道楽じみている

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道楽じみている

思いつきを深掘りする雑記

【タイトル秀逸本8選】本の購買はタイトルに釣られるところから始まる

電子書籍って快適。

自分もKindleを使うようになって、

「もう紙の本なんてイヤだ!」

「ページめくるって行為が鬱陶しい!」

「つーか、本って重くない?」

って気分にさいなまれる覚悟をしてたんだけど、どうやら自分は大丈夫みたい。

紙の本もガンガン読んでるし。

ただ前回の記事で書いたけど、持ち運びに関してはKindleの完全勝利。本の持ち運びにかかる負担を大幅に下げてくれました。

www.dorakujimi.com

ぶっちゃけ財布よりも重量面での貢献は大きかったし、もはや電車の中では必需品。

かさばらないからノンストレスで読めるし。ホント優れものですね。

それでも紙の本を読んでしまう理由

でもね、

やっぱ自宅でじっくり読む本に関しては「紙」で読みたいと思うわけ。

なんかもう本能的にね、

ページめくりてぇぇぇ!!

パラパラさせてぇぇぇ!!

って無性に思うのは何故だろう?

子供に絵本買ってやりてぇぇ!!って思うのは何故だろう?

トイレに本があると安心するぜぇぇ!!って思うのは何故だろう?

 

そーゆー世代だからなのか?

いやいや、まだ電子書籍世代なんてまだ生まれてないはず。

うーむ。なんというか個人的にはね、

紙の本を手に取ってページを操ってる感覚が、いまだに「心地良い」と感じてしまう。感覚的に。

まぁ、これって平たく言うと「ワクワク感」かもしれない。

次のページに書かれていることを知るために「紙」をめくる。

この行動が期待を膨らませてくれるって感覚があるんだよね。

あと、物理的に本という「モノ」が存在していることで、なんとなく手に取るって行動が生まれるのも大切。(そこから始まる恋もある)

ぼーっと本棚を眺めて背表紙を見ながら、ウンウン唸って物思いに耽ることもできるわけです。

ま、スマホからKindleアプリを起動してライブラリをスクロールすれば同じかもしれないけど、それってなんか「わざわざ感」がハンパないでしょ?そーゆーことじゃない。

何の気なしに感じる「気づき」とか「発見」が嬉しかったりするんです。

みんな、本ってどーやって選んでる?

f:id:onionpetas:20170528082758j:plain

で、紙の本に限らず、そもそも本をどーやって選んでるのか非常に気になっております。

まずもって、Amazonと書店で比べてみると「購入パターン」ってかなり違うでしょ?

Amazon

自分の場合、Amazonで本を買うときは、あらかじめ気になる本が決まってることが多い。「選ぶ」って段階は終わってるんだよね。

あとは、ジャンル検索でオススメから選んだり、購入履歴のレコメンド機能で勧められた本を選んだりもするけど、自分の興味から大きく外れることは少ない。

たぶん評価を読みつつ「失敗しないように」注意深く確認しながら購入する人が多いと思うのです。

書店

かたや書店の場合、選書は完全に書店側のセンスにお任せ状態。

当たり前だけど、こちらの好みなんてお構いなしだから、未知のジャンルや興味を持つ前の本との出会いがある。

平積みしてる本とかは手に取りやすいし、自分はそのまま衝動買いしちゃうことも…。

たまに失敗することもあるけど、書店で本を選ぶ時間はかなり好きです。

何を基準に選んでるのか?

自分の場合は完全に「タイトル」

書店でもAmazonでも、タイトルが引っかからないと買うことはほとんどないかなぁ。

本のタイトルって、まぁ看板じゃないですか。

そこを魅力的に表現できるってことで、まず信頼に値すると思うわけ。(釣りもあるけどね)

装丁デザインも大切だけど、活字の場合はやっぱりタイトルが大切だと思います。

だって手に取ってもらえなければ何も始まらないんだし、読まれるための努力は重要かなと。(ブログも然り)

で、自分が書店で購入した本を確認してみると、明らかにタイトルで買ってる本が多いんですね。

ということで、今回はタイトルが優れてて思わず買っちゃった本を集めてみました。

もちろん今回紹介する本は全て中身も素晴らしかったですよ!

① 鈴木さんにも分かるネットの未来

f:id:onionpetas:20170528081130j:image

これはタイトルの大勝利。ホント素晴らしいと思う。

「◯◯でも分かる」ってコピーは「サル」でよく使われてたけど、ここを少しパロディ調で「鈴木さん」にしちゃうと。

ネットの未来はみんな知りたいから興味をそそる。

ジブリネタが多くてアレですが、鈴木さんというのはジブリのプロデューサーです。

著者はドワンゴ会長の川上量生さんで、ネットのあらましや構造をわかりやすく(ディープなとこまで)教えてくれます。 

② 過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい

f:id:onionpetas:20170528081223j:image

逆じゃね?って思わせるテクニック。

写真家森山大道さんのエッセイなんだけど、この意味深なメッセージが中身を「読みたい」って気持ちにさせてくれる。

やっぱりあーゆー写真を撮る人はタイトル付けのセンスも一風違う。

ちなみに自分が1番好きな写真家さんです。 

③ なるほどデザイン

 f:id:onionpetas:20170528081237j:image

シンプルなタイトルだけどよく考えられてる。

「デザイン」という大きなテーマを掲げて、それを「納得させちゃいますよ!」ってことを暗に示してる。語感もいいし。

実際、自分も読んで「なるほど〜」ってなりました。 

④ ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い

f:id:onionpetas:20170528081408j:image

もう確信犯でしょ。引きが凄い。

ネット的なタイトル付けで話題になりましたね。

実際に読むと「炎上の心理」みたいなとこまで触れてるから面白かった。

⑤ ドカンと、うまいつまみ

f:id:onionpetas:20170528081724j:image

「男飯」とか「男の料理」って言わずに、それを伝えてしまう表現にセンスを感じる。

「美味しい」じゃなくて「うまい」だし、「ドカンと」って語彙には男臭さも漂う。

⑥ 騎士団長殺し

f:id:onionpetas:20170528081546j:image

強い。なによりインパクトが強い。さらに意味深だし。

漢字が多いけど画数的に読みにくさを感じないギリギリのラインだと思う。

村上春樹のタイトルとしては異色(?)に感じたけど、読んでみたら春樹ワールド全開でした。 

⑦ 好きなようにしてください

f:id:onionpetas:20170528081601j:image 

これはトリッキーだけど面白いタイトル。話し言葉だからキャッチーだし、突き放し感も小気味良い。

質問に答える形式の内容なんだけど、それを言ったら元も子もないでしょ!ってツッコミどころを残してるとこも良い感じ。

⑧ 嫌われる勇気

f:id:onionpetas:20170528081627j:image

これ、大ベストセラーになったのはタイトルの力が大きいと思う。

「嫌われる」って、普通「勇気」って言葉の前に入る言葉じゃないから違和感を生んで引きになってる。

「嫌」「われる」「勇気」って中途半端な改行は「嫌われない」って読み間違えられないための工夫なんだろうか。

まとめ

こうやって並べてみると、売れる売れないもタイトル次第だなぁと思うわけです。

もう完全にコピーライティングの世界。

著者からしたら1番力を入れなきゃならないところかもしれません。

うーむ。そう考えると、これってブログも一緒だよなぁ。頑張らんとなぁ。

ということで、今日はここまで!

【実録】財布を捨てた話

昨年の10月、長年愛用してた財布を捨てました。

そう、文字通り自ら財布をゴミ箱にぶち込んでやったのです。ポイッて。

・・・と、これだけ書くと気が触れてしまったヤツの戯言みたいなんだけど、念のため言っとくと、

お金は入ってないからね!それ犯罪だし!

で、その日から今日まで「財布なし生活」を送っております。

財布を持ち始めて四半世紀以上経つけど、はじめての経験です。

 

何でそんなことをしたのか?

もともと自分は持ち物がめちゃくちゃ多くて、

「本5冊も持っててホント読めるぅ?」

「パソコン使わない日も持ち歩く必要あるぅ?」

「財布にやたら入ってるポイントカードいるぅ?」

って、いつも自分にツッコミをいれつつ、重たいカバンを持ち歩いてたわけ。

トレーニングですか?

って言われた(disられた)こともある。

まぁ、一般男性のカバン重量から考えたら2〜3倍は重かったと思うのよ。軽さがウリのMacBookも本と入れたら意味がない。

もはや、その重さがデフォルトって感じになってて、気にもしてなかった。

むしろ、

まだまだ待てるぞーーー!!

って思ってたかも。イタイな。

 

で、さすがにどーなのよ!って思った日があって、よくよく考えてみたんだけど、これって完全に怠慢だよね。

持ち物の整理ができてない証拠。

使うかもしれないから詰め込んんどけー!って具合で計画性がなさ過ぎるわけです。

自分のリソースを過大評価してたり「もしも」の時に備えていらないものを無駄に運んでるという・・・ま、いろいろ残念だなってことに(今更)気づいたわけ。

そんなこんなで、考え方を180度変えてみました。

まず試したのが、

  • カバンの中身は毎日チェックしていらないモノを廃棄
  • パソコンは必要な日以外は持たない
  • 読む本は極力Kindleにする

これを早速試してみたんだけど、

いやいや、なにこれ、うーーん、何というか、

 

めちゃくちゃ快適ですわ。

修行僧のようだった今までの自分が哀れでならない。

持ち物を減らすってマジステキ。

なんかね、フットワークが軽くなるから今まで億劫だったことが簡単にできるようになった。

初日なんて途中下車してブラブラ散歩したもんね。

それで「身軽」って心地よさを知った自分は、どんどんエスカレートして、ついに財布を捨てるレベルに達してしまったという。もう止まらん。

携帯用充電器も軽いやつにしたいなぁ。

 

どーやってお金を持ち歩くんじゃい!

財布を持つ理由は「お金を入れて持ち歩く」ってこと。これは万国共通で疑いようがない。

ただ逆に考えると、お金を運ぶ時に必ずしも「財布を使わないといけない」ってルールはないでしょ?

べつに葉っぱでくるんで持ち歩いてもいいわけだしさ。

 

でね、自分はいろいろ試行錯誤して「定期入れ」を使うことで落ち着いてます。

 

ちなみにこんな感じ

f:id:onionpetas:20170525073417j:image

これをズボンの左ポケットに収めてる。

ちなみにマネークリップ的なやつも試したんだけど、やっぱカード類は少し持つ必要があるからダメだった。別でカード入れが必要になるし。

最小限のカードを入れるくらいなら、このくらいポケットがある定期入れが丁度良かったんです。

紙幣はそんなたくさん持ち歩かなくても、クレカかATMで何とかなる。

ということで、現金自体もそこまで持たなくなりました。

人って変わるもんですねぇ。

 

でね、ここまで読んで「小銭はどーすんだ?」って思ったスルドイ方もいらっしゃると思います。

小銭は実に厄介。でも1番理にかなった持ち運び方法は実にシンプルでした。

そう。

小銭は「ポケットに直接イン」です。

ジャラジャラさせてます。

「小銭入れ」を別に持ってたこともあるんだけど、持ちモノが増える感覚が嫌だったので却下。

朝、持ち歩く小銭をピックアップして、お釣りとかで増えた分は家に保管してます。1円とか5円が家に貯まってるんだけど、これはまとまったら両替するってことで。

 

で、財布なくしてどーなった?

