道楽じみている

道楽じみている

思いつきを深掘りする雑記

ベースが聞こえない?そんな人でも感動する素敵なベースライン楽曲7選

先日、妻とApple MusicやらYouTubeで「ひたすら音楽を聴く」って遊びをしました。

ちなみに妻はかつてメロコアバンドの追っかけをしたり「AIR JAM」という音楽フェスに行くような人だったんだけど、今は音楽から遠ざかった育児奮闘ママ

ちょっとでも音楽への愛情が戻ってほしいという切なる想いで企画した遊びです。

 

妻「懐かしい曲聴くと若返るね」

オニペタ「でしょ!やっぱ音楽聴くとテンションも上がるし」

妻「あっ!この曲いい!」

オニペタ「そうそう。このバンドはベースがカッコイイよね」

妻「え??どれがベース?

オニペタ「この『トゥルー、トトゥントゥールー』ってとこだよ」

「は?全然わからないんですけど」

オニペタ「お、おぅ。そっか…。ちなみになんだけど、今までベースの音って聞こえたことある?」 

妻「う〜ん、ないかも。そもそもベースっているぅ?って思ってた」

オニペタ「・・・・」

・・・と、こんなやりとりから、そのあと妻にベースの音を必死でレクチャーするという出来事がありました。

ただね、ふと考えてみたら自分も「ベースが聞こえなかった日」の思い出が蘇ってきたんですよ。

ベースが聞こえない問題

遡ること25年。

自分が小学4年生の頃愛読していたのは「バンドやろうぜ(通称:バンやろ)」という雑誌。

そして、その頃は何より「速くて激しい」音楽を聴くことが楽しみでした。初期のエックスとかメタリカとか。

で、得てしてそーゆー楽曲で目立ってくるのは轟音ギターなんですね。

それこそ「へっ?ベースってナニ?」というレベル。ベースという楽器を完全に軽んじてたわけです。(というより聞こえなかった…)

 

そんな自分にベース神の雷が落ちたのは中学に上がった後でした。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズとか言う胡散臭そうなバンドが「one hot minute」というアルバムを出したって記事を読んで「どんだけホット推しなんだよ!」と思いながらもジャケットが気に入ったので買ってみたんです。

で、2曲目の「Aeroplane」を聴いた時にぶっ飛びました。

とんでもなくベースがホットなんですよ!!

いや正確には「これがベースの音か〜」って感覚だったと思うんだけど何しろカッコイイ。このおじさん只者じゃないぞ!って思いましたよ。(フリーというベーシスト)

ちなみにこの曲です。ベースの音がウニウニ鳴ってます。

そんな経験からどんどんベースの音が気になってきて、あらゆる曲のベースラインを追ってくのが楽しくなってきたんです。

もうね「ベースが良い曲が好き」ってほどにベース沼にのめり込んでしまいます。(自分はギターしか弾けなかったけど)

ベースが素晴らしい曲

f:id:onionpetas:20170624011011p:plain

ベースライン(ベース音の並び)が心地良い曲って全体の雰囲気を作り上げるんです。

ギターなんて最終的な「味付け」に過ぎないんだけど、ベースはドラムとともに曲の骨格を作ってるイメージですかね。

ベースが良いとホント曲がガラッと変わります。

 

ということで、今回はあらためて聞くとベースがかっちょいいぞって曲を集めてみました。

「ベースなんて聞こえたことない〜」ってウチの妻と同じような人でも、確実に聞こえるベースの醍醐味をご賞味頂けるよう選んでみました。

ぜひ「ヘッドホン」か「イヤホン」を付けてベースサウンドに酔いしれてみてくださいー! 

①「三日月サンセット」サカナクション

今や売れっ子「サカナクション」の初期作品。

ベーシストは草刈愛美さんという女性なんだけど、この人の弾きっぷりがとんでもなくカッコEのです。弾き姿とか惚れる。

でもってそのサウンドも最高にハイセンス。

特徴的なのは「休符」何も弾かない休符部分がグルーヴ感を生み出してるからノリノリになれるんですよ。

テクニック的にも相当素晴らしいレベルだと思う。

自分はサカナクションが好きでライブとかちょくちょく行くんだけど、好きになったキッカケは完全に草刈さんのベースでした。 

 

 

②「赤い電車」くるり

くるりの中では地味めの楽曲。歌も基本的にシンプルな構成。

でもね、この曲・・・ベースが歌いまくってるんですよ!!!

歌の裏側でベースが大熱唱してます。

そのベースラインと歌を合わせて聞くとなんとも心地よい。

これはもうベースが主役の曲です。ベーシストは必聴ですね。

 

③「魔法のプリンセス love love ミンキーモモ」

いきなりベースがドライブしてて驚く!これかなり良いんですよ〜!

Aメロ、Bメロもベースラインが動きまくってるし70年代後半に流行った「凝ったベースライン」が聞けるので面白いです。

昔はアニメの主題歌もバンドサウンドが色濃かったな〜。

 

④「スリラー」マイケル・ジャクソン

誰もが知ってる超有名曲。

ベースの音がちょっと歪んでて80年代特有の電子混じりな感じが特徴的ですね。

一番目立った音がベースなので、この曲でベースが聞こえないってことは100%無いと思います。

ちなみにジャミロクワイのベースもマイケルからの流れを受けてる感じで大好きなんですよねー。

 

⑤「ひこうき雲」荒井由実

ユーミンのデビュー曲。最近だと映画「風立ちぬ」の主題歌にもなりましたね。

この曲は昔からテープが伸びるまで聞いてた思い出があります。

もうベースが主張しまくりですね。

それでいて曲にめちゃくちゃ馴染んでるってことは最高のベースアレンジなんでしょう。ホントすごい。

そしてデビュー曲でこれを歌えちゃうユーミンも凄すぎる・・・。 

 

⑤「ペニーレイン」ザ・ビートルズ

ベースアレンジの神といったらポール・マッカートニー。

ライブも2回ほどお邪魔しましたんだけど、このじいちゃんやっぱりスゲー。

テクニック的なことはさて置き、ベースと声を同時に歌わせてるアレンジ能力がハンパない。こーゆー人を「天才」と呼ぶんでしょうねぇ。

この曲、どアタマでポンポン言ってる音はポールの仕業です。ベースをこんな風に使ったのはポールが初めてかもしれません。

ビートルズって色々実験的なアレンジが多いからどの曲もホント面白い。

自分は数年に1回ペースでビートルズを聞きまくる周期がやってくるんです。やっぱ良いものは良い。 

 

⑥「Uprising」MUSE

ちょっと変わり種。MUSE(ミューズ)のベースは歪んでるんです。パッと聞くとギターみたいな音なんだけど。

だからMUSEってギター2本みたいなサウンドなんだけど全然薄っぺらくない。むしろ重厚な音を作り出してます。

そしてこのバンドは全員演奏が上手すぎる。17年前にライブで観たんですが、今は演奏も楽曲も格段に進化してて驚きました。また観に行きたいー!

⑦「能動的三分間」東京事変 

最後は東京事変の亀田誠治さん。この曲のベースは文句なしにカッコイイ。

この人は音楽プロデューサーでもあるから基本的に歌を尊重したベースラインが多い。(歌を邪魔しない)

ただ「時には俺も主張はするぜ」って意識が垣間見れるからベースラインのバランス感覚がすこぶる良いんです。

実はめちゃくちゃ弾きまくりたいんだろうけどそれを抑えてる。

そのせめぎ合いの中でバランス感覚生まれたんだろなぁ。

 

まとめ

まだまだ紹介したい曲は山ほどあったんだけど際限がなくなってしまうので7曲に絞ってみました。

ベースって文字通り楽曲の「基盤」

やっぱりベースがないと曲がスカスカになっちゃうし雰囲気とか厚みを表現しづらい。とーっても大切な存在なんですね。

なんか色々聞いてたらベース弾きたくなってきました。

ということで、今日はここまでー!

【スマニュー砲着弾】スマートニュース掲載でブログに巻き起こった衝撃

スゲースゲーと噂には聞いてましたよスマニュー砲。

(スマホ用アプリ「スマートニュース」に掲載されてバズる現象)

こんな弱小ブログにも着弾する日が来るなんて…。なんか感慨深いです。

そしてその威力が凄まじかった。

もうね、腹の中から沸き上がる「歓びの声」を漏らさず冷静を装うなんて無理です。

う、う、うおおおおおお!!!

