この「結婚」っていう制度は、人の人生を良くも悪くも大きく変える起爆剤みたいなもの。

だからなのか、人は他人の結婚が気になる。

佐々木希がアンジャッシュと結婚するかしないかハラハラしてたり。
渡辺謙は離婚しちゃうのか?・・・・とか。
東京03豊本の不倫相手と子作りしてた・・・・とか。(これは別に気にならないか)

もうね・・・・言っちゃうとね・・・・

そーーーんなこと、
どーーーでも良くない????

なんでそんなに他人の結婚とか離婚が気になるのかなぁ。

グノシーのニュースとかそんなんばっかでしょ?
プルプル震えてiPhone取り出したら、そんなことばっかり知らせてくるでしょ?

そりゃあね、自分の彼女や奥さんが浮気してたら知らせてほしいよ!

5倍の振動で知らせてほしいけどさ、
渡辺謙がニューヨークで誰かと手ぇつないでたって別に良くない?

奥さんにはガンガン知らせてあげたほうが良いよ!
でも、それをテレビの前の一般人が知ってどうなるってわけじゃないでしょ。

それを好き勝手にあーだこーだ言ったり己の助言を吐いてみたりさ、
どんだけ素晴らしきお節介野郎だと思うわけです。

他人の結婚まで気にして生きてたら、人生なんてあっという間に終わっちゃうよ。
(家族とか友達の結婚は別ね!)

で、結局何が言いたいかっていうと、
ワイドショーの企画とかネットニュースの反応とか見てると、 結婚は人生の善し悪しを計る滅茶苦茶大きなファクターだ!・・・って深いとこでみーーんな信じてるってこと。

うん。まぁそうか。
確かに人と話す機会に結婚ネタは鉄板だしなぁ。

anond.hatelabo.jp

この記事だって、悩める結婚適齢期男性代表の
めちゃくちゃ真っ当な意見だと思う。

確かに既婚者は「結婚なんて○○○○で、嫁がXXXXだから最悪だよ」 ・・・とご自慢のポジショントークを吐く。

ただ心の奥底では、
家族を養ってる俺は偉い。
いい歳して独身の奴らは努力が足りない。

・・・とか、思ってて毎日メシウマなわけよ。

そんで、他人の結婚にあーだこーだ上から目線でアドバイス垂れる。

こんな「既婚者 > 独身者」って構図が至るところで見られるよね。

で、そんな既婚者の振る舞いが鼻に付くと、一網打尽に引きずり下ろす。

結婚という制度のおかげで他人の足を引っ張り合ったり、
結婚の価値観を押し付けて並ばせないと気が済まないような人も増えてるんだよね。

ぶっちゃけ結婚制度って、本当に必要なものなのか?

で、さらに言っちゃうとね、その「結婚」って制度、
本当に必要なのかな?

「結婚」があるから「不倫」がはじまるわけじゃん。
(これはあんま言っちゃいけないやつか)

でもね、別に結婚を否定するわけじゃなくて、純粋に結婚って、 人類が生き延びるために、絶対に必要なシステムだったのかな???
・・・ふと、そんなことが気になったんですよ。

子孫繁栄だけなら、そんな制度というか仕組みを作らなくても基本的には問題ないでしょ。

まぁ、子供を育てたり食ったり暮らしたりする中で一つの場所に集まったほうが合理的かもしれない。

もしかしたら、自由出産が行き過ぎちゃうと、産まれてくる子供にしわ寄せがくるかもしれない。

でも、「少子化」とか「女性の働き方」とか「高齢出産のリスク」とか・・・
いろんな問題が解決に繋がらないのって、結婚のあり方が時代に合ってないからかもしれないよね。

そんなことをウンウン考えてたら、ふと気になったんです。

そう。
結婚っていつから始まった制度なのか?

・・・これは何気に見当がつかない。

それでさっそく調べてみたら、ちょっと面白かったよ!