うーん、これねぇ、もうやめられない。

開放感がハンパないわけですよ。

だってさ、平日は通勤でカバン持ってるからあれだけど、休日なんてカバン持ちたくないわけ。

わざわざ「財布を入れるためだけに」小さめのショルダーバッグとか持ってたけど、あれはホント無駄。

今、休日は完全手ぶら男子に相成りました。

ちょっと遠出する時でもポケットに入りきらない物は持たない。

いつでも両手をフリーで使える心地よさって、想像するより素晴らしいものでした。

 

ちなみにレジでお金出すスピードは財布時代の2倍速です。

今までは、

  1. カバンを下ろす
  2. カバンを開ける
  3. 財布を取り出す
  4. 財布を開ける
  5. お金を取り出す
  6. 支払う
  7. お釣りを受け取る
  8. お釣りを財布にしまう
  9. 財布をカバンにしまう
  10. カバンを背負う

・・・という実に「10手順」で支払いという行為に挑んでたわけです。正直まごついてた。

 

それが、

  1. ポケットに手を入れる
  2. お金を取り出す
  3. 支払う
  4. お釣りを受け取る
  5. お釣りをポケットにしまう

 

・・・すごくないですか?半分の手順で済みます。

スマートにレジで支払って颯爽と去っていくのも夢じゃない。

ポケットの小銭は慣れてくると手触りで種類がわかるから、スッとお金を渡せます。

レジに向かう道中、盲牌の如くポケットで残高確認できるようになれば・・・もうアナタは完全に上級者です。(と、勝手に勧めてみる)

 

財布がなくなるデメリット

歩くとチャリンチャリン鳴る

これが結構恥ずかしいんですね。休日は全然構わないんだけど、社内で歩いてる時とかは恥ずかしい。

ま、ただこれもポケットの中でのしまい方で極力チャリンチャリンを抑えることが可能です。

(この方法を説明すると、このくだらない記事が余計長くなるんで割愛しますが、もし!仮に!万が一にも!知りたいなぁ〜って方がいましたらコメントくださいね。こっそり伝授いたします) 

 

でね、その他のデメリットは正直思いつかない。

ブランドモノが好きな人は受け付けないかもしれないけどね。ま、でもデメリットなんてそのくらい。

長財布使わなきゃお金持ちになれない!

・・とか言ってる人は無理かもだけどね。

 

ただ、女性はさすがに難しいか…。

 

まとめ

好き勝手書いてみたけど、この話はネタでもなんでもなく実話です。

半年以上、財布を1回も使ってません。捨てたし。

持ってるのが常識の財布だったけど、「財布ってホントにいる?」ってことを改めて考えると、

「い、いらないかも」

ってことになりました。

 

いろいろやってみて気づいたのは、外出時の持ち物って意外とモチベーションに繋がるってこと。

やっぱ身軽だと元気だし、重たいモノを持ってるとやる気も削がれていく。

財布は極端かもしれないけど、カバンの中って案外いらないものがたまりやすいからチェックしてみると次の日快適になりますよー!

ということで、今日はここまで〜!

76歳の宮崎駿監督は新作映画のアニメ製作をどんな心境ではじめるのだろう?

どうも。ジブリフリークのオニペタです。

数日前、個人的にめちゃくちゃ嬉しいニュースが飛び込んできました。

www.ghibli.jp

引退宣言をしてた宮崎監督が「引退撤回」を発表して、新作長編アニメに取り掛かるってこと公式に発表したんですよ。

いや〜、もうさ、

涙ちょちょぎれるほど嬉しいんですよ!

素直に「待ってました!」って言いたい。落語の如く。

鈴木敏夫プロデューサーのラジオで「宮さんが新作の絵コンテを描いてる」って話は知ってたんだけどさ、こうやって公式発表が来ると「マジだったんだ」って現実味が出てくる。

全身全霊で応援したいと思ってる次第です。(まぁ何もできないけど…)

 

ネットの声を見てみると

f:id:onionpetas:20170523002607j:plain

http://25.media.tumblr.com/402a0ea20ee22148a54e30826747cac5/tumblr_msh22rbpve1qbktuzo1_500.jpg

そんな手ばなしで喜んでる自分なんだけど、みんなの反応はどうなんだろ?って気になって色々のぞいてみた。

ほほぅ。結構みんな辛辣なのね。

要約すると、

  • 「何度目の引退撤回だよ??」
  • 「給料安すぎじゃね?」
  • 「宮ちゃんやめへんで〜」

とかね、ネガコメ言う人が何気に多いんだな〜って印象。(最後のは違うか)

ただまぁ、引退宣言ってことでいえばね、

たぶん毎回言ってる気がするのよ

実は「紅の豚」あたりから言ってたと思う。

「もののけ姫」でも言ってたし「ハウルの動く城」「風立ちぬ」でも引退を示唆してる。(風立ちぬでは公開前に引退記者会見までしてた)

でもね、これってその時の正直で真摯な気持ちだと思うわけです。

だってぶっちゃけ、引退とかあえて言わなくてもいいわけでしょ?

シレっと辞めることも、続けることもできる。

ただ、宮崎駿という人は自分に求められてることを真正面から受け取ってて、それに一種の使命や責任を持ってる。(ように感じる)

だから毎回律儀に発表してるんだと思うわけです。ホント真面目な人なんだよ。たぶん。

 

アニメーターを募集する挑戦


職業紹介【アニメーター篇】~将来の仕事選びに役立つ動画

 

以前、鈴木プロデューサーのラジオでぽろっと聞いた話なんだけど、宮崎監督が引退を発表した理由の一つが「アニメーターがいない問題」だったらしい。

優秀なアニメーターが減ってて、作りたくても作れないという現実も引退に向かわせた理由の1つだったと。

描く人が足りなきゃ作りたくても作れない。うん。そりゃそうだ。

ただね、ジブリ最新作の映画「レッドタートル ある島の物語」を観た宮崎監督は、

こんなに描ける人いるの??

って正直度肝を抜かれたらしい。

で、そんな人いるなら俺も作れそうじゃん!という心理になったんだと思う。1人のアニメーターが宮崎監督を動かしたってことよ。凄い話だなぁ。

ただ、アニメーターの給料はどこも低賃金。さらに長時間労働は避けられない。

でもね、

サラリーマンとは目指すところが全然違うわけじゃん!

例えば売れてない芸人とかアーティストが「忙しいの嫌だわ〜」「でも人並みの固定給くれよ〜」って言ってたらおかしいでしょ?

まぁ、給料云々とかブラック企業ガーってネットで騒いでるのは多分アニメーターじゃないと思うけどね。

外野があーだこーだ一般的な企業と同じ感覚で比べても全く意味がないよね。

 

リスクを取るということ

f:id:onionpetas:20170523001643j:plain

3年もの間、多くの時間を拘束する。そして、そのあとにどーなるか?なんて保証は一切ない。
この感覚が肌に合わない人も多いと思うけど、
ただね、それならどんな募集だったらいいの?って疑問も同時に浮かんだ。

  • ジブリ専属アニメーター正社員募集
  • アニメーターから監督へのステップ有り
  • 年収600万円以上保証
  • 残業なし

こんな募集だったらめちゃくちゃ殺到するのかな?現実的にありえないけどね。

でもさ、もし仮にこの募集が可能な状況だったとしても、これで「優秀な」アニメーターが集まるかは甚だ疑問。いや、自分は来ないと思う。

持論なんだけどね、本当に優秀な人って

めちゃくちゃ「リスクの取り方」が上手くない?

自分を追い込んで成長を促すって感覚が自然に身についてる。だからこんな甘ちゃんな募集要項じゃ魅力を感じないだろうね。

それこそ、アニメーターとか生み出す系の職業の人が「安定」なんて手に入れたら、そこで成長は止まっちゃう。(少なくとも遅くなると思う)

だから、優秀な人ほどリスクの大切さを知ってるし、多少危ない橋でも「攻め」の姿勢で挑戦するんだと思うなぁ。

そもそも、宮崎監督自身がリスク大好きだしね。キングオブリスク!

有名な製作方法として、ストーリーの結末が決まらない状態で作画に入っちゃう「連載漫画スタイル」だって前代未聞でとんでもないこと。

これをずーっと続けてリスクと向き合ってるわけです。自らリスクを課してそれをコントロールするって強靭な精神力が必要だと思うなぁ。

 

年齢について

f:id:onionpetas:20170523001153j:plain

宮崎駿監督は現在76歳。映画が完成する予定の3年後は79歳になってる計算。

この歳から3年もかけて「新しいことを1からはじめる」という心持ちがどういうことなのか想像するのは非常に難しい。何故そんなモチベーションが湧いてくるんだろう?

1つ言えるのは、年齢的に「死」という現実は確実に意識してるということ。

でね、ちょっと考えたんだけど、ここでも宮崎監督は新たなリスクに挑戦してるのかもしれません。

そう。

「3年以内に寿命が来て映画製作がストップしまうリスク」を自らに課してるはず。

もう究極だよね。ここまで挑戦的な人生を送れる人は滅多にいない。

多くの人から待ち望まれて、多くのスタッフを抱えて、壮大なるリスクに立ち向かう。凄い話です。

 

まとめ

自作が宮崎監督の「集大成」であることは間違いなさそうです。

もちろん、作品の中身が気になるところなんだけど、製作過程の中で宮崎監督が何を思い、どんな心境でこの映画に取り組んでいくのか・・・この側面も非常に気になるところです。

誰しも「老い」が訪れる中で、どうやって最期に立ち向かっていくか。

この問題の答えを、映画を通して宮崎監督が教えてくれそうな予感がしています。

ということで、今日はここまで!

スマホ依存症が充電を忘れると悲惨

スマホの充電が無くなると非常に困る。

ブログ生活に支障をきたしてしまうわけ。以前記事にも書いたけど、今のブログ生活はスマホで成り立ってるところが非常に大きいのです。

doraku.hatenablog.com

「充電ゼロ」という名の恐怖を回避するためにかなり予防線を張ってる。充電に振り回されてるってことも自覚してます。致し方ない。現代病でしょう。(スマホ依存症?)

夜、寝る前は必ず充電して、朝はフル充電で新しい日を迎え撃つ。これは基本の「き」

さらに自分はその一歩先を見据えてる。スマホ用の「携帯充電器」を常備しているのです。

愛用してる「iPhone 6s Plus」は、かれこれ1年半くらい使い倒してるからか充電の減りがめっぽう早い。

電車でブログサーフィンしたりブログを書いたりしてると出社する頃には「残り55%」なんて表示される。夕方には1桁台に突入するなんてこともザラ。

そこで登場するのが携帯充電器という救世主です。

もう僕はキミがないと生きていけない体になってしまったんだよ。

この相棒を手に入れたのは、2013年のフジロックフェスティバルに初めて参加することが決まった時。「テント生活の必需品だぞ」と助言をくれた先人の教えに従って購入したものです。

今やかなり旧型の様相だけど、なによりヘビー級の重みが安心感を与えてくれる。まだまだ現役です。

f:id:onionpetas:20170520012138j:image

文庫「燃えよ剣(上)」と比較してもこの存在感を放つ。カバンの中でさえも専用スペースが与えられるほどの重鎮として、そのポジションは固く守られてます。

幾多の戦いから何ヶ所も傷を負ってるんだけど、当の本人は「勲章ですから」と謙遜してみせる。可愛いヤツだ。

その骨太さでいえば、495ページを誇る「燃えよ剣(上)」を超えてしまうし、重量は文庫本3冊分にも相当する。信頼を売りにしてる商売なのだから仕方ない。

なにより、この充電器は何度となく窮地を救ってくれた。その実績から、自分がこの充電器に寄せる想いは計り知れないのです。

 

すれ違い

一昨日の夜は明らかに疲労が溜まってた。

ただ、疲れていても腹は減る。仕事で遅くなって家に着くと寝静まった家の中で夕飯を食べた。もう無心で食べてた気がする。

 

で、記憶はここまで。

どうやら、食べ終わると同時に強めの睡魔が襲ってきて、その場で寝てしまったようです。(朝まで)

目を覚ました時、「風邪ひきそう・・・」とか「食べっぱなしじゃん・・・」とか色々思うことはあったんだけど、何よりトンデモナイ状況であることに気づきました。

スマホの充電忘れてた・・・。

これは痛い。非常に困った。

でもね、この時はまだ余裕を持ってたんです。

そう。携帯充電器(相棒)を使えばいいじゃないか!って。

この安心感に気づいて、改めて相棒を愛おしく想いつつ、意気揚々と出社しました。

それで、早速電車の中で充電のセッティングをしたんだけどね、「ウン」も「スン」も言ってくれない。どうした相棒・・・。

混乱する頭で相棒の症状を確認したところ、その理由が判明しました。

充電器(相棒)の充電も無くなっていたという事実。

なるほど合点がいった。いよいよヤバイ。

 

充電とはなんなのか?