オゥオゥオゥ!!!Ooooooh!!!

このような状態に相成りました。

平均100〜200PV/日 の当ブログに投下されたら「ひとたまりもない」ってことです。

 

その日のアクセスを見るとわかりやすいんですが、当ブログとしては完全なる事件です。

 

f:id:onionpetas:20170619184056j:image

 

・・・正直、目を疑いました。

 

もはやスカイツリー墨田区の街並みの如く非情な差を付けてくれちゃってます。

どんだけデカイんだ!って話。

 

これは、バズというカテゴライズにして良いヤツなんですかね?
自分の中ではすっかり超ド級のバズなんだけど、月何十万PVとかのブログ殿はこれ以上のお祭りが毎日催されてるのかぁ。おそろしや。

 

ちなみに掲載されたのはこの記事。

いや〜、諦めないで電池作った甲斐がありました。

この記事、4,000文字くらいなんだけど、何気に書くだけでも5時間くらいかかったんで報われた感があります。

素直に嬉しかったです。

ありがとう、スマートニュース。

ありがとう、カメラのキタムラ。

経緯

f:id:onionpetas:20170620230909p:plain

この記事、真夜中に書き終わったんで朝5時過ぎに予約設定して眠りについたんです。

んで、ちょっと遅めに起きてみたら、なにやらアナリティクスが騒ついてるんですよね。リアルタイムとか。

確認すると、どーやらTwitterからのアクセスが急増しるということがわかりました。

「え?どなたが拾ってくれたの?」

てな感じでTwitter検索したら、フォロワー5桁クラスの方がシェアしててRTも増えてたんです。

もうね、心の中では、

インフルエンサーまで飛んでけやああああ!!!

って盛大に祈る勢いでした。

そしたら今度はFacebookからのアクセスがグングン増えたんです。

これは初めての現象だったんで、どこから発生したアクセスなのかサッパリわかりません。(調べ方ってあるんですかね?)

 

で、

 

そこらへんから異変が起きます。

ついに、アクセス元に「smartnews」という噂の表記がーーッ!!

確認してみたらこんな状況に…

f:id:onionpetas:20170620185134p:image

おぉぉぉぉぉ。すごい光景だ…。

パンッパンッ!!おし、夢じゃないな。

 

でね、浮かれてたら今度はなんと「検索」からのアクセスが急上昇するという事態に発展していきます。

結局、終わってみたら1日のアクセス元がこんな感じになってたんです。

  • SNS(Twitter・Facebook) : 726PV
  • スマートニュース : 577PV
  • 検索(Google・Yahoo!) : 960PV
  • その他 : 213PV

なんと、スマートニュースより検索流入が多いという事態が発生してました。

で、Googleをアレコレ調べてみたら「フィルムカメラ iPhone」とか「フィルムカメラ 比較」とかで軒並み検索上位だったんです。

なにやらトンデモナイことが起きたぞ!って期待して見守ってたんですが、現在は見事に順位が下がって2ページ目とかになってます・・・。

そして、

アクセスも完全に通常運転です。

短い夢の時間でしたね。でもまぁ楽しかったです。

わかったこと

当日はぶっちゃけ動揺したんで何がなんだかわからなかったんですが、あとで調べてわかったことがあります。

スマートニュースに掲載される方法を(わりと本気で)調査した件。 | 集客・アクセス | ブログ部

この記事が詳しいんですが、自分なりの見解も含めてまとめてみました。

スマートニュース掲載の条件は?

いろんな記事を読んだ結果、Twitterのツイート数から記事を選んでる仕組みは存在すると思います。

今回このブログで起きたことを考えても当てはまります。

① はてブ内の人気エントリ

 ↓

② Twitterでのプチ拡散

 ↓

③ スマニュー砲

この流れは掲載条件の1つになってるはず。(他にもありそうだけど)

おそらくTwitterで拾ってもらえなかったら、スマートニュースは鼻にもかけなかったでしょう。

Twitter。やっぱ大事ですね〜。

スマートニュースの掲載期間は?

自分の場合は丸2日間載ってました。

上のアクセス数を見るとわかるんですが、翌日の「伸び」はほとんどスマートニュースと検索からの流入です。(記事投稿できてないし・・)

で、この掲載期間はスマートニュース内のクリック数から判断して期間を決めてるそうです。

スマニュー砲の威力は?

アクセス数だけで言ったら数字にバラツキがあるそうですが、一撃で数百PVは固そう。

でもね、自分はそこをあんまり意識してなくて、その先の「神Google」への影響が気になってます。

だって、スマートニュースに掲載されてた期間は上位だったのに、掲載が終わったと同時に順位も下がったんですよ・・・。

これって偶然なのでしょうか?

記事選定のアルゴリズムが似てるのかわからないけど・・・。

ただね、1つ仮説を立てるとしたら神Googleは「ソーシャルで拡散されてる最新の情報を好む」って傾向はあるのかもしれません。

だから、2日経った今はホットじゃないからバイビーってなもんです。

また、ヨリを戻せるようにアプローチしていこ!

まとめ

ま、アクセスが全てじゃないけどアクセスは大事です (おかしな文章です)

なので、たまには何処からご来場(アクセス)頂いてるか数字をとってアレコレ対策を練ったりするのも勉強になりますね。

この一件で、有名ブロガーさんたちが口を揃えて「検索が大事」って言ってる意味がちょっとだけわかった気がします。

だって黙っててもリアルタイムで検索から何十アクセスもあったら天地がひっくり返りますよ…。バズじゃないから終わりがないわけだし。

で、まとめると今回ハッキリしたことは、やっぱTwitterの重要性ですかね。

スマートニュースも神GもやっぱりTwitterの状況はチェックしてるはず。

もうちょっと自分も本腰入れて取り組んでいかなきゃなぁ。

ということで、今日はここまでー!

【徹底比較】フィルムカメラとiPhoneの写真はどれだけ違うのか?

前回の記事でたくさんのコメントを頂きまして「紙の重要性」をひしひしと感じております。やっぱり紙は大事ですね。 

写真に関しては、紙にプリントした写真の魅力はやっぱり大きい。

ディスプレイに映った「画像」じゃ絶対伝わらないプリント写真の温もりとか尊さがあったはずです。

で、そんなことを思ってたら急にフィルムカメラで写真が撮りたくなって、久しぶりに引っ張り出してみました。

マイ・フィルムカメラちゃん。

f:id:onionpetas:20170618002242j:image

「YASHICA(ヤシカ)」という日本のメーカーなんだけど相当古いカメラみたい(1970年くらい)

昔カメラにハマってた時にフリーマーケットで買って遊んでたカメラです。

こいつで久しぶりに撮影してみたいと思います。

 

ということで、今回は

「フィルムカメラと写真プリントの魅力を思い出そう!」

という企画。

 

さらに、

「フィルムカメラで撮った写真とiPhoneで撮った画像がどれだけ違うの?」

ってとこまで確かめてみたいと思います。

怒涛の電池交換劇 

早速動くかな〜ってカメラを確かめてみたらね、案の定電池が切れてました。

取り出してみたらこんな電池。

f:id:onionpetas:20170617225951j:image

 

うーむ。馴染みのない電池だ…。(まったく覚えてない)

 

もちろんストックなんて無いから、とりあえず近所のホームセンターに行ってみました。

すると・・・

「これはカメラ用の電池だからウチは置いてないですぅ〜」

・・・とのこと。

 

やれやれ。まぁ仕方ない。そのくらいは想定してましたよ。

それならと写真屋さんを検索してみましたが、前回の記事で書いたとおりで近所に写真屋さんが全然無い。

ただちょっと遠いところに「カメラのキタムラ」がありました。

よし!それならそのまま撮影に行けるように準備して出掛けちゃえ!と考えて、車で20分くらいの「カメラのキタムラ」へ向かいました。

着いてみるとイオンモールに入ってるこぢんまりしたキタムラ。

一抹の不安を感じながら恐る恐る年配の店員さんに尋ねてみると・・・

 

「この型は置いてないいんですよ〜。需要がないんでね〜。」

マジすか?数少ないカメラ屋さんに来てもカメラ用の電池が無いとですか?