結婚ってやつの歴史をかいつまんでみる

f:id:onionpetas:20170409190330j:plain

結婚はいつの時代から始まった制度か。 これは、肩透かし感がハンパなくて大変恐縮なんだけど・・・・

「結婚の正確な起源はわからない」
(From Naverまとめ)

これが答えです。

わからないんだから仕方ないね。

で、それだけだとイマイチ掴めないので、時代ごとの結婚観を調べてみた。
シンプルに時代ごとの特徴をまとめるとこんな感じ。

古代

・基本的には男女が合意して結婚する
・略奪婚あり
・娘と食料などを交換する購買結婚あり
・独身は妻を求めて旅をした

さすがにこれは何でもあり過ぎて怖い。
この時代ですでに独身の風当たりは強そう。

奈良時代

・男子15歳、女子13歳から結婚OK
・略奪婚禁止
・購買結婚禁止
・貴族は一夫多妻の習慣あり

色んな規制が入ったと思いきや、絶対的に貴族に有利な結婚制度になってるなぁ。

平安時代

・通い婚→同居の流れが多い
・ただし、夫が訪ねてこなくなったら即離婚
・夫は愛人つくり放題

完全なる男尊女卑だね。これは。

鎌倉時代〜戦国時代

・女性は夫を自分の意思で選べない
・妻が夫の家に嫁入り
・妻の不倫は夫への反逆として厳しく罰せらた
・武家の結婚は政略結婚が多い

世の中が荒れてて、結婚は今ほど重要視されてない時代だったのかも。

江戸時代

・恋愛結婚という概念はなし
・仲人が結婚を全て取り持つ(お見合い)
・離婚・再婚率は今より高く「三行半(みくだりはん)」を合理的に利用

ちょっとスマートな結婚観。
恋愛結婚がほとんど無かった時代ならではの「三行半」は普通におきることで、今より
離婚へのフットワークが軽そう。

明治時代〜大正時代

・異なる身分や外国人との結婚が自由になる
・一夫一婦制が決まる
・女性から離婚することは許されない

この時代も男尊女卑が激しかったように感じるなぁ。 今とは全然違う結婚観。

現代

・結婚は結婚する当人が決める
・夫婦平等
・シングルや婚姻届を出さない結婚(事実婚)など

結婚観が多様化したのは良いけど、中途半端に昔のなごりを引きずってるよね。

とまぁ、カンタンにまとめてみたけど、ひとつ言えるのは、 いつの時代の歴史をひっくり返しても、結婚という風習はあったということ。

つまり、男女が結婚して生活を共にすることが、 概ね「善し」としていたんだと推測できるわけね。

なるほど。 結婚ってやつは、かなり古くから人類を支配してる感があるんですなぁ。

いろんな結婚のカタチを受け入れるって大事よね

別にシングルや事実婚でもいいじゃん!
子供を作らない人生だっていいじゃん!
そんなの自由でいいじゃん!

・・・と思うんだけど、これかなりの少数意見なんだよね。

一緒に暮らしたければ暮らす。
暮らしたくなければ他のところへ行く。

経済的な問題とか、産まれてきた子供の親権問題とか色々あるんだけどさ、
まずは、世の中の結婚観をちょっと緩くしようよ。

もう一筋縄の結婚観じゃ収まらないほど生き方が多様化してるんだしさぁ。

だってさ、昔みたいに男が仕事一辺倒に生涯がむしゃらに働くためにはさ、
家で子供と家庭を守る妻(専業主婦)が必要なんだよ。

でも今は女性も働くわけでしょ。
だから、これをするためには働き方の制限をするか、子供を諦めるか・・・みたいな流れもあるわけじゃん。

こんな発想しか持たせてもらえないのは、現代の結婚が時代に合ってないからだと思うわけです。

「騎士団長殺し」の免色みたいに、自分は結婚には向かないと自ら決めて「ひとりで生き抜く」という選択肢があるのなら、それを他人がとやかく言わない。(思わない)
独身であることを誇りに思う人生だってあるでしょうよ!

行政・地域・その他でバックアップするような仕組みができて、
それが特別じゃなくなった時、日本人の結婚観は大きく変わってるだろなー。

ということで、今日は終わります!