たかが充電。されど充電。

現代社会で「充電」が人間生活の一部となっていることは事実でしょう。充電という行為自体には何の意味を持たないけど、充電が足りてない状況は確実にストレスを生む。

事実、昨日は電池残量との戦いでした。

スマホの電池残量に目を光らせながら少しずつ使ってたけど、案の定夕方には「不動」となります。今日は救世主もいない。

帰りの電車では、みーんな軽やかにスマホを操ってる。あぁーうらやましい…。

自分のカバンに入っているのは、

  • iPhone(電池切れ)
  • 携帯充電器(電池切れ)
  • Kindle(これも何故か電池切れ)
  • Bluetoothイヤホン(充電されてるが用途なし)

のみ。

電池が切れた電子機器はただただ「重いだけ」です。

こいつらクソの役にもたたないぞ!・・・と。

いつも大変お世話になってるにも関わらず、こんな汚い言葉が何種類も脳裏をよぎる。

充電切れというのは人格まで変えてしまう。

 

まとめ

帰宅すると、何よりも先に彼らの充電作業を優先しました。

彼らに灯火が戻ることに安堵しながら、自分も優しい気持ちが少しずつ取り戻されてくる。

もうね、安心感がハンパない。

自分はスマホ依存じゃないと思ってたんだけど、無くなってみるとはじめて気づく。

はい。完全にスマホ依存症(重度)ですね。

特にブログはじめてからは勢いを増してる気がするなぁ。

まぁ、スマホ依存がそこまで「悪い」ってことだとは思わないけど、何かに縛られるのは癪なのでちょっと改善してみようと思ってます。

とりあえず、スマホ持たない日とか作ってみようかな〜。

ということで、今日はここまで!

奥田民生という歌うまオバケの美声を堪能できるおすすめ動画7選

歌がうまくなりたい。

そう思って「歌のうまさ」を研究してた時期があります。とくに男の歌ね。

そもそも歌がうまいってなんなのよ?ってとこからヘタクソな歌にありがちなパターンとか色々調べて実践したりしてました。かれこれ15年以上前かなぁ。

ただね、男性ボーカリストって「歌のうまさ」を定義するのがヒジョーに難しいんですよ!

で、多くの先人たちが言ってたのは・・・

男の歌は「味」だという着地。

そりゃ暴論よ!そんなこたぁ薄々感じてたわ!

それなら、その「味」は、どーやって身につければいいんだぁぁぁ!!

奥田民生を聴きなさい。

ある日、路頭に迷っていた自分は、ひとりの味のある男からそんな言葉をもらいました。

で、早速その日のうちに奥田民生の「29」というアルバムを購入。プレイヤーにCDを突っ込んで聴いたらね、

見事な「味の応酬」にあってコテンパンにやられました。

うん。最後はたぶん泣いてたと思う。

それまで「愛のために」とか「息子」くらいしか聴いたことがなかったんだけど、そのアルバムに入ってる「手紙」って曲なんかさ、味がもうシャレにならんのです。味濃すぎ。いや絶妙よ!

で、その日からは「奥田民生研究」になり変わったわけです。

 

奥田民生という男

f:id:onionpetas:20170517210900j:image

まずね、名前がいい。

「民」に「生」を足して「たみお」と読ませてくれるところに親しみやすさと柔和さが溢れ出てる。強センス。

そして、その名前と見事にマッチングした風貌。51歳となった現在も若く見えるわけじゃなく、老けてるわけでもない。絶妙な「老い」を嗜む稀有な存在だと思う。(ついこないだ52歳になってた)

◼︎ 29歳

f:id:onionpetas:20170517211720j:image

◼︎ 51歳

f:id:onionpetas:20170517211730j:image

右の赤い人が奥田民生(51歳)です。ちなみに左のおじさんはジョン・ラセター(60歳)っていう、映画「トイストーリー」とかの生みの親。ピクサーのドンね。

で、この写真がなんでこんなフレンドリーなのかっていうと、次作の「カーズ/ クロスロード」って映画の音楽に奥田民生の新曲が起用されたみたい。

これがまた、味わい深いのよぉ。予告編を観て痺れました。

 

奥田民生の味美声を堪能できる名曲動画を紹介

一応だんだん濃口になるように並べてみました。

民生初心者の方は初めの薄口のほうから慣らして聴いてみてください。

それでは行きます!

 

さすらい

民生の名曲と言えばコレ。

最初から最後までずーーーっとハイトーンが続く体力勝負の歌。カラオケとかでこの曲を歌いこなせる人は相当歌がうまいと思う。

味わいって意味では薄味だけど、民生の「歌のうまさ」が余すとこなく出てる。

この曲はやっぱり外せないのです。ザ・名曲。

 

美しく燃える森

スカパラとコラボして話題になった曲。

自分の周りだとこの曲が一番好きって人もかなり多い。管楽器メインのスカパラアレンジにぴったり民生ボイスがハマってる。

民生の声ってどんな楽曲でも「哀愁漂う雰囲気」に包み込んじゃうパワーがあるよね?

この曲を聴いたらその意味がわかると思う。MVも非常にカッコ良い。

 

歌うたいのバラッド

斉藤和義の名曲を民生がカバー。この辺から徐々に味わいが増してきます。

この動画、最初はおとなしく歌ってるんだけど、間奏が終わった辺りから最後まで続く怒涛の叫びはマジで痺れる。ヨダレが垂れても気づかないレベルに口を開けて見入ってしまった。

ぶっちゃけ自分は本家より好きです。

 

ひとりカンタビレのテーマ

楽曲としての完成度がめちゃくちゃ高い。変わった曲だって思う人も多いと思うけど。

この動画は歌だけじゃなくて演奏もすこぶる良い。ギターの音がオトナ!

サビ前の不協和音みたいなメロディラインとか一般人には到底作れない。

民生の才能が溢れてます。

 

手紙

この曲が冒頭で書いたコテンパンにやられた味の名曲。ちょっと昔の映像だけど味がスゴイ。

なが〜い間奏が終わった後の、

あなたと僕とが もしもひとつになれたなら

若草色をした りっぱな家建てましょうね

ってところがこの曲のヤマです。ここを歌うときの民生の歌は神懸かっております。

 

CUSTOM

もうね、完全に民生ワールド。民生節全開。

民生の曲ってエンディングに盛り上がる曲が多いんだけど、この曲もまさにそう。

最後の畳み掛けるような叫びは聴く人を間違いなく虜にする。パワーが凄い。

これを聴いて民生に恋した女子も多いと思う。もう完璧な歌です。

 

スローバラード

もうこの動画は数え切れないほど観た。そして何度も泣いた。最高の映像です。

忌野清志郎(RCサクセション)の名曲なんだけど、最初から最後までトリハダ立ちっぱなし

完全に民生の歌になってるんだけど、オマージュも垣間見れる。歌でここまでやれちゃう人を初めて観ました。

自分はたぶんこれから一生聴き続ける動画ですね。

 

 

まとめ

改めて動画を観なおしてたんだけど、このオジサンの味は何なんだろう。

一般的に奥田民生ってそんな「歌がうまい」って印象は無いかもしれないけど、よくよく聴くとマジでうまいの。ピッチもリズムも完璧。

たまにCD音源だけうまいって人もいるけど、民生はライブのほうがうまい。(ピッチ補正とかできない)

ギター1本と歌だけで、あそこまで歌を聴かせられるということが証明してるんだろなぁ。

ということで、今日はここまで!

30代サラリーマンが真面目に転職を考えてみた

ちょっと個人的な話をしたいと思います。たまには自分のことでも書いてみようかと。

テーマは「今後の働き方」

年齢的なことが多分にあるんだけど、最近ね、これをめちゃくちゃ考えてる。

f:id:onionpetas:20170516075657j:image

現在34歳。転職としてはラストチャンスなのか?適齢なのか?まぁ色んな見方はあると思う。

前回の紹介したキャッチコピーの「はたらいて、笑おう」に感化されたわけじゃないんだけど…。ただ、このキャッチコピーに対する自分のアンサーとしては、

「今はまあまあ笑って仕事できてる。ただ、10年後は笑えない可能性が高い

正直こんな感じ。

でね、どーしてこんな予言ができるのか?これにはワケがあるのです。

 

自分の職歴はこんな感じ

  • システムエンジニア歴11年
  • プログラミングより上流工程が得意かなぁ
  • 最新の技術・言語とかはついていけない…
  • コーディングよりパワポを使う時間が圧倒的に長い
  • 新しい提案とかお客さんと話すのが楽しい

書いてて改めて思ったけどエンジニアのくせに「プログラマー気質が非常に薄い」ってことは間違いないかなぁ。超文系だし。

ただ、なんやかんや同じ現場で11年働いてきた。(生き延びてきた)

でね、この「現場」ってところがボトルネックなんだけど、これが意味するところは「自分の会社じゃない」ってこと。いわゆる出向なのです。

毎日毎日ひとんちの売上のために汗水垂らしてるって感覚かなぁ。これって案外ツライもんです。

この業界だと結構フツーのことなんだけど、年齢を重ねていくうちにドツボにハマって抜けられなくなるのは目に見えてるんだよね。

どんだけ仕事で成果を上げても直接的なフィードバック(ご褒美)は無い。長年一緒に働いてる同世代のプロパー社員(出向先の社員)はどんどん出世していくしさ。

かたや、自社の人間は「なあなあ」で仕事をするタイプだから、仮に会社に戻ったとしても楽しく仕事はできそうもない…。うん。このままじゃ10年後は絶対マズイな。

楽しく働けなくなるってことだけは、何がなんでも避けたいんですよ!

 

そんな状況だから自ら動いてみた

f:id:onionpetas:20170516075656j:image

こーしたモヤモヤした気持ちはずーっとあって、打開策をアレコレ考えてたわけ。

で、5年くらい前から個人事業として、別の仕事を受けるようになりました。

もともとWEB制作やマーケティング周りの情報を集めるのが好きで、個人的にいろいろ実践してたんだけど、人づてに紹介をもらって「正式なお手伝い」をするようになったわけです。

で、人から人に紹介を繋げてもらって、今は確定申告しなきゃマズイよ!ってくらいの仕事になってる。運が良かった!

仕事としても一番興味がある分野だし、そこから収入が生まれてるってことが嬉しかったのね。

立ち上げ時のちっちゃい企業、飲食店、小売店とか、色んなところから打診があって、そーゆー道もあるよね!って感じはしてるのです。

 

でもね、

なんとなく決めきれない…。

このまま個人で身を立てられるの??会社にするの??

とか諸々の不安は拭えないわけです。ホント困ったよ。

 

現状のままだと何も変わらない

二足のわらじはやっぱり気楽。どっちかがコケても金銭的なリスクは軽減できるし。

システムエンジニアとしてはね、仕事自体に面白さとか新しい発見は少なくなってるけど、慣れ親しんだ環境だし居心地は申し分ない。

個人事業はやっぱり不安定だけど、仕事が純粋に面白いし「やり甲斐」的な感覚も芽生えてる。

ただ、これって裏を返すと完全にどっち付かず。このままズルズルいくと共倒れしそうだよね。

そろそろマジでこのままじゃヤバイぞ!

最近はこの言葉が頭の中でリフレインしてる。そして止む気配もないのです。

確かにずっと決断を先延ばしにしてた節はあったんだけど、もうタイムリミットが近づいてる気がしてならない。

そんなこんなで決めました。

ここらで働き方の方向性をバシッと決めますよ!

34歳になって、ようやく本腰入れて動き出そうと思います!

 

30代会社員が選択できることは何気に多い

一般的に30代って仕事面で一番脂がのってる時期だと思う。立場的にも責任があったりするだろうし、中間管理職みたいな役割を持ってる人も多いんじゃないかなぁ。

で、会社での責任とは裏腹にね、最近は人手不足だったりして社会でもそーゆー人材を求めてたりする。

冷静に考えてみると、ここで動き出すっていうのも選択肢としてアリなのでは?と思うわけです。

そんな選択肢をまとめてみました。

 

① 今の会社に残る

 f:id:onionpetas:20170516080638j:image

今の会社に残る未来を考えて「悪くない」と思える人は残るって選択が最適だと思う。それは良い会社です。

自分の場合、今は楽しいけどやっぱり10年後は厳しい。この選択肢はほとんど無いかなぁ。

 

② 同業他社に転職する

 f:id:onionpetas:20170516081113j:image

今の業種をそのまま他社で活かせるから仕事はすんなりシフトできそう。

今の仕事は続けたいけど人間関係が…とか、勤務体系が…とか仕事以外の面で変化を求めたい人はこの選択がいいかも。

自分もこの選択肢は残しておきたい。

 

③ 異業種に転職する

 f:id:onionpetas:20170516080957j:image

10年とか働いてて、いまさら全く新しい業者へ転職するとか厳しい…って思う人は多いけど、自分はここに魅力を感じる。

というか色んな業種を知りたいっていう「興味」のほうが勝っちゃうんだよね。100%仕事が活かせないわけじゃないし、飛び込んでみるのもアリだと思うなぁ。

 

④ 個人事業で身を立てる

f:id:onionpetas:20170516075918j:image

現状の給料と比べて2倍くらいの収入が見込めるなら挑戦する価値がありそう。プロブロガーとかもここに入るのかな?