なんとも世知辛い。

でもまぁ古いカメラだし需要がないってのも頷ける。

まぁ仕方ないか〜。これはもう企画倒れかな〜。

・・・と、そんな表情を浮かべていたらおっさん年配の店員さんが、

「もしかしたらイオンさんのスーパーにあるかもしれませんよ」

・・・とおっしゃる。

 

おうおう。そんなわけないだろ(心の声)

こちとらホームセンターも行って来たんじゃい!!!(心の声)

でもね、最後の望みだと思って行きましたよ。イオンのスーパーに。

 

で、

 

案の定ありませんでした。

 

「企画倒れ」

 

「きかくだおれ」

 

「KIKAKU DAOREーーー!!!!」

 

2017年の現代にフィルムカメラを使うって、こんなにもハードルが高いんでしょうか。

数少ないカメラ屋にはるばる来たのに無いってんですよ。ホームセンターにも天下のイオンにも無い。

ま、実はネットなら買えそうだったんだけど「今」撮影したいんですよ。

・・・完全に意気消沈です。

 

で、結局トボトボとエスカレーターに乗りながらネットで買おうとして検索してたら・・・

 

なんとも目を疑う情報が飛び込んできました。

 

「豆電池を並べれば代用できる」とのこと。

 

おおおおおおーーーーー!!!!

最後に蜘蛛の糸が垂れてきたゾ!!!!

 

ものは試しだ!やったろうじゃないか!

で、結局イオンに引き返して豆電池を4個購入(730円也)

 

こんな感じで並べて作りました。

 f:id:onionpetas:20170617234012j:image

※ 帰宅後に自宅で撮影 (セロハンテープをもらって車の中で作った)

 

これ・・・ホントに大丈夫なの?

 

不安120%でしたが早速カメラに入れてみます。

すると、

 

うーむ。微動だにせず。

 

やっぱり動かない。しかもカチャカチャ言ってるし…。

 

いや。落ち着こう。

もう一回調べたサイトを見てみると、

「アルミホイルで下駄を履かせましょう」

 

まじですか?

本当にそんな原始的な方法で動くの?

でも、こうなったらそのサイトの情報を信じるしか道はありません。

 

で、またイオンに引き返してアルミホイル(150円也)を購入します。

で、こんな感じで下駄を作ってみました。

f:id:onionpetas:20170617235003j:image

 

食べ終わったガムのゴミみたいですが、汗だくで作りましたよ。(2つも)

で、これをカメラの中へ投入!

 

すると「ピカーン」と電気がつきました。

 

ヨッッッッッシャアああああああ嗚呼嗚呼嗚呼!!!!!!

 

思わず数年ぶりの雄叫びがでましたよ。

もうね、何かとんでもない実験に成功したような気分。

幸せです。

これが幸せってことなんですね。

ようやく撮影へ

結局電池については「露出計」にしか機能が備わってなくて、フィルムの巻き上げも何もかも全部手動でした。(電池が無くても撮影は可能だった・・・)

まぁいいです。露出合わせは大事だからね。

 

で、折角なので前から気になってた古民家風のお食事処に行ってみました。(フィルム映えしそうだし)

※ 埼玉県川口市の「senkiya」さんというお店

senkiya

 

いや〜、久しぶりにガッツリ撮影したんですが正直めちゃくちゃ楽しかったです。

天気も良いし、料理も美味しい。

電池交換の疲れも和らぎました。

もちろんこの時点ではフィルムカメラの写真は確認できないので、どんな感じで写ってるか期待が膨らみまくってるんです。

楽しみを未来に残してる感じですかね。

美味しいものを一番最後にとっておくような心地良さがありました。

現像&プリントをしよう

現像は先ほどの「カメラのキタムラ」へ戻りました。

 オヤジ年配の店員さんが威勢良く

「イオンに電池ありましたぁ〜?」

ってな具合だったので、いきさつを説明して豆電池とアルミホイルの裏技を見せたら驚いてました。

そりゃまぁ驚くよね。自分も半信半疑だったし・・・。

 

で、写真の受け取りでは「これでもか!」ってほどのおっさんスマイル満面の笑みで写真を渡してくれました。

確実に写真の内容は見られてるから小っ恥ずかしいんだけど「目で語る」ような感じで渡してくるんですよ。

おそらく根っからの良い人なんでしょうね。

ようやく写真とご対面

長かった。

iPhoneなら2秒で済む工程を時間とお金をかけて実行してみました。(現像とプリントで1,500円くらい)

ようやく写真と対面することができます。

f:id:onionpetas:20170618021351j:image 

この細長い紙のケースが懐かしい…。

うーん。なんだか緊張しますね。

では早速見てみます。

1枚目

お店の入り口から中庭に向かって撮った写真です。

まずはiPhone6sの画像から。

f:id:onionpetas:20170617222349j:image

まぁ、それなりにキレイに撮れてます。(逆光だけど)

でも見慣れた画像です。可も無く不可も無いといった感じ。

 

では、フィルムカメラの写真はこちらです!!

 

 

f:id:onionpetas:20170617222829j:plain

 

ナニコレ?ゼンッッッゼン違う!!!

こんなにも変わるんですね!!!

 

なんか輪郭が妙にしっかりしてるし急に昭和になりました。

色の再現度は低いけどコントラストがかなり強めに出ててインパクトがあります。

2枚目

中庭に置いてあった金魚鉢みたいなものを撮ってみました。

iPhone6sの画像 

f:id:onionpetas:20170617223133j:image

上手い具合に金魚が顔を向けてくれました。

これもiPhoneならではの鮮明な画像ですね。

 

で、フィルムカメラ「ヤシカさん」の写真はこれです。

 

f:id:onionpetas:20170617222933j:plain

カラッカラに乾いてます!!!

金網の質感が完全にタイムスリップしてますね!

 

金魚にはそっぽ向かれてますが・・・。

3枚目 

この季節ならではの紫陽花を撮ってみました。

iPhone6sの画像

f:id:onionpetas:20170617223149j:image

iPhoneで撮った時、これはなかなか綺麗に撮れたな〜って思ったのですが、空の青さがちょっと現実離れしてる気もします。

 

続いてヤシカ先生。

フィルムカメラの実力を見せつけてやってください。

 

f:id:onionpetas:20170617223002j:plain

ドォォォーーーーーーン!!!

先生!!インパクトがハンパないです!!

凄まじいですね。

ちょっと露出がオーバー気味ですが、70年代の東南アジアみたいな雰囲気が漂ってます。

こーゆーのが撮れるとフィルムが面白いって感じるなぁ。

4枚目

では最後に本日行った「senkiya」さんの全容をパシャリ。

iPhone6sの画像

f:id:onionpetas:20170617224347j:image

現代です。

2017年、現代の古民家です。

 

ヤシカ師匠!!

最後に1枚お願い申し上げます!!

 

f:id:onionpetas:20170617224359j:image

はい。昭和になりました。

着物で統一してくれたら完璧に1970年でしょう。

写真の鮮明さって意味では荒々しさが残る出来栄えですが、古いカメラとレンズなのでこれが限界のようです。

でもこれを「味」をして考えたらなかなか面白いと思います。

まとめ

今回あらためて写真というモノに向き合ってみましたが、写真ってかなり原始的なモノなんですね。

フィルムカメラのシャッターなんて「プチッ」って音がするだけで本当に撮れたか不安になるレベルですが、ちゃんとフィルムに一瞬光が入ってる。

そのシンプルなカラクリが不思議と面白いんです。

 

あと「写真と向き合う」って意味ではフィルムカメラの圧勝ですね。

撮ってる時とかも相当いろんなことを意識してたし、時間をかけてゆっくり写真の魅力に浸れるところは本当に面白かった。

 

重たいカメラでかさばるし電池やら現像プリントでお金もかかるけど、自分はフィルムカメラの写真が好みかなぁ。

「大切な日」とか「ここぞ!」みたいな場面はフィルムで撮った写真を残しておくと忘れられない思い出になりそうですね。

自分は既にハマりそうな予感がしてますが・・・。

 

ということで、今日はここまで!

紙っている?

こんな記事を読みました。

確かに「写真プリント」って商売の現状が悲惨であることは容易に想像できます。

フィルムの頃って「写真を見るため」に必要に迫られてプリントが必須だったけど、今は撮った瞬間に写真が見れる。

だから「飾りたいな〜」とか「アルバム作るぞ〜」とか思わなければ写真をプリントする必要がなくなったわけです。

写真、楽しんでる?