やっぱ収入は不安定だけど、まとまった額の貯金があれば入りやすいと思う。

で、キャッシュポイントは多ければ多いほど安全。大口顧客とかアドセンス一本!とかは厳しそう…。

 

⑤ 法人を設立する

f:id:onionpetas:20170516080408j:image

「起業」って言葉だけを目標にして動くのはかなりイタイ。で?何すんの?誰のために会社つくるの?ってツッコミどころ満載。

個人的には「どんな人と一緒に会社を作れるか」ってことが一番重要だと思ってる。人をどんどん巻き込んでいく力がある人は向いてそう。

自分としては、この選択を最後に残してるんだよね。

ただ、機が熟すまでは備えあるのみ!ってくらいの気持ち。これが目的ってわけじゃないしなぁ。

 

まとめ

書いてて自分の気持ちもまとまりつつあるんだけど、②と③の転職系に関しては面接くらいはすぐできる。

まずは「どんなもんかね?」ってなくらいの気楽な感じで行ってこようかな。

ま、どんな環境でも「楽しく働く」ってことを優先して進めていこうかな。

進展があったらまた書きます!

ということで、今日はここまで!

【集めてみた】センスがいい電車広告のキャッチコピー10選

1日3時間。

これ、自分が電車で過ごす時間です。

しかも高確率でラッシュの超満員なもんで、ここんとこ話題の痴漢系のニュースに釘付けになってる。マジ怖いっす。

で、痴漢の話はさて置き、前から気になってたんだけど、最近になって電車での過ごし方ってだいぶ変わったよね。

なにより・・・

スマホいじり率がハンパないでしょ!?

もうさ、スマホいじってないほう逆に不自然って感じもある。何もしないでぼーっとキョロキョロしてるだけで変なヤツだと思われる節もある(言い過ぎか)

スマホいじってなくて、寝てなくて、本も新聞も読んでない人。2017年現在の電車事情でいうと超少数派だよね。こーゆー人が痴漢に疑わ・・・・。あ、いや、何でもないです。

 

ところで、電車内の広告って見る人いる?

自分はめっちゃ見るんだよね。(キョロキョロしないように)

広告に書いてある「キャッチコピー」が大好物なのです。ホント大好き。

基本キャッチコピーって企業とか商品を売り出す時に作るものなんだけど、たまにグッとくるものがあって面白いんだよね。

最近だとPERSOLって人材派遣会社の広告で「はたらいて笑おう」ってキャッチコピーを見たんだけど、うっかり転職したくなったもん。

f:id:onionpetas:20170514021032j:plain

 http://image.itmedia.co.jp/l/im/news/articles/1703/24/l_kf_woz_01.jpg

これね「最近仕事で心から笑えてるかな〜」とか考えさせられるじゃん。人材派遣会社のポスターとしてホント素晴らしいコピーだと思う。ウォズ(Appleの共同設立者)の表情もサイコーだし。

キャッチコピーとしてはかなりシンプルな部類に入るけど、メッセージ性もあってインパクトがかなり強い。センスあるなぁ。

ということで、今回は自分がグッときたポスターや広告のキャッチコピーを集めてみました。

シャレが効いててクスッと笑えるコピーから、深みがあって考えさせられるものまで色んなコピーがありましたよ!

それではいきます!

 

① 青春は、戻らないらしい 

f:id:onionpetas:20170514074934j:image

http://www.matchnews.com/

これは響くわ。説得力ある。

高校生が見たらシンプルに「がんばろ」って気にさせてくれるよね。ヤバイ!今しかないぞ!って。

 

② 快速は、ありません。どの街も、好きだから。

f:id:onionpetas:20170514081438p:plain

http://wa-h.jp/compe01.html

素敵でキレイなキャッチコピー。うん。愛があるね。

鈍行ってことをメリットに見せちゃうとこがスゴイ!ポスターデザインもインパクトがあるなぁ。

 

③ 愛をしようぜ。

f:id:onionpetas:20170514080619j:plain

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000019899.html

なんというか、行間がハンパねーです! 

特別キャッチーなフレーズは使ってないのに、この人が言ってるってことで意味深に聞こえるというマジック。

自分は電車で見て感動すらした。

 

④ ワキの甘い人は、たぶん全身甘い。

f:id:onionpetas:20170514081711p:image

シャレが効いてるキャッチコピー。ただこれは女性が見たらハッとするのかもね。

男性が見ても「なるほど、そう言えばあの時のあの子は・・・」とか思うのかな。

 

⑤ 逆に、ひらパー。

f:id:onionpetas:20170514082008j:image

王道のレジャースポットじゃなくて、こっちがツウでっせ!って言われてるような気になる。

謙遜してる感も出てるんだけど、しっかりアピールしてるとこも伝わってくる。バランス感がいいなぁ。

 

⑥ 日本一忙しい人は、マリオかもしれない。

f:id:onionpetas:20170514082115j:image

ぶっちゃけ何が言いたいのかわからないんだけど「確かに・・」って思わせる不思議なキャッチコピー。

それにしてもマリオが男前すぎる…。

 

⑦ 大正時代の乗物に、フツーは乗れん。

f:id:onionpetas:20170514082312j:image

口調がいい。

近所のじいちゃんから話しかけられて言われてるような感覚になる。

不思議な温かみのあるキャッチコピーで好きです。

 

⑧ 移動中 通知が来ても釣られるな

f:id:onionpetas:20170514083015j:image

お説教系のキャッチコピー。

釣られる魚はマヌケだぞ!って言われてるような気がしてくる。

「釣られるな」の「釣ら」だけ色を変えてるとこって意味あるのかなぁ?

 

⑨ 車内の平安物語

f:id:onionpetas:20170514083837j:plain

http://www.kintetsu.jp/kouhou/corporation/k_posuter/h28no06.html

これもお説教系。

パロディなんだけど、ここまでお上品にまとめられると「はい。気をつけます。」ってなる。

  

⑩ 天才はいない。

f:id:onionpetas:20170514082601j:image

勇気が湧いてくるキャッチコピー。

ひと言で色んな意味を含ませてるセンスが素晴らしい。芦田愛菜ちゃんの表情がキャッチコピーを際立たせてますね。

 

まとめ

こーやってまとめてみると、キャッチコピーって内容もさることながら「言葉のリズム」がめちゃくちゃいい。

一瞬でスッと入ってくるキャッチコピーが効果高いんだろうなぁ。ホント勉強になる。

ブログでも、記事タイトルとか見出しで参考になるし「ひと言で語る」ってやってみるとなかなか難しいもんです。

いや〜キャッチコピーは面白いなぁ。

ということで、今日はここまで!

サラリーマンはいつブログを書けばいいの?時間を捻出する方法を考えてみた

激務です。

もういい加減カンベンよ。時間がほしい。

100歩譲ってね、仕事が忙しいのはいいの。仕事自体が嫌いなわけじゃないし。仕方ないなって思えるわけ。

本当にツライのはそこじゃなくて、

ブログ書く時間がないのおおお!!

これがマジで堪える。

毎日ボディブローのように効いてなかばグロッキー状態。書きたい欲求が抑えられないのです。マイッタ。

GW明けからはホント残業続きで、朝は7時前に出発するんだけど、自宅に帰ってくるのが連日23時半!

いやいやいやいや・・・

これは試練なのか?

はてなブログのジンクスとか?いやそんなことはない。

ブロガーさんの中にはバッチリ仕事こなして颯爽と定時退社するプロフェッショナルな方もいらっしゃるはず。自分の仕事が遅いだけ。

仕事は仕事。ブログはブログよ。

よし、こーなったらその試練、受けて立つしかない!

f:id:onionpetas:20170511213751j:image

気合いを入れ直してブログ書くぞーーー!って昨晩23時半、家に着いたら急いで飯をかっ食ってね、そりゃあ書くさ!ブログ書きたいんだもん!

慌てて食いすぎて魚の骨が喉に刺さったんだけど、そんなこたぁ気にしてられない。もうね、鬼の形相で奮い立たせたわけです。

こっから、2時間で書ききってやるぅぅぅ!

 

・・・しかしながら30代の体力とこの世の現実はそんな甘くない。過信してました。

昨晩の顚末は、

  • ブログ書きながら寝落ち(そのまま朝を迎える)
  • 魚の骨はいまだに取れず
  • 不規則な生活で発症した口内炎が痛すぎる

これは試練なのか?

何回だって聞いちゃうよ。試練なんだね?うんうん、まぁキミの言い分も分かるよ。なかなか手厳しいんだね。

と、朝から気持ち悪い自問自答を繰り返しながら今日も仕事に向かいました。負けました。

 

ただね、なんやかんや言ってても時間は沸いて出てこない。ならば時間が無いなりに工夫しなきゃならんわけです。

で、前段がめちゃくちゃ長くなったんだけど、いま自分なりのブログ時間捻出法をめちゃくちゃ考えてて、それをまとめてみました。

昨日みたいな結果にならないように、この方法を徹底するぞ!

 

① 電車の中で書く

f:id:onionpetas:20170511214654p:image

自分のブログは8割方電車の中で書いてる気がする。ここだけは死守できる大事なブログ時間。

都内に通勤してるんだけど、ドアtoドアで1時間半くらいかかるからこの時間を使わない手はない。とゆーかこの時間がないと正直ムリ。

さすがにパソコン広げてドヤーってのは気がひけるし完全に迷惑だからやってない。ちなみにここまでの文章も完全に電車でフリック入力。iPhone様々です。

ただ画面覗かれたら完全に変なヤツだと思われると思う。吊革につかまりながら立って書いてるとたまにチラチラ見られてツライんだけど、ここが今自分の主戦場です。

 

② 仕事の合間に書く

f:id:onionpetas:20170511214901p:image

完全にデスクワークなもんで、仕事の合間に思いついたネタは即メモ帳へ。仕事のパソコンに隠しフォルダを作ってメモファイルをバシバシ入れてる。

ただ、まかり間違って取引先とかに添付しちゃったら大問題だからフォルダ階層のず〜っと奥の奥に保管されてる。

で、昼休みにコッソリ見ながら下書きを書きまくるという、これが日課になりつつある。

ただね、気づいたんだけどさ、

仕事たまってて残業してるのにこんなことやってたら本末転倒じゃん!

その通りです。それなら早く仕事片付けて早く帰れってなる。

だから、ここで書ける量はだいぶ限られるんだよね。あくまでもアイデア出しくらいかなぁ。

 

③ 家で書く(平日)

 f:id:onionpetas:20170511215102p:image

ほとんどの場合、家族は寝てるのでここは超集中でできるパラダイスタイム!

ただこの時間は残業時間によってくるところが大きい。前述のとおり最近はかなり削られてるし…。

だからね、できればこの時間が無くなっても書けるようになりたいって思うのです。(ここ重要!)

この時間はボーナスと捉えて時間ができたらやる。できなくてもクヨクヨしない。

この時間を使わないでブログ運用できたらなんとも素晴らしい。合間時間のスペシャリストになれるね。

ということで、この時間を極力使わないって方向で頑張ってみます。

 

④ 家で書く(休日)

f:id:onionpetas:20170511215007p:image

我が家に関して言うと、6歳未満の人間が2名いるんで日中の作業は極めて困難。集中できるわけがない。

だから、必然的に彼らがしりぞいた(寝た)時間帯に書くのが定石になるのよ。

あとは必殺技として近所のコーヒー屋に駆け込むって手段もあるけど、これは奥方の機嫌を損ねるので多用できない。(一勝一敗)

でね、ここぞ!と集中して書ける時間帯としては、休日前の深夜が鉄板だと思う。

ここでは、平日書けなかったボリューム記事を書いたり平日に向けたアイデア出しをしてる。

なんか下書きばっか溜まっちゃうんだけど、ここで出したネタが日の目をみることも多いから何気に重要なのかも。

自分の中では、体力が続く限り書きまくれる唯一の時間でもあります。

 

まとめ

今日は平日のど真ん中なんだけど、なんと!

①と②の時間だけで書ききることが出来ました!

初めてのオールスマホ入力です。電車サイコー!(ちなみに投稿ボタンは仕事の合間に押した)

仕事が忙しくてもブログが更新できるとホントに嬉しいもんです。

今回の方法はまだ試行錯誤中でもあるけど、当面こんな感じでやっていきたいと思います。

ブロガーさんによっていろんな時間捻出方法がありそうですよねー。

ということで、今日はここまで!

【スタジオジブリから学ぶ】「自分を捨てる仕事術」が面白すぎたので書評書きます

激務です。

GW明けから仕事が山ほど降ってきて朝から晩までてんやわんや。こーゆー時って「仕事術系」の本を読みたくなるのは自分だけ?

でね、今回はちょっと前に読んだ本をペラペラ眺めてて、書評なるものを書いてみようと思った次第です。初書評!

「自分を捨てる仕事術」っていう本なんだけど、これがめちゃくちゃ良い本なんですよ!

サブタイトルが、

「鈴木敏夫が教えた「真似」と「整理整頓」のメソッド」っていう、なんとも「?」が浮かんでしまうコピー。ただ、読んでみるとストンと腑に落ちる感じがして読後感も爽快でした。

で、この鈴木敏夫さんなんだけど、スタジオジブリのプロデューサー。あのメガネで無精ヒゲのおじさんね。

こないだも宮崎駿さんの新作映画が云々・・ってネットニュースになってたあの人です。(写真手前のおじさん)

f:id:onionpetas:20170509234442j:plain

自分はジブリが大好きでドキュメンタリー番組とかも必ずチェックするんだけど、この人はそんな番組にもほぼ100%登場する。

ジブリの顔。監督たちのまとめ役。総指揮者。総裁。社長。ゼネラルマネジャー。

平たく言うとね、

めちゃくちゃ仕事できる人!!

なんですよ。ホント仕事の鬼。

自分はかなりマニアなんで、この人のラジオとかも毎週聴いてるんだけどね、こんな話が上手な人めったにいないぞ!っていつも思う。 

前回の記事でも書いたんだけど、やっぱ人に何かを伝える能力って超重要だと思うわけです。

鈴木さん、ワイドナショー出ないかな…

doraku.hatenablog.com

 

肩入れ感ハンパないけどこの本は面白かったー

で、そんな人の「仕事術」とか言われちゃったらさ、もう買うしかないでしょ!ということで即買い。コンマ3秒で脊髄クリック!

書いてる人は、石井朋彦さんっていう元ジブリで現映画プロデューサー。

ご自身が鈴木さんから浴びた言葉の数々を仕事術としてまとめ上げた構成になってます。

鈴木さんの叱咤激励とか、いろんな事件に直面した時の攻防がストーリーになってるから面白くてスイスイ読めちゃう。この人の書きっぷりも心掴むな〜。鈴木イズムなんだろな〜。

ということで、この本でグッときたポイントをかいつまんで紹介してみますよ!

 

真似をする。そして、型から入る

あんな人になりたい!って思った時に、その人の「型」をどんどん真似をしようってこと。そう。めっちゃ表面的な真似

間違っても「考え方」とか「思考」から真似しないってことも書いてあります。

例えば、行動、服装、持ち物、話し方・・・こーゆーところを真似するのが大事みたい。

確かに、表面的なこと(フォーム)を度外視して、考え方や思考は知り得ないよね。

真似ってさ、なんかネガティブなイメージが強いけど、考えてみたらみ〜んな真似してる。だって自分以外の「人」との関わり合いの中からしか気づきってないし、映画や音楽、文学、絵画・・・なんでも自分以外の人が作り出したものだしさ。

みんな多かれ少なかれこういった見聞きしたものから影響を受けてるんだよね。鈴木さんも宮崎駿さんの筆跡を真似してるみたいだし。

◯◯さんのこの要素は参考にして・・・とかじゃなくて、とりあえずまるっと全部真似してみたほうが得るものも大きい。うん。確かにそうかも。

鈴木さんはこうも言っています。

真似を続けて、どうしても真似できないと思ったところが「個性」ということになる

なるほどなー。

どれだけ真似したって、元々持ってる個性は変わらない。「個性を磨く」とか考えるのは、目一杯「真似を堪能」した後なんだろな。

そもそも何も材料が無いところから個性なんて磨けないし!

 

能動より受動 

たまに「受動的な人はダメ」って言う人がいるよね。

でも、この本を読んでよくよく考えてみると「求められる→行動する」というプロセスは実に素晴らしいことなのかもって思えてくる。

これは、タイプがあるらしくて、ジブリのヒロインを例に世の中には2種類 の人間がいるとのこと。

・「耳をすませば」月島雫 → 「能動型」

・「魔女の宅急便」キキ → 「受動型」

なるほど。 小説家を志して突き進む雫は能動型で、魔女の血を引き継ぎ自分の能力を生かすために努力をするキキは完全に「受動型」。まるっきり正反対ですね。

世の中には、この2種類の人がいるって前提で、鈴木さんは「受動型」(キキ型)のほうが好きだと言ってます。

確かに「求められてない自分がやりたい仕事」をする人っているけど、そーゆー人に限ってありがた迷惑な人多いよなぁ。

逆に周りの要望を察知してから動ける人ってやっぱりスゴイ。うん。これだよこれ。

 

怒りのコントロール法

よーく考えたら、本当に怒らないといけないことって1年に2回くらいしかないとのこと。だから全部が全部同じテンションで怒ってたら持たないよって話。で、その怒りを10段階にランクをつけるってテクニックを紹介してます。

自分は仕事で怒ることってあんまり無いんだけど、年間で1回くらいはガツっと言うことがある。でもこれを言う前には、結構冷静に準備したりしてて、あんまり感情的にはならないんだよね。

そーゆー意味では、怒りのコントロールは出来てるほうかもなぁ。

ただ、ホント怒るのはパワーがいるし怒ったあとの消耗感がハンパない・・・。大切だってことも分かるんだけどね。

 

相手を引き込む話し方

これですよ!これこれ!!自分が知りたい情報!

で、ポイントは3つらしいです。

 ・話すことを3つに分ける

・すぐ本題に入らず、必ず「枕」から語り始める

・手や足の置き方、おなかへの力の入れ方、目線というフィジカルを使う

この時すでに3つに分けてるところがスゴイです。

話し始めに「言いたいことは大きく3つあります」って言っちゃうとこがミソみたいです。これ、3つなくても「3つある」って言っちゃうくらいがいいみたい。

で、これを言うと相手の中で話を聞く姿勢が変わるとのこと。はじめっから3つあるって分かると聞きやすくなるんだって。

でね、これ実はもう自分は実践中なんですよ。効果のほどはなかなか良いかもしれません!

なんかね、話す側としても3つあるって言うと自動的に整理して話がしやすいのね。

相手の表情とか見ると納得感は上々っぽいし!これができただけでも価値のある本でしたね。

 

で、次に「枕」なんだけど、これはやっぱり落語家さんが神です。って本でも言ってた。(神とはいってない)

この記事でも紹介したけど、自分が好きな枕を語る人はやっぱり柳家小三治さんと、柳家喬太郎さんだなぁ。

doraku.hatenablog.com

枕で盛り上がると本題がスッと入ってくるし。落語家さんが商談とかいったらバシバシ決めてきそうって真面目に思う。

 

最後にフィジカルなんだけど、目線とか声の出し方ってかなり大事だと思う。

魅力的に話す人って、声のボリュームを要所要所でコントロールしてたり表情とか目線のバリエーションが豊か。これは「真似」するしかないなぁ。

 

まとめ 

初書評やってみたけどなかなか難しいっす。

これもブロガーさんの書評記事の「真似」からきてるんだけど、まずは真似てみるってブログ運営でも大事ですよねー!

ということで、今日はここまで!

【月曜の憂鬱はワイドナショーが晴らす】ゲスの極み出演の心境を察してみた

「ワイドナショー」は毎週欠かさず観る唯一の番組。

キッカケは単純に松本さんの言及が聞きたくて観はじめたんだけど、最近はこれを観ないとスッキリ月曜日をむかえられなくなってる。なんかね、月曜への仕事モードにスッとシフトさせてくれるんだよね。

極端なことを言うとニュースの内容は何でもいい。

ニュースに対してゲストの人たちが「何をどう言うか」ってことに重きを置いてる構成だから、コメントに対する返しとか、アドリブでの立ち振る舞いとかが濃密に詰まってて観てるこっちにもヒリヒリ伝わってくるんだよね。

正直、あの現場の空気感は恐ろしいと思う。

一見、和気あいあいにしゃべってるように感じるけど、コメントに対しては相当シビアだし、番組の空気にハマらなかったゲストは淘汰される。

そんな感じで出演者はかなり厳選されてるから、キレのあるコメントにハッとさせられたり感銘を受けることもしばしば。コメントや言及の力を感じさせてくれるわけです。

これって、ネットだとはてなを筆頭にWEBメディア界隈でも大きな流れだし、ミニマムな話で言えば自分の会社で意見を求められた時なんかにも通ずることだよね。

悲しいかな人の評価って「何をどう言うか」で決まってしまうことが往々にしてある。

だからこそ、ワイドナショーを観ることで、

この現場に比べたら自分はゆっる〜い環境にいるから全然マシだわ!!

って思えるのよ。

仕事でやらかしちゃうくらいのことで、ヒーヒー言えてるなんて幸せだな〜って思うわけ。なんとも平和よ。

 

GW最終日は「ゲスの極み乙女。」川谷さんが出演した

f:id:onionpetas:20170507234809j:plain

で、そんな中のGW最終日。この方がゲストで出演してました。

これね、自分の感覚で考えるとあり得ないくらい危険な賭けだと思ったわけです。どっちに転んでもヒザ擦りむくだろうし、もしかしたら大怪我する可能性もある。

そんな中、バンドの活動再開を目前にしてワイドナショーに「出演する」ってトンデモナイ決意なんじゃないかなぁ。

まぁ、川谷さんの一連のニュースは褒められたことじゃないし、そのほとんどが彼に非があることだったと思う。

でも、そのことを自らワイドショー番組で話すってことはミュージシャンとしてプラスにはなりにくい。

そう。

全然ロックじゃない!!

でも、おそらく色んなことを全部ひっくるめて正直な自分を見せることを選択した。これは生半可じゃできないよ。

おそらくね、今回の出演は相当緊張もしてたと思うわけ。針のむしろだろうし…って。

放送では落ち着いてしゃべってたけど、当時は人間不信になるレベルで怖かったと思うし、かなり鬱憤は溜まってたはずだよね。日本中の敵みたいな風潮だったし。

でもね、

この人の打たれ強さはハンパねぇーですよ。やっぱり。

あんな状態で落ち着いて曲なんて作れないよ。常人じゃできない。

なんか観ててね、ここんとこは自分も見習うべきことかもしれないって思いました。

失敗なんて誰でもするんだから、それに正直に向き合って前を向く。

川谷さんの場合は失敗の規模が並大抵じゃなかったから、この切り替えるパワーも相当だったはず。

「ここでは潰れないぞ」って不屈の精神力があったんだろうね。うん。

アンタめちゃんこロックだよ!!!

コメントでも正直すぎるくらいベッキーへの気持ちを語ってたりね、器用さとかズル賢さが全然見えなかった。

ちなみに、この騒動で当時このバンド名を後悔してたって話には笑った。そりゃそうだよなぁ。

 

日曜はワイドナショーを観て月曜の仕事に備えよう 

自分は毎週録画して日曜日の夜に観るんだけど、この番組のおかげで月曜の憂鬱はだいぶ減った気がする。

笑いの要素がそうさせてくれてるのかもしれないけど、自分としてはもうちょっと違う感覚もある。

なんかね、この番組って正しいとか間違いとかじゃなくて、自分の言葉で意見を伝えられることの大切さを感じさせてくれるんだよね。

そー考えると、どんな立場の人でも自分の意見をしっかり持つことが強みになる。さらにそれを相手にキチンと伝えることで「良い仕事」ができるんじゃないかなぁ。

と、そんなことを考えると不思議と前向きになれるんだよね。がんばろってなる。

 

ちなみに最近のワイドナショーではネットニュースとかはてなの記事に対しても言及があったり、ホント面白い。ちなみに昨日はこの記事に言及してました。

anond.hatelabo.jp

 

まとめ

今、GW明けの満員電車でこの記事を書いてるけど、妙に清々しい気分。昨日のワイドナショーのおかげだと勝手に思ってる。

ありがとう!川谷さん!

不倫はしないけど、ちょっとくらいゲスになってみたい今日この頃です。

ま、ゲスになるのもシンドイよなぁ…。

ということで、今日はここまで!