そう考えると「写真」って言葉に込められた意味が、この20年くらいで目まぐるしく変化してますよね。

90年代くらいまでは現像&プリントが当たり前だったしなぁ。

自分が高校生の頃、携帯電話に初めてカメラ機能が付いたんだけどあの衝撃は今も忘れられない。

これでプリクラ撮らなくて済むじゃーーん!!!

クラスの女子が言い放ったこのセリフが何故か鮮明に記憶されてる。(ちなみに可愛い子ではなかった)

でもその後、なんやかんやクラスではカメラ付き携帯がブームになったんですよ。

11万画像くらいの荒〜い画像にキャッキャしながら盛り上がってたという。

今思うと滑稽ですね。 

こんなやつ。

 f:id:onionpetas:20170614191511j:image

で、時は流れまくって今はスマホで撮った画像とかもめちゃくちゃキレイ。

さらにはインスタにアップしたり、加工したり、◯◯したり・・・写真の使い方が広がったなー、と記事を読んでしみじみしてしまいました。

 

ただね・・・

この流れにあえて疑問提起してみると、

実は写真の楽しみが減ったんじゃね??

と考えることができます。

 

昔は旅行先なんかにカメラを持って行っても不用意にバシャバシャ撮らないわけです。フィルムが勿体ないから。

で、ここぞ!って時にパシャって撮って「これは上手く撮れたぞ〜」と満足する。それで後日、期待しながら写真屋さんに持って行くと。

指折り数えてたプリント完成日にはスキップしながら写真屋さんへ。

確認用にチラッと見せてくれる写真に「よしよし」と胸を撫でおろして家路へと急ぎます。

家へ着いたら写真屋さんの細長い紙のケースから写真を取り出して「おおお!いいじゃーん!」って写真を眺める至福の時がありました。

はい。そうなんです。

昔のほうが写真を楽しむプロセスが多いんです!!

「写真を撮る時」と「写真を見る時」のタイムラグがあったから、純粋な気持ちで2回楽しめるという効果がありました。

ドキドキしながら写真を取り出して、写真を眺めながら思い出に浸る時間が確実にあったわけですよ。

うん。

なんか写真って今よりだいぶ特別な存在でしたよねぇ…(遠い目)

街を歩いてもアイドルやヴィジュアル系の生写真とかを露店で売ってたなぁ。あの光景が懐かしい…。

紙がなくなる日はやってくるのか?

そう考えると何も写真に限らず「紙」という物質がこの世から根絶するような流れがきてる気がしてならない。

これを突き詰めると「紙とディスプレイの戦い」と言い換えることができます。

もう戦いは始まってるんです。

写真はすでにシェア90%以上をディスプレイに占められてます(体感値)

でもね、やっぱり紙のままのほうが良かったなぁ〜ってモノもあると思うんですよ。

ということで、激しくなってきたこの戦況をちょっとまとめてみました。

手紙 VS ◯◯

f:id:onionpetas:20170615185301p:image

人々のコミュニケーションを長く支えてきた手紙。

ここへきて「メール」と「LINE」という強力な武器を抱え持つディスプレイ軍が圧倒的有利な展開。紙軍は極めて劣勢です…。

紙軍は「年賀状」という老将軍が頼みの綱ですが体力の限界は近いかもしれません…。

本 VS ◯◯

f:id:onionpetas:20170615185306p:image

これは五分五分といった戦況ですかね。

ディスプレイ軍が投入した「電子書籍」がじわじわと勢力を拡大してます。

ここは自分もディスプレイ軍に加担してる節があるんだけど紙の本も書います。

やっぱり紙をペラペラめくって読む感覚は何にも代え難い魅力があるんですよねぇ。

本を「情報」として読むなら電子書籍でいいけど、本という「物体」への魅力を持ってる人は多いと思うなぁ。

前にこんな記事を書いたけど、やっぱり本屋さんはなくなって欲しくない。

Amazon控えようかな〜。

印刷資料 VS ◯◯

f:id:onionpetas:20170615185302p:image

ひと昔前まで、仕事の打ち合わせとかで使う資料は紙で出力して持参するのが社会のルール。常識でした。

重い紙袋を抱えて相手先企業に行ってたな〜って人も多いと思います。

で、この戦況が一気に変わったのは「ペーパーレス会議の乱」が始まった時。あれは凄かった。

職場で「紙代がもったいないYO!」って空気が急速に広がったんです。

で、今はファイルを共有したりスクリーンに投影しながらの打ち合わせが多くなりました。

むしろ今は大量印刷すると怒られるくらい…。

でもまぁ、これはメリットが大きかったですかねぇ。

ノート VS ◯◯

f:id:onionpetas:20170615185400p:image

学校では流石にみんなノート使ってると思うけど、職場のノート率は格段に減った。

「Evernote」とかクラウドアプリを使えばコピペしたり共有するのもカンタンだし、そっちに傾くのは仕方ない。

学校でクラウドアプリの使用が認められたら紙軍は崩壊するかもしれない…。

手帳 VS ◯◯

f:id:onionpetas:20170615185542p:image

スケジュールをアプリで管理する人が急速に増えた印象。だって「Googleカレンダー」とか便利すぎるもん。

でも手帳は思ったこととか手軽にガシガシ何でも書けちゃうし、やっぱ手放せないなぁ。

ちなみに自分は「ファイロフォックス」ってメーカーの手帳を長いこと使ってるんだけどめちゃくちゃ使いやすい。

まとめ

紙軍を援護するつもりで書いたのに、なんだかどっちつかずでしたね。

ただ紙軍にとって1番大きなアドバンテージは「電池切れ」がないこと。

いつでも安心して使えることはやっぱ大きいと思う。

あと、ティッシュとかトイレットペーパーはゼッッッッタイにディスプレイ対応できないってのが最大の強みであります。

紙は永久に不滅です。

 

ということで、今日はここまで!

【転職記】ダメもとで面接受けてきます

今回はちょっと身の上話でも。

以前こんな記事を書いたんですが、いま転職に前向きなんですね。

扶養家族がいる中での転職。30代の転職。

普通に考えたら不安は山のように出てくる。

  • 収入が減ったらどうなるだろか・・
  • まかり間違ってブラックに行ったら嫌だな・・
  • 新しい環境に馴染めるだろうか・・
  • そもそも仕事がつまんなかったら最悪だ・・

いやー、ホントどうなるんだろう。

転職先に何か一個でもウィークポイントがあったらキツイかもしれません。

ただね、そーゆー不安も勿論あるんだけど、正直言うと未知の世界に飛び込む「好奇心」のほうが勝ってる。

転職って人によってイメージが全然違うと思うけど、自分的には一度きりの人生を楽しむための手段みたいな感覚なんです。(転職歴ゼロですが…)

30代って年齢的にどうなの?

30代扶養家族3人というのは「もう遅いわ!」とか「いやいや家族が危ないよ!」って感じる方が多いかもしれません。

以前の記事では皆さんから親身なコメントをいろいろ頂きました。

年齢を考慮してくれて転職をガッツリ勧める方はいなかったけど具体的な意見の数々が非常に参考になりました。

やっぱり自分より年齢が上の方は物の見方が落ち着いてる。なんか「30代」って年齢を俯瞰で見てるような感じがするんですよね。

たぶん40代・50代・60代の人が思い出す30代の頃って「忙しかった」と思うんです。仕事も生活も。

年齢的に色んな人生のイベントを迎えやすい頃だし、仕事も油が乗ってて体力的にもまだまだ元気。

ただ自分は30代ど真ん中の渦中にいるんで正直わからないんですよね。

だからこそコメントがホントに嬉しかったんです。
ブログだと普段だったら自分の中から絶対出さない感情をドバーーーっと放出できるし、さらに意見までもらえちゃうという。
う〜ん。ブログ冥利につきます。

あとは、色んなブログを読んでると自分と同じように仕事がらみで方向転換を考えてる方がいたりして、勝手に親近感を持ってます!

転職のリスクを減らす

で、色々考えたんだけど「転職」ってことを仰々しく考えすぎちゃうといろいろ良くないな〜って思ったわけです。

別に転職してもしなくても自由でしょ?主導権はこっちにあるんだし!

そのくらいの心持ちでやれたらリスクは減らせるんじゃないかなぁ。

まぁ極論を言っちゃうと新しい環境なんて実際に入ってみなきゃ分からない。だけど切羽詰まって転職活動するより、あらかじめ面接受けたりエントリーしたりするのは予防線になるような気がします。(いろいろ情報も集まるし)

まぁ平たく言うと「気楽」にやってみようかなと。そう考えてます。

そんな心持ちでいると転職活動が楽しいんですよね。企業研究なんか没頭して時間を忘れるほど研究しちゃうし…。

今はネットの力でだいぶ踏み込んだところまで情報が手に入るし、社員や元社員の声もガンガン聞こえてくる。

そんな情報と自分の希望を照らし合わせてじっくり悩んでみるのも「楽しいひととき」なんです。ここ入ったらどうなるんだろ〜とか妄想したり・・・。(気持ち悪っ)

ひょんなキッカケで面接が決まった

でね、ここへきて面接が1個決まりました。

初面接です。

そんなこんなで今リアルにちょっとバタついてるんです…。

某メッセージアプリで有名な企業なんだけど、ひょんなキッカケで面接を受ける運びになったんです。

まぁ自分でも使ってるアプリだし知ってることも多いんだけど立場が変わると見方も変わるもんですね。

ま、ぶっちゃけ・・・

受かるかわかんないけどね!!!

そんな有名どころが自分なんて取ってくれるのか?って甚だ疑問なんだけど、折角の機会なんで勉強がてら色々見てこようと思ってます。

なにをチェックしよう

とは言え、企業側に採用不採用の権利があると同時に、こっちにだって選択の権利があります。

折り合いがつかなかったら断るってカードは持ってないと色々ブレてくる。

「そもそも何のために転職するのか?」

これを頭の片隅に残しながら、新しい環境のチェックをしたいと思ってます。

例えば・・・

楽しそうか?

f:id:onionpetas:20170612075507p:image

社内の雰囲気に自分が適合するか?ってこと。(自らの目線で)

おそらく面接だけじゃわからないと思うけど、なんとなく空気は伝わると思うんです。

結局、環境面で大切なのは「人」だし、そこを一番見てきたいと思ってます。

やりがいある?

f:id:onionpetas:20170612080117j:image

入った場合、具体的に何をさせてもらえるか、またその自由度とか体制はやっぱ大事になってくる。

いきなりペーペーができることは少ないと思うけど、将来的にどう進んでいけるか見えると安心しますよね。

ここは自分にとって転職の理由でもあるから面接でしっかり聞くポイントかな〜。

収入はどうなる?

 f:id:onionpetas:20170612080301j:image

これはやっぱり重要でしょう。

ここの折り合いがつかなかったら(思いっきり減ったら)正直転職できない…。

中途採用の場合は、交渉の余地がある所が多いみたいだけどなかなか言いにくいし…。

でも、いざとなったら言うしかない!

まとめ 

そんな感じでいま慌ただしいんですが、初面接に挑んでこようと思います。

気楽気楽って言ってた割に少し緊張気味…。

結果とか状況はまた書きたいと思います〜!

と言うことで、今日は ここまで!

ネタ切れ防止!ブログのネタに困った時にめちゃくちゃ使えるアプリ9選

ネット界隈ではPR表記がどーのこーので色々揉めてますね。

いろんな意見があって血気盛んでございます。

 

なんだか香ばしい匂いが充満してますねぇ。

まぁ、ヨッピーさんの言わんとすることはライター目線だから共感するとこが・・・

 

・・・う〜む…。

やっぱりこのネタはやめとこう(なんか怖いし)

また機会があったら書きます。

こーゆーのじゃない。今日はそんなことを書いてる場合じゃないんですよ。

 

なんせ昨日はロックの日(6/9)だったんです。

 

世のロッカーたちが渋谷に集結してスクランブル交差点をヘッドバンギングで練り歩く大切な日(妄想)

 

ヨッシャァァー!!

ヘビーでパンクでエモーショナルなロック記事シャウトしてやるぅぅ・・・・

 

・・・うーむ。これも完全なる尻つぼみです。

完全に乗り切れてない自分がいましたね。そんな自分を発見しました。

 

そもそも無理やり意気込んだわりにネタがない。

そもそもロックの日ってナニ?ってレベルなわけです。チョコレート業界の策略みたいなノリでしょうか。

ロックは大好きなんだけどね。今日書くネタじゃない(そもそも昨日だし)

うむ。困りました。

ブログのネタ

そうなんです。

ブログって基本的にネタがないと書けないんです。こんなブログですら闇雲に書いてるわけじゃなくて、あらかじめネタを決めてそれに沿ってあーだこーだやってるんですよ。

だからネタが無いと一向に筆を進めることができない。

そう。ネタはブログの生命線なのです。(少なくとも自分は)

そんなわけで、ブログをはじめてからは四六時中ネタ探索のアンテナを張ってるような状況でして・・・。もう血眼で探してるんですね。

見るものを一回ネタ変換するクセもついたし、何をする時でも「これネタになるかな?」って考えちゃうネタ至上主義になりました。明らかに生活が変わりました。

まぁ、まだまだ修行中の身なんですけど、今回はブログの「ネタ探し」について書いてみようと思います!(そーゆーブログネタです)

ネタの探し方

自分のブログでネタ元になるところは大きく分けて3つあります。

  1. 出来事
  2. 会話
  3. ネット

この3つです。

「1.出来事」は実体験から思ったことを書くイメージ。言ってみれば日記ですね。

前回の記事なんかまさにこれ。

で、「2.会話」は普段の他愛もない会話から面白そうなキーワードを拾ってくるやり方。

例えば、同僚に言われたひと言がキッカケで書いた記事がこれ。

この2つのネタ元から書く記事はかなり書きやすい。

何より身に降りかかってきたことだったり、会話の中で考えたことだから、その時の気持ちから展開しやすいんです。

でもね、日常生活の中で「なーんもないぞ」って時だってあるわけ。むしろそんな日がほとんどなんですよ。

でも世の先輩ブロガーさんたちはネタを捻り出して面白い記事を書いちゃう。素敵ですよね。

で、やっぱりそーゆー時は文明の利器に頼ろうと。

ここで自分は「3.ネット」を使ってます。

ネットからネタを探す

これは自分のスマホの第一画面。

f:id:onionpetas:20170609211513p:image

気がついたら情報集め系のアプリが並びまくってる始末…。

自分が使ってるのは確かiPhoneなのに「電話機能」が追いやられてるぞ!って状況になってます。

もはや「iPhone」の「i」しか使ってない。

ついにはLINEも第一画面から退きました。

そのくらいネタを渇望してるのであります。

で、この機会なので自分がネタ元にしてるアプリをちょっと紹介してみますね。

ブログネタが見つかるおすすめアプリ9選

① Podcast

f:id:onionpetas:20170610003307p:plain

いきなり変化球みたいな感じですが自分の中では超王道。

ここで聴いたラジオの話を展開したりして書いた記事は多いです。

オススメのラジオは、このブログで何度も書いてる「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」

この番組は誰にでも勧められる鉄板ラジオですね。

あとは、ランキングから気になる番組をチェックしたり落語系の番組を漁ったりと楽しんでます。 

あと、個人的にはラジオ版の「虚構新聞ニュース」がクスッと笑えて好きです。(クオリティーも高い)

② はてなブログ

f:id:onionpetas:20170610003355j:plain

これは読者登録してるブログを見るために使ってます。(この記事を書いてるのもこれ)

はてなブロガーの皆さんの記事を読むのはホント刺激になる。

ネタを探すというよりはブログの楽しさを知るって感じかなぁ。読んでると間違いなく「書きてーーー!!」ってなるし。

ホント色んな着眼点があるんだな〜って勉強になりますね。最近はここでブログ読んでる時間が圧倒的に長いと思う。

③ Yahoo!リアルタイム検索

f:id:onionpetas:20170610003444p:plain

最新のネタを最速で仕入れるのに最適最高

リアルタイムの名前は伊達じゃない。本当の「イマ」がわかる。

基本的にネタ元はTwitterなんだけど、話題性に特化して上手くまとまってるから使いやすくて重宝してます。

話題のキーワードを1時間おきに更新してたり、放送中のテレビ番組の反応を可視化してて本当に素晴らしいアプリだと思う。

内容はどちらかというとマス寄りというか一般的なワイドショーネタが多いんだけど、世の中の人の興味を知る上では重要かな〜と。

④ Yahoo!知恵袋

f:id:onionpetas:20170610003638p:plain

本当にネタに困った時はコレかも。

多種多様な質問と回答があって正直くだらないものも多いんだけど、基本は「ネットとかで調べたけど良くわからんかった・・」って人が書き込むと思うんだよね。

だからそれに上手く答えられるような記事を書くのはアリかなーってたまに覗いてる。

かなりネット釣り師が紛れてるから要注意だけど、ここの回答数とか人気ランキングは参考になります。

⑤ NewsPicks

f:id:onionpetas:20170610003724p:plain

政治経済ネタだったらコレ一択でしょ。

自分は一時期かなりハマって毎日数時間読んでた。

このアプリの良いところはニュースで終わらないところなんです。ニュースを読んだ著名人がコメントを書ける形式になってて、そのコメントが本文より面白いという逆転現象が起きてる。