【ギターの面白さって何?練習はツライ?】ギター歴25年でもやっぱり奥が深い楽器だと思う

ギターって楽器に触れてから四半世紀がすぎた。

今でもギターの奥深さに驚くことがあるし、ギターの難しさに翻弄されてる。ただね、やっぱり面白いからこれだけ付き合って来れたんだと思う。

 

ギターが家にやってきた

10歳の頃「X」と呼ばれる大人5人組が奇妙キテレツな格好で演奏してる姿をたまたまテレビで観たんだけど、純粋に「大人って楽しそうやん」って気持ちになったんだよね。

なかでも、肩から下げて手に触れると、ギュインギュイン音がする物体の正体が知りたくてソッコー近所の書店に駆け込んだわけ。

f:id:onionpetas:20170506174135j:image

ほほう。どうやら、これは「ギター」と呼ばれるものらしい。

それからというもの、ギターというおもちゃが欲しくてたまらない日々を悶々と過ごすことになる。と同時におもちゃにしてはとても高額であることも知るんだけど・・・。

親は「エレキギターなんて不良がやるもんだ」と古き良き時代を重んじる公務員だったから埒が明かない。(Xを見せたのは逆効果だったな)

ただ、あまりにも熱心にギターに取り憑かれてしまった自分をおもんばかって、親戚づてにフォークギターを譲り受けてくれた。

f:id:onionpetas:20170506174431j:image

これがギターにはじめて触れた瞬間。小学5年で10歳だったと思う。

で、早速教則本を手に入れてガチャガチャ試してみた。なるほど面白い。

はじめて弾いた曲は「四季の歌」。コードをジャカジャカ弾いて、「は〜るを愛するひ〜と〜は〜・・・」と歌った。うん。心地いい。

でも、絶対的に何かが足りないってことは薄々気づいてた。

そう。

全然ギュインギュイン鳴らないの!!

もらったフォークギターから出てくる音は「ポロンポロン」って行儀のいい音しか鳴らない。もうね、自分はギュインギュインさせたくてたまらなかったわけ

そこで自分は、当時まだ健在だった祖母にエレキギターという楽器の素晴らしさを懇々と力説。数ヶ月後には一本のエレキギターを手にすることができた。作戦勝ちである。

この日を境に自分とギターはニコイチみたいな状態になる。いつでも自分の懐にはギターがあったし、気持ち悪いくらいにギターと寄り添いまくってた。

 

ギターを知らない人はいないと思うけど

日本でピアノに次いでメジャーな楽器だと思う。しかもピアノみたいに図体がデカくないから何処へでも持ち運ぶことができる。 

ギター(Guitar):

リュート属に分類される弦楽器。指、またはピックで弦を弾くことにより演奏する撥弦楽器である。

クラシック音楽、フラメンコのほか、ジャズ、ロック、フォルクローレ、ポピュラー音楽など幅広いジャンルで用いられる。

ギターの演奏者をギタリスト(Guitarist) という。

また、エレクトリック・ギター(エレキギター)を単にエレキと呼ぶ場合も多い。

出典:ギター - Wikipedia

さすがウィキペディア。ものすごく簡潔でわかりやすい説明だなぁ。

自分が思うギターの一番の特徴って「むき出しの弦楽器」だってことなんだよね。

指板側に配置してある弦を手で抑えてもう片方の手で弾く。すべて直接手で弦に触れて音を出すから、ちょっとした所作の違いで出音にものすごい影響を与えるってことが特徴だと思う。

「Fの壁」とかね、ちゃんと抑えられないとそもそも音が鳴らないし、抑え方次第で出音にも個性が表れやすい。なんとも原始的な楽器だと思う。

それに対して、同じ弦楽器のピアノなんて「からくり弦楽器」って言える。鍵盤を叩くとあの箱の中に張ってあるピアノ線(弦)をハンマーがぶっ叩く構造。誰が押しても音が出る。同じ弦楽器でも対極にある楽器なんじゃないかな。

当時、ギターでちゃんと音が鳴るようになるまではホント必死だった。

もうね、最初は左手(抑えるほうの手)がボロボロになってたし、誰にも教わってなかったから不安もあった。ただ、それでもギターを諦めなかったのは、ちょっとずつ弾けるようになる感覚が気持ち良すぎたんだと思う。多分ドーパミン出っ放しだった。

 

ギターと共に過ごした10代はどうだったのか

高校1年ではじめてライブをして、高校を卒業してからはギターを本格的に習おうと某音楽学校へ入学。今振り返っても10代の自分はギターが生きがいだった。

ただ、ここまでくると単純に面白いってだけじゃ済まなくて、ギターを弾くことのツラさ、思い通りに弾けない歯痒さとか、正直いろんな感情も生まれたんだよね。

ライブで思い通りの演奏ができなかった時は悔しくて悔しくて・・・。そーゆー時はホント世界の終わりのような気分になってた。

ただ、それを一歩ずつクリアしている感覚はかろうじてあったから、ホントそれだけが救いだったんだと思う。当時は本当にギター演奏のレベルアップが何より幸せなことで、その他のことは二の次三の次。異常なくらいギターのことだけを考えて生きてた。

誰に言われたわけでもないのにギターをはじめて、自らが作った演奏合格ラインに苦しめられるという…。

もうね、この頃は修行僧のような面持ちでギターを弾いてたような気がする。

 

ギターが楽しくなくなった

そんなこんなで自分も「就職」という2文字を無視できない年齢になってしまう。

ギターを弾きながら生きていければ何よりって想いはあったけど、それを仕事にしようとするとテンションが上がらない。

良いギターの演奏と「お金」って全く比例しないし、世に出る売れっ子ギタリストを見ても、純粋にすごいとは思うけど、自分がそーなりたいとは思わなかった。

過去に数回ギターの演奏でお金をもらったこともあったけど、どーしてもシックリこない。そんな時、ふとギターを弾くことが楽しくなくなってることに気づいてハッとしたんだよね。

考えてみたら演奏自体も当たり障りのない演奏が増えてて、奇抜さとか面白味が極端に減ってた。ツマラナイわけだ。

で、そんな状況下でいろんな葛藤はあったんだけど、ギターとは関係のない仕事をすることを決めました。ギターは仕事以外で「楽しむ!」ってことにしたんだよね。

この時の決意はめちゃくちゃ悩んだんだけど、後になって考えても自分としては正しかったんだと思う。(思うようにしてる)

で、この日から今日までは、とりあえず「ギターを楽しむ」ってことを取り戻せてます。いや〜楽しい。

 

まとめ

f:id:onionpetas:20170506175540p:plain

やっぱりね、ギターにはじめて触れた時とか、ギュインギュイン鳴らせた時の感動はかなり大きかった。ホント楽しい楽器だと思う。

まぁ、どんなことでもそうだけど、追求しすぎたりお金とか色んな要素が絡むと、楽しいだけじゃ済まないよね。

ただ、自分にとってギターはあくまでも楽しむもので、それ以上でも以下でもない。

だって今でもギターめちゃくちゃ面白いもん!!

ギターって、その時の心理状況とかがハッキリ演奏にでちゃうから、長年一緒に演奏してる人とかには「今日どうしたの?良いことあったの?」とかすぐにバレちゃう。

ギターは正直。ホント奴には嘘つけない。

たまたま自分ははじめた時期が早かったけど、大人になってからギターに触れても絶対面白いと思う。自分みたいな遠回りはしないと思うし、自分も何故か大人になってからのほうがギターを弾く時間が楽しくなってる気がする。

それにギターは手軽に始められるけど奥が深い楽器。

練習はそれなりに必要だけど、やった分だけ上手くなってるのが手に取るようにわかるからホント面白い。

皆さんも機会があったら是非ギターに触ってみてください。

そして、今現在ギターを弾いてる人へ・・・

ぜひ一緒に弾きましょう!

自分はいつでもウェルカムです!ジャンルは何でも合わせます!お気軽にツイッターとかコメントでメッセージください〜!

テーマは「楽しむ」ってことなので、演奏レベルとか経験は気にせず音楽で遊びましょう。やっぱ合奏は楽しいですよ!

ということで、今日はここまで〜!

【あっという間に時間がなくなる】GWを有意義に過ごすための荒技

GWはのんびり過ごすと心に決めてた。

やりたいことがかなり溜まってて、もう秒刻みで動いてやるぞ!って気合い入れてたんだよね。

自分としてはこんな感じのToDoリストで挑んだわけ。

  • 読みかけの本をとりあえず読破する
  • ブログは毎日更新だ
  • はてなブロガーさんの記事を片っ端から読んだるぜい
  • ここらでギターをみっちり弾く時間をつくろ〜
  • 外食なんてするかい!GWこそ自炊で勝負したる

・・・と、やりたいこと一切合切がGW頼みでして、完全にインドアを決め込んでやったろうとしてたわけ。

ただね、この半分もクリアしてない。読者登録してる人の更新ブログしか読めてない。なんか通常のウィークデイとか休日より全然時間が取れてない気がするわけです。

そんなこんなで、GW3日目を終えようとしてます。何故なんだ・・・。

 

天気が良すぎる

f:id:onionpetas:20170506012502j:image

これは大いに関係してると思う。天気が悪ければ外に出る機会も減るし、インドアを決め込むことに何の罪悪感も持たない。

今年は、なまじっか天気が良すぎるんで家にいることが許される状況じゃなかったわけ。

この天気のせいで家族は次々に予定をぶち込んでくる。今日なんて超満員の公園でBBQに勤しんでた。炎天下で死ぬほど疲れたよ。

まぁ、BBQ自体は好きなんだけどね、わざわざ激混みのGWに突っ込むことはなかったと思う。

埼玉県の「秋ヶ瀬公園」ってとこに行ってたんだけど、もう人人人人人人人・・・・犬犬・・。

こんなにも人類はBBQが好きなんだって思うくらい、どこもかしこも肉焼いてるわけです。(ウチも負けじと焼いたけど)

めちゃくちゃ広い公園なんだけど、ちょっとした祭りレベルで人が集まってて驚愕しました。

なんつーか、公園全体が肉臭い

もう至るところで煙が上がってんのね。ホントに異様な雰囲気ですよ。

場所取りとかも結構大変で、人気の「木かげポイント」なんかお隣さんとの距離感が明らかにおかしい。近すぎる。

そんな状況なのに、ちょっとしたスペースでバドミントンとかおっぱじめる輩もいるし、その羽が四方八方に飛び回っててね、それを誰かん家の犬が追いかけ回すという・・・もはやコントのような賑わいでした。

長居は無用ということで昼過ぎには撤退してきたんだけど、通常のBBQと比較して既に2.8倍の疲労度を感知してます。

木陰でのんびり本でも読めるかな〜・・なんて淡い期待も少しあったんだけど完全に甘かったね。

 

ブログ1記事の分量がよくわからない

そうは言ってもGWにもメリットはありました。

GWは早起きする必要がないってこと。

今の自分にとって、これが一番のメリットかもしれない。

だから日中は家族の予定でアッチコッチ出掛けても、夜〜夜中は自分の時間が作れてる。

ただ、さすがに夜中ギターは鳴らせないからほぼほぼブログを書いてました。

でもね、今ちょっと気合いの入った記事を書き進めてるんだけど、これがなかなか難儀してるのです。

あっという間に5,000文字とか超えてて、まだまだ終わる気配がないという…。

GWは毎日更新しようとしてたんだけど、こいつだけに時間を取られてて全然更新できなかったわけ。これはちょっと考えものだな。

ちょっと話が逸れるけど、ブロガーさんって1記事に対する分量とか時間配分ってどうやって決めてるんだろ?

記事ごとにボリュームの大小って絶対あると思うんだけど、時間かかりそうな記事がある時って並行して他の軽めの記事を更新したりしてるのかな?

そーゆー時の為にストックから更新したりとか?

自分としては可能な限りストックは使いたくない派なんだよね。なんか新鮮味が薄れて自分の中で投稿するテンションじゃ無くなっちゃうしさ。難しいもんです。

うーむ。まだちょっと更新のペース配分が掴みきれないんだけど、色々試行錯誤しながらやってくしかないな〜。

ということで今回は気分転換に別のテーマで書いてみたわけです。

 

GWって無駄な時間を使うことが多い

やっぱGWって通常の休日とはリズムが全然違う。

人の流れも違うからその影響も受ける。

その筆頭が「渋滞」「待ち時間」、この二つに振り回されて、時間を無駄にすることって多いと思う。GWはそれが顕著だよね。

自分としてはこの無駄さ加減がどーしても耐えられない。

渋滞って運転してるとできることが「運転」しか無いから、めちゃくちゃ損した気分になっちゃう。

混んでるお店のレジ待ちとかも同じで、ぼーっと待ってるだけ。この二つが究極のストレスなのです。是非ともここは最小限に抑えたい。

で、そんなことを思ってて色々と対応策を考えたわけです。

まぁ、かなり個人的な方法なんで参考になるとこは少ないかもしれないけど、今年のGWでやってみて成功(?)したことをちょっと書いてみますね。

 

GWで時間を無駄にしない荒技

① オーディオブックの多用

どーしても避けられない渋滞はあるもの。これは仕方ない。

で、運転中にオーディオブックを聴いてみたんだけど、これがなかなか良かった。

最近は小説でも「いい声」で読んでくれるコンテンツが増えたし。

これは大発見!