ホリエモンとか色んな会社の社長さんがニュースに言及してて「そんな見方もあるのね〜」って色々考えさせられます。

ただ最近はコメントの質が下がり気味だな〜・・・。基本的にはクソ真面目お堅い感じなんだけど、たまに「良いこと言うな〜」ってコメントに出会える。

ちなみに自分もお仕事系のブログ書いてた時はここからネタを拾ってました。

⑥ NAVERまとめ

f:id:onionpetas:20170610003802p:plain

ここはネタの宝庫でしょう。

そのまんまパクるのはアレだけど取り入れられそうな「アイデア」はたくさん転がってる。

ランキング系の切り口とか素朴な疑問の掘り下げ方とかホント参考になります。

あと人気記事に関してはタイトル付けが非常にうまい!クリックしたくなるツボを突いてくる感じにセンスを感じますね。

⑦ Kindle

f:id:onionpetas:20170610003837p:plain

これはまぁ、読書用ですね。はい。

ただ今自分は「Kindle Unlimited」に加入してるので対象の本が読み放題なんですよ。

なのでめちゃくちゃ乱読してます。電子だとザーーーっと要点だけ読んだりもできるからラクなんですよねぇ。

あと、書評を書くときとかは内容をキーワードで検索できる機能が便利すぎる

マーキングしたりウィキペディアでの検索が簡単だったりトータル的に素晴らしいアプリだと思います。

本なんてネタは無限大ですし。

⑧ cakes

f:id:onionpetas:20170610003935p:plain

プロライターさんの記事がまとめて読める大好きなアプリです。

なんというかね、いちいちクオリティーがスゲーーーんですよ。

ネットコンテンツとは何ぞや?って考えてしまうレベル。いやはや流石っす。

⑨ はてなブックマーク

f:id:onionpetas:20170610004008p:plain

これは外すことできないでしょ〜。

自分はなんだかんだでニュース系アプリで一番使ってると思う。

だってブコメとか楽しいじゃん!読むのも書くのも楽しいじゃん!燃え盛ってるのも傍観したいじゃん!

とまぁ、はてなのキュレーションが今一番好みなんですよねぇ。

ニュースネタの言及記事なんかはここから山ほど作れそうです。

まとめ

かなり長くなりましたが、こんな感じで自分はネタ探しをしてます。

まぁ、書きたいネタって自分の心持ちとかテンションとも関わってくるから「今コレが書きたい!」ってやつを探し当てるまでは、こんなアプリをサーフィンしながら決めてます。

色んな方法があると思いますが、1つの参考になれば何よりです〜!

ということで、今日はここまで!

ブロガーにとって1番怖いことが起きた

昨日の話です。いつもの平和な水曜日。

そして「お昼休み」はサラリーマンに与えられた唯一の自分時間。

弁当を食べながらブログ読んだりブコメしたりと至福の時を過ごしておりました。

今日の「かなり」も面白いな〜ってね、ブログを読んでブコメを書いてたんですよ。

なんて平和な昼下がりでしょう。

フェルトって楽しそうだな〜。妻の誕生日に作ってみようかな〜。

「ダイソー フェルト」で検索したりね。

そう。のほほんとした時間を思いっきり愉しんでたわけです。

事件発生

このブコメを書いた矢先、突然「かなり」オーナーの坂津佳奈さん (id:sakatsu_kana) からリプが届きます。

「猫のほうくれるのかな?」

・・・と、そんな淡い期待を抱いてTwitterを開きます。

するとどうでしょう。

それは、全く予想だにしないメッセージだったのです。

 

 

え?

 

ま  じ  で  す  か  ?

 

そーいえば、昨日から自分はアクセスしてない。

スマホを握る手は焦りすぎてカメラを誤起動するほど混乱しています。

 

で、ようやくブログを確認してみたらね、

 

 

「NOT FOUND」

 

 

のっとふぁうんど??

 

見つけられない・・だとーー???

なんでなんで?昨日から設定とか何もしてないし、何もいじってないよ!

真っ白な画面に無機質な文字だけが示されるブログ…。なんとも悲しい。

ここまで2ヶ月書いてきた記事が完全に消えてるじゃないですか!!(アクセスすらできない)

他にもDNSなんちゃら・・・とか色々書いてあったんだけど、とりあえず頭が働きません。

で、坂津さんにお礼のリプをして、復旧に向けて色々調べ始めました。

何故?

何故??

なぜ??

NAZE???

頭の中でリフレインする「何故」

 

どーにも原因がよくわかりません。

「はてなブログ アクセスできない」

「はてなブログ NOT FOUND」

「はてなブログ 急に開けなくなったよ」

いくらググっても正解が見つからない。

そして自分のブログも見つけられないまま。

マイッタな…。

もしや、はてなの逆鱗に触れてアカウント停止の制裁にあったのだろうか・・・。ブログ閉鎖???急にそんなことが頭をよぎって怖くなります。

「マジか。だったらはてなに問い合わせないとわからんな」

ただ、この時点で12時45分。

昼休み終了まであと15分しかない。

しかも13時からは打ち合わせがガッツリ2時間入ってる。(サボれない)

ただ、この事態はなんとかしないと・・・八方塞がりだな。

でもまぁ問い合わせはしようってことで、鬼の形相でフリック入力して5分ではてなに問い合わせをしてみました。

 f:id:onionpetas:20170607222402p:image

なんともイマイチなメール。

ただ、こちとら時間がない。贅沢は言えない。

「よし。とりあえずこれで様子をみるか…」

と送信して諦めかけた時・・・とあるメールが目に入ったんですよ。

原因

「お名前.com」

独自ドメインを取得してから、こんな差出人のスパムメールが最近よく届くようになったんだよね。

「こんなドメインは如何ですか〜?」

「新しいサービスのご案内ー!」

って毎日売り込んでくるのね。正直うざったい。

で、思いついたのは「ドメイン」と「ブログ」の連携設定がダメになったからNOT FOUNDなんじゃね?ってこと。

でね、早速「お名前.com」からのメールをザーッと見返してみたらこんなメールを発見した。

f:id:onionpetas:20170607232932j:image

ファ!?? 

な、な、な、な、

なんじゃこりゃあああああああ!!!

 f:id:onionpetas:20170607224643j:image

 

なんだこの恐ろしいメールは!!

うーむ。どーやら「アドレス有効性認証」っやつをしないとドメインの利用を制限するぞ!って話みたい。

で、さっきのメールは「もうおまえのブログで制限しちゃったよ〜」ってメール。(制限どころかアクセスすらできないんだけど)

 

それが嫌ならメールにあったリンクを踏めってことらしいんだよね。なんというトラップ!

確認してみたら売り込みメールの中にそれを伝える超大切なメールが紛れてましたよ。

 

はい。結局完全に自分の不注意でございました。

全くメールを認識してなかったわけです。

だって自分のメールアプリこんな感じだし。

 

 f:id:onionpetas:20170607233510j:image

ひどいね。これじゃあ見逃すわけです。

で、結局12時59分にリンクを踏んで昼休みを終えました。

顛末

打ち合わせが終わったのが15時30分。

ブログを確認してみると、なんと復旧してました!

良かったああああ!!

思わず心の声が声帯を鳴らして外に出てましたよ。首の皮一枚で繋がった。

はてな運用からも、

「え?サイト普通にアクセスできますよ!」

って回答メールが来てた。仕事が早い。

こちらには丁重にお礼(謝罪)のメールを送って事なきを得ました。

まとめ

ムームードメインを使ってた時はこんなこと無かったんだけどな〜。

とか色々思うことはあったけど、完全に自分の凡ミスだったわけです。 これから「お名前.com」でドメインを取る方は、厳重に注意してくださいね!

そして、今回の件は坂津さんから教えてもらえなかったら、まーーーーったく気づかなかった。長い時間放置してたと思うし。

ホント感謝感激であります。

その後、坂津さんに復旧の連絡をしたらこんな嬉しいメッセージも頂きました。

坂津さん!本当にありがとうございます!!!

ホント助かった〜って気持ち。ありがたかったです。

こーゆーことってたまに起きると思うし、もし自分も誰かのブログで不具合とかを発見したら絶対に連絡をしてあげようと思った次第でございます。

本人は気づいてないケースも多いと思うし。

ホント色々と勉強になりました〜。

ということで、今日はここまで!

ワイドナショーは何が悪かったのか?誤報から謝罪対応までの流れを検証

なにやら自分が好きなジブリとワイドナショーがらみでネットがざわついてましたね。

知らない方の為にちょっと説明をすると、こんなニュースがあったわけです。はてブ周りでも話題になってた件です。

【フジテレビ】なんとネタツイを宮﨑駿本人が言ったと勘違いしたのかパクツイ【 #ワイドナショー 】 - Togetterまとめ

まぁ、端的にいうと

数年前の「ネタツイート」を宮崎監督の発言としてワイドナショーが放送してしまった・・・と。

この件、ジブリファンでありワイドナショーファンでもある自分としてはなかなかの衝撃度でした。

以前この記事でも書いたけど、自分は完全にワイドナフリークなわけです。リアルに相当大絶賛してたし。

自分にとってワイドナショーは心の友。

月曜日の憂鬱を晴らしてくれる大切な番組なのです!!!

だからこそこのニュース、なんというか色々考えちゃいましたねぇ。

誤報

正直この誤報に関してはね「やっちゃったな〜」って思った。ホント残念。

番組観てた時も「ん?監督そんなニュアンスで言ってたっけ?」って思ったんだけどネタとは気づかなかった。

で、その後ネタツイのご本人情報が拡散してた時はさすがにネット怖ェェ…って震えました。

だって、フジテレビの人気番組を相手に真っ向から抗議してたわけじゃん。(そして謝罪させた)

ひと昔前だったら考えられないよね。

テレビとネットの力関係がどんどん無くなってるというか、個人の発言でもバズによって大きな影響を与えちゃうとかさ…。

こーなると「個人のブログ」だってひょんなキッカケでどこに飛び火するかわからない。こわいこわい。

ただね、今回の誤報をあらためて見てみると、

ボジョレーヌーボー絡めてるじゃん!!

とか思うんだけど、番組観てた時は正直自分も全然気づかなかったわけです。(さすがに誤報とは思わなかった)

そーゆー意味でも情報を発信する側の「意識」って大切だと痛感してます。ブログも色々気をつけないとなぁ…。

いろいろマズイけど何が問題だったのか?

ま、今回はネタをネタと思わなかったスタッフさんがいてチェックも疎かだったってことは疑いようがない。

ただね、もっと問題なのはさ、

これ、パクツイと同じでしょ??

引用元とか全く載せずに発信しちゃったのはアウトよね。これはマジで痛い。

さらに相手がいることに対して不快に思うような誤報を電波に乗せたってことに対する責任は大きいよね。
故意では無かったにせよ情報の信憑性は昨年のWELQ騒動あたりからネットの目が光ってるし、脇が甘かったんだろな〜って思う。

で・・・翌週のワイドナショー

冒頭で謝罪文を読み上げてましたね。(正座しながら観てたわ)

そして、その後の松本さんの発言がまたネットで話題になってます。

 松本人志「今後こういうことがあったら番組降りる」 フジ「ワイドナショー」、宮崎駿引退宣言の誤報に再度謝罪 - ねとらぼ

今度もし こういうことがあったときは、もう僕はワイドナショーを降りようと思ってるんです

うん。そう思うのは当然だと思う。

ぶっちゃけね、その時の出演者はめちゃくちゃ憤ってもおかしくない。はからずも誤報に加担する形になったわけだし。

特に松本さんは番組の顔なわけで、この誤報が良い方に働くことは絶対あり得ないわけです。

いくら叩かれてるのに慣れてるって言ってもこれはさすがにキツイと思う。相手もいるわけだし。

降板宣言

f:id:onionpetas:20170605230107p:plain

この発言をね、番組の本番で突然言ったってことを「裏で言ってくれや」とか言う人もいたけどさ、

自分はこの発言を聞いてね、

松っちゃんワイドナショーを大切にしてるんだな〜!

って思ったんですよ。真面目に。

これを謝罪の後で言うことで、ワイドナショーに対する世間の目がどう変わるか?ってことも鑑みて発言してる。

こりゃ愛がないと言えない台詞ですよ。

ちょっと意訳して発言をかいつまむと、

スタッフに責任を丸投げするのは嫌

正直言うと「知らんがな」ですよ

もし今度こうゆうことがあったら番組を降りる

責任を取るというわけじゃない

それくらい失敗のないように緊張感を持ってほしい

ニュースを扱うというのはそういうこと

いや、、もうシビれるね。マジで震える。

これ本職のキャスターでもここまで言えないでしょ。謝って終わり。

でも、松本さんは敢えて自らに罰を与えて「緊張感」という意識を高めたんだと思うわけです。

格好つけてるわけじゃないって言ってたけどさ、充分格好よろしい。惚れるでしかしっ!!

っていうか、この発言の言い回しが絶妙なんだよね。

おそらく怒ってたとは思うんだけど「丸投げは嫌」というのが枕になってる。(フリとも言える)

で「知らんがな」で軽く下げる。

その後で、真面目な本題に入って言いたかったことを伝える。

・・・と、短い発言だけどかなりの高等技術が駆使されてる。ホント凄い。

まとめ 

ワイドナさんには今後の挽回を期待してるんだけど、今回の件を一部始終見てて「失敗のあと」って相当大事だなぁ〜と感じております。

芸能界はそれが際立つ世界だけど、日常生活や仕事でも失敗の後に「何を言うか」で人としての真価が問われるような気がするんですよねぇ。

 

とまぁ、言いたいことをバーーーっと色々書いちゃったんだけど、今回伝えたかったのはネットの怖さとか松っちゃんの格好良さとか、

最近色々震えるよね!って話でした。

ということで、今日はここまで! 

【ジブリパーク正式発表】鈴木プロデューサーと私の関係

ジブリパーク!正式に発表されましたね!

<ジブリパーク>愛知・万博跡地に 20年代開園目指す (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

愛知に通う意気込みマンマンのオニペタです。こんにちは。

もうこうなったらさ、

2020年は、五輪よりジブリ!!

東京より愛知だぁぁぁぁーーー!!

って昨日から完全におかしなテンションを撒き散らしておりました。いやでもホントに嬉しいわ。

地方創生ってこーゆーことよね。

だって自分はソッコーで愛知までの所要時間しらべたし!気合い入ってますよー!

こーなってくると本気で愛知県民の皆さんがホント羨ましいっす。

自分も生まれてはじめて「東京で消耗したくねぇ」って思ったもん。

愛知移住計画でもしようかなー(ごめんそれは嘘)

困った時のジブリネタ

いやー、なんかこのブログのジブリ率がかなり多くなってるんだけど、

たまたまだから!

たまたま我が心の師匠の鈴木プロデューサーがいろんな話題をぶっ込んでくるから、こっちはせっせとそれを拾ってるだけ。

むしろ自分がブログをはじめたこのタイミングで絶妙なトスを上げてくるからさ、それを黙って見過ごすわけにはいかないわけよ。アタックチャ〜ンス

鈴木P師匠には感謝感謝でございます。

ちなみに、昨日から何故かこの記事がめちゃくちゃ読まれてるんだけど、これもジブリパーク効果なのだろうか?ま、それ以外考えられないか。

鈴木P師匠、本当にありがとうございます。

アクセス元は「不明」なんだけど、常に3〜5人くらい読んでるという未だかつてない自体に遭遇しております。

こりゃこのブログも「ジブリカテゴリ」を作る勢いだね。ジブリネタは筆が進むんですよ。

心臓が止まりそうになった話

愛聴してるラジオ「ジブリ汗まみれ」っていう番組があるんだけど、このポッドキャストを聴きながら通勤することが日課になってます。鈴木P師匠がメインパーソナリティーのラジオです。

ホント毎日聴いてて、過去のバックナンバーとかも聴き漁ってました。

でね、ちょうど半年くらい前の話なんだけど、その日ももちろん「ジブリ汗まみれ」を聴きながら通勤してて、完全に頭は「鈴木脳」だったわけです。

「鈴木P師匠は良いこと言うな〜」

「っていうか話上手すぎだよな〜」

・・・と耳に入れたイヤホンから流れてくる「鈴木ボイス」に酔いしれながら歩いてました。

で、恵◯寿駅で乗り換えをしようと駅構内を歩いてた時に事件は起こりました。

いつも通りの道を歩いてちょうどキヨスクの前を通り過ぎた時にね、

 

なんと、自分の半径2m圏内に・・・

 

 

 

鈴木敏夫が現れたのです!!!!!