 

② GWは買い物しない

究極のレジ待ち回避策

シンプルに買わなきゃいいだけよ。まぁ現実的には難しいこともあるけど、食品はGW初日にまとめて買ったり、ちょこちょこ工夫してたら意外にストレスを感じることが少なかった。

あとは、セールとかに行きたい気持ちはグッと抑える。セール後、仮にお目当の品が高くなったとしても「時間を買ってる」ってことで納得すれば良し!

ちなみにコンビニに行かなくなったことも良い感じで作用してる。

doraku.hatenablog.com

 

③ 自転車をフル活用

こんな考え方だからGWに遠出するなんて考えは毛頭ないわけで、そんなに行動範囲は広くない。ならばと、ちょっとした外出くらいなら車じゃなくて自転車で行ったほうが・・・と思って試してみた。

これ、やってみるとなかなか気持ちいいのね。この季節の自転車行動は気持ちが穏やかになる。もちろん渋滞知らずだし。

なかなか日中に自転車漕ぐ機会ってなかったんだけど、これはいいもんです。

 

④ 深夜に活動する為の昼寝

これね、そもそも昼寝自体が非効率っぽいけど、30分寝るだけで体力がだいぶ戻る感覚があった。(若い人は問題ないか)

ただ、家族がいると完全に独りよがりにはなれないから、ちょっとだけ寝させてもらって深夜にひとり時間を確保してるわけ。(今まさにココ) 

 

⑤ 外食は控える 

混むでしょ。GWはどこもかしこもホント混む。

席に着くまで待って、料理が出てくるまでの時間もやっぱり遅め。そんなら家で作って食べたほうがストレスフリーでご満悦なわけよ。

ただ、せっかくの休みなのに全部が全部自炊ってのも疲れちゃうんで、ラーメンとか回転がはやいとこはオススメ。

 

まとめ

ということで、残り2日となった2017年のGW。

今年はこのブログに助けられたことも多かったな〜。

残り2日も、

今週のお題ゴールデンウィーク2017」としては、

時間を存分に使いこなす!というテーマで頑張ります。

ということで、今日は終わります!

【ナポリタン好き集合だ!】パンチョって店が美味すぎて6年通ってる話

いや、伊東じゃなくてね。(若い人は知らんか…)

パンチョって名前の都内に何店舗かあるナポリタン専門店なんだけど、この店ね、マジで沼

もうね、1回食べたら「病み付き」って言葉じゃもう足元にも及ばないくらいの食べたい病が発症するナポリタンなのです。

確実にリピートする禁断のスパイスでも入ってんじゃねーの??って思うくらいの危険度。

もうね、自分はこの沼から絶対這い上がれない。

いい加減食べ過ぎだなって思ってさ、過去に何度か「離脱」に挑戦したんだけどね、あの魅惑的なトマトソースと極太麺が絡み合ってる記憶がさぁ、これを見事に打ち砕いてくるわけ!
なんなんだろう、あの症状は。

なもんで、もう離脱なんてとっくに諦めたよ。

一生パンチョとともに歩んでいくことを固く決意したわけです。そう。無理は良くない。

だってさ、

パンチョ食べるのマジで幸せだから〜!

【ご注意】

皆様におかれましては、もし万が一にもパンチョに行かれる場合、この店が「沼」であることを深く認識し、当記事の症状に立ち向かう強い志を持ち合わせているか、または、パンチョの虜となった上で通い詰めることが可能であるか、深く検討を重ねた上でご来店されることを強くお勧め致します。

 

で、どんなパスタなんじゃい!!

これです。

 f:id:onionpetas:20170502081622j:image

もうさ、チーズのとろみがハンパなくてピントすら合ってない。(焦って自分の手も写り込んでるし)

こいつがね、ヤバイやつなんですよ。

写真のメニューは「ナポリタンチーズ」ってやつで名前のまんまなんだけどね、自分は完全にこれ一択でございます。マジで美味い。

こいつが6年ものあいだ腹を満たし続けてくれたわけです。すでに最愛の恩人だね。

で、パンチョって麺の量を選べるんだけどね、こんな構成になってるの。

  • 小 : 300グラム (標準)
  • 中 : 400グラム (大盛り)
  • 大 : 600グラム (超特盛)

 てゆーかさ、

なぜ500を飛ばした!?

まぁパンチョの心意気なんだろう。

ただ、普通の店の大盛り感覚で「大」とか注文しちゃうと確実に痛い目にあうよね。

で、6年前(パンチョ初心者)の自分は「中」で慣らして、3回目の来店くらいから「大」にした。

今は「大」じゃないと物足りないってくらいのレベルに達しております。(まいったか!)

これね、一度でも「大」を食べてしまったら、もう普通の生活には戻れない。常に頭の片隅には「パンチョ」って気の抜けたカタカナが漂う生活が始まるから。

 

キッカケは突然やってくる

午後3時くらいにね、仕事がひと段落してくるとひょっこり頭の中でパンチョが呼びかけてくる。

・「今日パンチョじゃね?」

おうおう、きたかきたかと冷静を装いつつ頭の中では、

・「パンチョ食いてぇぇぇ」

 てな具合で仕事の集中力が極端に落ちる。

これはマズイ。早く決断しなければ。

・「前回パンチョ行ったのいつだっけ?」

前回のパンチョ日から今日までの日数を最速で計算する。(これが最優先の仕事となる)

・「おし!一週間経ってるぞ!今日行こう!」

さすがに週2回は行かないという謎の自分ルールがあって、これをクリアしてることを確認する。

ここで、クリアの場合は

・「今日パンチョ日にします!」

と、丁重に家に連絡して定時で帰れるように仕事を高速で片付ける。すべてはパンチョのために。

 

この流れを毎週やってるわけですよ。6年も。

完全にパンチョの手のひらで転がされてるのは承知の上。自ら転がってる節もあるけどね。

ちなみに今日はパンチョ日じゃないんだけど、ここまで書いてて禁断症状がヤバイです。

 

パンチョのナポリタンを美味しく食す方法

f:id:onionpetas:20170502195244p:image

ここまで読んでパンチョ行きたいな!って思った人がいるかはかなり微妙なんだけど、まかり間違って行くことになった場合の心得を一応書いておきます。

 

怖がらずに来店しよう

パンチョの店舗は「地下」が多い。

御徒町、池袋、渋谷、新橋、と自分が行ったことのある都内の店舗は全部地下。(大宮だけ唯一路面店)

繁華街の一角にパンチョへと続く下り階段が突如現れるんだけど怖がらなくて大丈夫。

そこを下れば昭和の香りすら感じる佇まいのポップな内装が見えてくるはず。

 

食券なので事前にメニューを確認しておこう

自分はナポリタンチーズ一択なので、迷うことはないけど、実はパンチョはメニューも豊富。

 f:id:onionpetas:20170502193139p:image

公式WEBサイトには、自分も知らなかったメニューがたくさんあるので、これを来店前に覗いておくことをオススメする。

【公式】ナポリタン専門店 スパゲッティーのパンチョ | ナポリタン専門店 スパゲッティーのパンチョの公式ホームページです!

 

麺の量、最初は「中」がいいよ

大食いに自信がない人は、初めから「大」はやめておきましょう。(たぶん食いきれない)

「中」でも多いくらいだし、絶対パンチョは裏切らないから〜!!

 

紙エプロンを使おう

これなしで食べると十中八九やられます。(服が汚れる)

特に紙エプロン付けずに白いワイシャツで食べるなんて愚の骨頂。絶対付けてね!

 

まとめ

いま読み返してて、一抹の不安がよぎってるんだけど、このまま投稿しちゃいます。

こんなにまとめにくいまとめもないんだけど、ひと言で今回の記事をまとめると、

パンチョ美味しいよ

ってことです。

皆さんもぜひ!

ということで、今日は終わります!

 

【ブログ開始1ヶ月のアクセス数】はてなブログ運営で気づいたことを語るよ

GW突入!!みんなテンション上がってるのかなぁ?

自分はこよみ通りの出勤なもんで、仕事頭が抜けきれないんだけどさ。(明日も仕事・・)

ただね、そんなこたぁ別にどーだっていい。

そう。今月はじめたこのブログがね、

めちゃくちゃ楽しいから!

いや〜はてなブログってすごいね!

書くのはモチロン楽しいんだけど、はてなブログを書いてる人の記事を読むのもめちゃくちゃ面白い

みんな色々考えてるんだな〜って感銘を受けたり、シンプルに笑える記事を読むとハッピーな気持ちになれるし!

もうね、サイコーです。

ネットっていろんな入口があるけど、検索から興味があることだけ読んでても絶対知り得ない情報って山ほどある。

自分は文章を読むのが大好物なので、自分が知らない分野の話とか新しい思考に触れられるはてなブログに大感謝なのであります!ありがとぅ!!

そして、はてなブログの世界に飛び込む決意をしたあの時の自分を

全力で褒めてやりたい!

あの決意は間違ってなかったよ!万歳!

 

このブログについて

 f:id:onionpetas:20170501004706j:image

はじめたのは、4月9日って中途半端な日で、まだ記事も10個とかの超々弱小ブログ。(更新は2日に1回くらいかな)

ただね、読者登録なんぞも多くの方からしてもらってね、ブクマももらえたりね、とっても嬉しい気持ちに浸っております

読んでくれるって幸せですね。

むかしWordPressで仕事関連の記事を書きまくってた時期もあって、それなりに読まれてたんだけど、そーゆーのとは全然喜びの種類が違う感じ。

このブログは特に専門ジャンルに絞って書いてるわけじゃないし、お役立ち情報で勝負するようなコンテンツじゃないのに読んでくれてる。

ホント嬉しい限りです!大感謝!

記事書くのってそれなりの時間かかるし、こんな記事でも地味に頭使うんだよね。

まぁ、効率的に書こうなんて思わないんだけど「気合い入れて書いたぞーー!」って時に、読者さんに内容が伝わってる感じがあるとメチャクチャ報われた感じがするわけです。

これがブロガーとして至上の喜びなのかもなぁ。

ただね、もう少し更新頻度は上げたいなぁーって思ってる。

たまに1〜2時間で記事を書くって有名ブロガーさんがいるけどホントにすごいよね。(自分は平均して3〜5時間はかかってる。遅っ!)

みっちり詰まったコンテンツをサクって書き上げちゃうのはなんなんだろ。才能なのかなぁ。

自分も慣れてきたら更新頻度はもっと上げたい。

ただね、更新だけを目的にしちゃうような効率的でうっすーい記事は書かないように気をつけなきゃなぁ。それじゃ自分も楽しくないし。

 

はてなブログ運営で気づいたこと

と、前段が長くなりすぎましたが、はてなブログ超初心者の自分がこの1ヶ月(弱)で、気づいたことをまとめてみました。

自分と同じくらいの初心者はてなブロガーの方と交流とかできたら嬉しいなぁ。

もちろん先輩ブロガーさんからも叱咤激励コメント頂けると喜びます。

それではいきますよ!


はてなブロガーさんの記事が面白すぎる

f:id:onionpetas:20170501005455p:image

今まで「はてなブックマーク」のサービスは使ってたんだけど、あれってブクマされた一般記事も結構上がってくるじゃん。(ビミョーな炎上案件も多いし・・・)

だけど今は面白いブロガーさんをバンバン読者登録したり、面白いブクマコメ書いてる人のブログを覗いたりして質の良い文章に触れる機会がかなり増えた。

なんかね、WordPressとか他のサービスを使ってる人の記事よりも説得力がある気がするんだよね。(偏見かな?)

ただ、一つだけ言い切れるのは、他のブログやWEBメディアの記事を書いてる人より「楽しんで書いてる人」は絶対多いと思うな。

これがはてなブログが心地いい一番の理由かもしれない。

ちなみに最近読んでハッとしたはてなブロガーさんの記事はこちら。

www.bunselfrealization.com

常日頃思ってたことを、ことごとく代弁してくれてるような気がして共感しまくった。

この記事を読むと「大切なこと」の優先順位を整理できる。

 

manato-kumagai.hatenablog.jp

「賢者のエントリーシート」は腹抱えて笑った。

なんかね、才能が噴きこぼれてて怖いくらい。すごすぎ。

 

www.yuasayo1013.com

電車の中での壮大なストーリー。面白すぎる。

自分はまさに電車の中で読んでたんだけど、なぜかスマホを覗かれないようにキョロキョロしてしまった。

 

www.kana-ri.com

1ブクマあたりの平均PVを「PVB」と新しい指標を定義した分析記事。

はてなブログを運営する上でこの数値のバランスを見ることってかなり大切な気がする。

 

ブログが書きやすい

f:id:onionpetas:20170501005241j:image

「下書き機能」がお気に入り。
なんかね、むかしはEvernoteとかクラウドサービス関連で下書きを推敲して・・ってやってたんだけど、最終的にまたブログ編集する時に画像だ・・動画だ・・ってめんどくさかったわけ。

で、はてなブログは下書き機能があるから「そのまま書いちゃえ」ってしてみたらさ、すんげー楽チンになったんだよね。

今まで途中で落ちたりしたことないし、仮に落ちても復元とかかなり充実してるっぽいから安心だし。良いことづくめ!

スマホアプリのはてなブログエディターも使いやすくて、最近はスマホで書くことも多くなった。(iPhoneの電池がもたない・・)

リンク貼る時だけ埋め込み型が貼れなくて不便だけど、その他は処理のレスポンスを含めてかなり素晴らしいと思う。本当にサクサク動くよね。

 

ブログ立ち上げ時のアクセス数が良い感じ

f:id:onionpetas:20170501005740p:image

これはホントすんばらしいですわ。

WordPressなんて立ち上げから最低30〜100記事くらいまでは修行僧のごとく記事を貯める苦行をしないといけないし。それが全然楽しくない。(誰も読んでくれないから)

そこを乗り切ると検索流入とかも増えてくるんだけど、そこまでが結構キツイんだよね。

その点、はてなブログは「はてなスター」とか「読者登録」の仕組みがあったり、何より「ブクマ」のパワーは絶大。

WordPressブログよりブクマが付きやすくなるってだけでメリットは大きいと思う。

で、これが自分のアクセス解析なんだけど、ブクマが付いた記事を書いた日だけピョンって飛び出してる。(4/25・4/29)

f:id:onionpetas:20170430234559p:plain

読者さんの存在とブクマに助けられて多くの人に読んで頂けました。

開始1ヶ月弱で、これだけのアクセスを頂けたってことで自分としては非常に嬉しい限り。本当にありがとうございます!

5月は次なるステップに向けて頑張っていきますよ!(月間3,000PVが目標かな!)

 

まとめ 

ということで、

今週のお題ゴールデンウィーク2017」に関していうと完全一択。

ブログを書く、そして、

はてなブログを読みまくる。

これに2017年のGWを捧げたいと思う。

読みたいブロガーさんの過去記事とか読みはじめるとフツーに楽しくて時間を忘れるしさ。読みたいブログが多くて幸せだなぁ。

で、最近は、

はてなブロガーの先人」たちの影響を受けまくってやろうじゃないか!

オリジナリティなんてそのあとだ!

まずは楽しんでもらえるように色んな工夫をしていこー!

・・・とかそんなことばっか考えてる。

はてなという郷に入ったからには、郷に従いまくっていきたい所存。

まだまだ書きたいテーマは山ほどあるし、下書きが山のように溜まってるんだけど、楽しみながらコツコツやっていきたいと思います。

ということで、今日は終わります!

【男の宿命】30代からの清潔感事情は実にシビアかもしれない

告白します

自分は生まれてこのかた、

「人に見られてるって感覚が絶対的に足りてなかった」

1980年代にこの世に生まれ落ちてから、ついぞこの感覚を欠落させたままユルユル過ごしてたんだけどね、

最近、ようやっと理解した。

うん。何気かなり見られてるぞ、と。

これ別に自意識過剰で言ってるわけじゃなくてね。

何も言わない人が多いから気づきにくいんだけど、思いのほか人は自分のことを見てるようだったわけ。

自分が思ってた「見られてるレベル」とね、人が「見てるレベル」の格差がハンパございませんでした。ええ。

別に興味を持たれてるってわけじゃなくて、ただなんとなくでも見られてるもんなのね。

見るってさ、そりゃまー人間の基本動作で気楽な行為だし、見る対象の好き嫌いなんて基本カンケーないわけじゃん。

むしろ言動や風貌が理解不能みたいな人のほうが興味本位でジロジロ見たりするし。

ま、よく考えたら自分もいろ〜んな人のこと見てるしな!

そう。

こんなね、人間界でいったら超初級クラスの教訓にワタクシつい最近気づいちゃったのです。

で、是非ともこの気づきは残りの人生で最大限活かしたい!そう意気込んでいる所存なのです。

 

キッカケ

f:id:onionpetas:20170429083459j:image

キッカケはあれよ、実はさ、こないだ同僚(男)に言われたんだよね。

「ワイシャツの胸ポケットにホコリたまってるよ」

って。

正直さ、

ソコ見るぅぅぅぅーーー??? 

どーでもよくねぇぇーーー???

って咄嗟に思ったんだけど、冷静に考えてみたら「あ、こんなトコも見てんのね」って。

正直言うと、朝着る時にホコリたまってるのは気づいてたんだけど、別に誰も見ないだろ〜ってな判断でほっといたの。

たださ、よく考えてみたらその感覚って「危険」よね。

特に30越えの男はダメ。

気をつけ過ぎるくらいにならないとヤバイと思い直した次第です。

たまに、電車とか会社でいるじゃない。

「不潔」って形容動詞が歩いてるようなオジサン。近寄るとシンプルにすっぱい人よ。(匂いが)

あーはならん!

わしゃ、あーはなりとーないぞ!

、、、と心を入れ替えました。 

見られてるって感覚がない人は、歳を重ねていくと「ある意味」で近寄りがたい人物になるんだと深く深く理解したのです。

もうね、これまでの感覚が超ド級の大誤算だったと、昨日までの自分に往復ビンタをかましてやりたい。

 

宣言します

2017年、オニオンは人に見られていることを肝に銘じ全身に清潔感を漂わせる男になる。

決めた。もう言っちゃったからやるしかない。

ということでまずはネット上の「清潔感」関連の記事を読み漁ることに。

で、調べてみるとね「清潔感」に関連する記事って滅茶苦茶多いことに気づきます。

toyokeizai.net

nikkan-spa.jp

oshare-mind.com

女性は特に清潔感を重要視してるようですな。

フムフム。なるほどね。

ただなぁ、わしゃー別に清潔感でモテてぇわけじゃねーんじゃ!

シンプルに不潔オジサンになりたくねーんじゃ!

なんか「清潔感 ≒ モテ男」みたいな構図になって紹介されてるのがいけ好かないんだけどさ、まぁ許そう。良いこともたくさん書いてあった。

ただまぁ、ねぇ。誤算でモテてしまうのは仕方ないな。うん。

とっても参考になりました。

 

いざ!清潔メンになったろじゃないか!

ということで、これからの生活でマストにしていく清潔プランをまとめちゃうぞ!

① 風呂は毎日入るぞ

f:id:onionpetas:20170429084450p:image

あ、いやこれは今も毎日入ってるよ。

ただ、365日を母数にしたら350日くらいかな。

激務で疲れ果ててる時とか、休み前の深酒でドロドロになってそのまま寝ちゃう時もあるからさ。

まずは、これをゼロにする。何がなんでも入るぞ!

特に髪の毛は毎日入らないとやっぱ汚いし。

風呂って清潔感の「最低条件」みたいなもんだよね。

 

② 髪は2ヶ月に1回切るぞ

 f:id:onionpetas:20170429084458p:image

まずは切る頻度。これだよ。

髪型はとりあえず今のままでも定期的なカットに意味がある。

今は3ヶ月に1回だったからなぁ。(やばいよなぁ)

ここを乗り切れるとかなり大きいと思う。

 

③ ワイシャツはアイロンをかけるぞ

f:id:onionpetas:20170429084530p:image

実はね、ワイシャツをクリーニングに出す習慣が皆無なのです。

だいたい形状記憶だし家で毎日洗濯してるんだけど、やっぱり細かなシワは残っちゃう。そこでアイロンの登場。

アイロンがけって嫌いじゃないんだけど毎日はできなかった。

これは是非とも習慣にしようじゃないか。

これをすれば、ポケットのホコリも自然に掃除できるじゃないか。

やってやろうじゃないか。 

 

④ インナーシャツは綿100%一択だぞ

f:id:onionpetas:20170429084538p:image

暴露しちゃうんだけど・・・

流行りの速乾系のシャツあるじゃん。あれ・・・臭くない?

もしかして自分だけ?たまに生乾きみたいな臭気を感じるんだよね。

ただ、綿100%のシャツだと100%臭くない。

だったら100%綿を着るべきよ。

100%そーすべきよ。

 

⑤ 靴磨きは週1でするぞ

f:id:onionpetas:20170429084546p:image

今はだいたい月1ペースかな。

靴磨きは楽しいんだけど、結構時間かかるし時間が取れなかったりすると後回しになっちゃう。それで結局ペースが上がらない。

だったら「かるく」でも磨こうかな。これ大事よね。

いつもガッツリ1時間以上磨いてるんだけど、たとえ15分でも磨くこと。

これができると革靴も長持ちするし一石二鳥だ!

 

⑥ 食後の歯磨きを徹底するぞ

f:id:onionpetas:20170429084556p:image

正直、外出中はなかなか歯が磨けない。

歯ブラシ持ち歩いてるわけじゃないし、そもそも習慣がなかった。

ただ、会社のトイレはいつも昼磨きの人が溢れてて、なんか後ろめたさと憧れの合いの子みたいな気持ちはあったわけ。

ということで、挑戦してみます。

 

⑦ スーツはワンシーズンでクリーニング出すぞ

 f:id:onionpetas:20170429084606p:image

忘れずに出せばいい。

そして、忘れずに取りに行けばいい。

それだけ。

 

⑧ ヒゲを剃るぞ

f:id:onionpetas:20170429084658p:image

これはホントに苦手。

ここ数年はいつも無精ヒゲが生えてる。

「ヒゲ生やしてるんだ〜」って言われることも多いんだけど、実際はちょっと違う。

ただ生えてるだけ。ノーメンテ。

自分にとってこのハードルは非常に高いんだけど、ここは負けてられない。

しっかり剃りまくってやる!

 

⑨ 柔軟剤を吟味するぞ

 f:id:onionpetas:20170429084705p:image

オーバー30男のコロン臭がとっても苦手なので、自分はそんなの絶対につけられない。

基本的には「完全無臭の男」を目指したいんだけど、柔軟剤には興味がある。

なんかいい匂いの人も多いよね。

ただ、このジャンルには無頓着すぎてダウニーしか知らないレベルなもんで、30男に適した柔軟剤を開拓してみようかな。

オススメとか教えてくれると喜びます!

 

⑩ 服のメンテナンスを心がけるぞ

f:id:onionpetas:20170429084748p:image

服を買うのは好き。ただ、服の手入れが苦手。

典型的な不潔思考だよね。

ほつれとか、毛玉とか、色落ちとかね、洗濯だけじゃ気づかない部分はちゃんと確認して、しかるべき対応をするようにしないと相当みっともない。

ちょっと前なんだけど、脇の部分に穴のあいたセーターを半月以上も気づかず着ていたことがあったわけ。

これは清潔感云々もそうだけど、大人としてもイタイよね。

はい。承知しております。頑張りますよ。

 

まとめ

ということで、かなり基本的なことばっかになっちゃったけど、このポイントは最低ラインで守ろうと思う。

で、書いててわかったんだけどね、結局は清潔感の最大の敵って「メンドくさい」なんだよね。

これに打ち勝てばほぼほぼ清潔感を手に入れることができるんじゃないかな。

f:id:onionpetas:20170429091422p:plain

男って普通にしてても年齢とともに不潔予備軍に足を突っ込みかける。

だからまぁ、ちょっとくらいシビアになってもバチは当たらんと思うわけです。

まわりの人が不快な気持ちになるのは嫌だもんね〜。

自分の中で、2017年のテーマが決まったので取り急ぎご報告まで。

ということで、今日は終わります!