 

「ええええええええええ!?!?!?!?!?!?!?」

 

もうね、頭は完全に混乱しています。

イヤホンから流れてくる「鈴木ボイス」の本物が急に目の前に現れたんですよ。

パニック状態とはこのことです。

もう正常な判断はできなくて、つい言葉を発してしまったんです。

 

「鈴木さんですか?」

 

・・・と。

 

正直、自分でも驚きました。

もちろん相手は自分のことなんぞ知るわけがない。今となって考えたら失礼極まりないってわかるんですが、なんせパニックなのです。

 

で、自分の言葉を聞いた鈴木P師匠は立ち止まって答えます。

「はい」

 

鈴木P師匠は不思議そうな顔を浮かべています。

そりゃそうだ。どこの馬の骨かわからないサラリーマン風の男が自分に声をかけてこられても「?」と思うだけ。

 

さらに自分は次に話すべき言葉を用意していないことに気づきます。なんせパニックなんですよ!

で、もう咄嗟にでた言葉が、

「いつもラジオ聴いてます!がんばってください!」

 

・・・というなんの捻りもない言葉。

っていうか「今」聴いてるけどな!ってことはさすがに言わなかったけど。

 

で、鈴木P師匠は、

「あ。ありがとうございます。」

「いや〜驚きました。知り合いかと思ったんですが、思い出せなくて・・・」

 

・・・と、なんともフランクに接してくれて急に我にかえります。

オニペタ「すみません。急に声を掛けてしまいまして」

鈴木P師匠「いや大丈夫ですよ〜」

オニペタ「次の映画も楽しみにしてます」

鈴木P師匠「ありがとう。よろしくお願いしますね〜」

オニペタ「それでは失礼します。がんばってください」

鈴木P師匠「はい〜」

 

・・・所要時間、おそらく20秒ほどの出来事。

鈴木P師匠は丁寧に会釈までしてくれて自分を見送ってくれたという。

 

なんというかね、

これ一生忘れないでしょ!!!

今書いてても鮮明に思い出せるんだけど、作務衣に雪駄を履いてペタペタ歩いてた鈴木P師匠。いやー、感動しましたよ。

で、また電車に揺られなら「鈴木ボイス」を聴くという不思議な体験でしたね。

で、その日から自分は勝手に師と仰いでるわけ(自分も雪駄を購入した) 

 f:id:onionpetas:20170603090136j:image

ジブリパークを承諾した鈴木P師匠

ラジオでは前々からテーマパークの打診があることに触れていた鈴木P師匠。

ただ、そんな規模の話をすぐにOKするような人ではない。

「まず映画ありき」だってことも言ってた気がするし、テーマパーク事業の投資は莫大なもの。

でも、宮崎監督の新作映画製作発表や自分たちの年齢も踏まえて、この決断に踏み切ったんだろうなぁ・・・と勝手に妄想してます。

でもやっぱ反応は良いよね!Twitterでもかなり盛り上がってたし。

「こんなジブリパークは嫌だ」ってハッシュタグはみんなのセンスが爆発してたし。

うん。やっぱ日本人ってジブリで育ってるよね。自分を含めて。

ジブリのテーマパークって色々妄想膨らむよなぁ〜。

まとめ

今回のジブリパークで一つ決まってることが、

森林の伐採など新たな開発はしない方針

ってことみたい。

これは、宮崎監督や鈴木P師匠が決めたことだと思う。

基本的にはトトロの世界を再現するみたいだし、個人的には森とかガンガン探索できるような新しいタイプのテーマパークになってほしいなぁ。

いずれにせよ、新しい楽しみが1つ増えたってことで嬉しい限りです。

2020年は愛知でお会いしましょう。

ということで、今日はここまで!

【ブログ開始2ヶ月のPV数】はてなブログ運営状況を包み隠さず語るよ

あっという間の2ヶ月!

もうそんなに経ったのかぁ。早いもんです。

とは言え、まだまだ新参者の超初心者であることは変わらない。記事数も全然多くないし…。

ま、牛歩の如くですが地道にやっていきたいと思います。

で、今回は5月の区切りということでこの1ヶ月を振り返ってみますよ!

ちなみに1ヶ月前の記事はこちら。

www.dorakujimi.com

やっぱ、はてなブログっていいね

個人的にこの5月、クソほど仕事が忙しかったんだけど、ブログのおかげで平静を保てたような感覚だったなぁ。

はてなの皆さんホントにありがとうございます。

なんかね、むしろ自分のブログを書くより読者登録してるはてなブロガーさんの記事を読むのが日課になってる。

毎日はてなサーフィンしてね、面白いブログを発見したら過去記事を読んだりとかしてるわけです。う〜ん楽しいっ!

ただ当たり前だけど、そーなってくると、

自分のブログ書く時間が全然ないじゃん!ってことになる。

自分のブログ書いてる時間より、人様のブログ読んでる時間のほうが長くなる。それはもう圧倒的に!

なんでこんなに面白い人が多いんだろ〜って常々感じてるわけです。はてなのポテンシャルはスゲーですよ。

5月のアクセス数とか

f:id:onionpetas:20170601233823p:plain

まず記事数がぜんぜん増えなかった〜。

  • 4月:10記事
  • 5月:15記事

こりゃ大反省です。自分も皆さんを見習ってガシガシ書かないとですね。

 

で、アクセス数は目標の3,000PVだったんだけど、

  • 4月:788 PV
  • 5月:4,469PV

ということで、なんとか目標達成!!

いや〜、ホントうれしいですね!!

数字じゃないぞ!中身やぞ!って考え方もあると思うけど、やっぱ目に見えて前進してる感はいいもんです。ウレピー

とはいえ!

まだまだ全然あまちゃんだってことには変わらない。上には上がいらっしゃる!

自分は記事もまだ25記事しか書けてないし、1記事書くのに相当時間がかかるしダメダメだな〜と。

やっぱ実際に書くことでわかるよね。はてな先人たちの偉大さが。うん。

なんだか書いてて燃えてきたわ。

がんばろ。

今月アクセスが多かった記事はどれだ!

5月に1番アクセスが多かった記事はこちらです。

www.dorakujimi.com

今ウチの看板娘(記事)ですな。

この記事、はてブのジャンル別人気エントリにめでたく入りまして、ヒジョーに嬉しかったです。(検索流入もちょろちょろあるし)

ブクマでもすごく嬉しいコメントを頂いたりで「ブログやっててよかったー」と素直に思いました。

 

で、次点がこの記事。

www.dorakujimi.com

4月の最後に書いたこの記事がじわじわと検索流入してまして、今ウチの検索リーダーになってる。

一時は「落語家 ランキング」でわりと上位だったんだけど、今は落ちちゃったみたい。

ちなみに自分はランキング系の記事を書くのが大好きなんですね。

で、今しこたま下書きを書き溜めてるんだけど、なかなか終わらない。そして一向に終わる気配がないという・・・。

ま、地道にやっていきたいと思います。

まとめ

2ヶ月経って、はてな特有の「事情」もちょっとずつわかってきたんだけど、まぁブログ書くぶんには何も関係ないし自由にやっていこうかな〜と思っております。

おそらくブログ始めてからの期間が一定以上経つと余計な力が入ってしまうのかもなぁ。(自分もすでにその兆しはあったし)

でもブログって基本的には何書いても自由なわけじゃん!(モラルは大事だけど)

思うのは「ネガコメ」とか「読者解除」を恐れて当たり障りのないこと書いててもしょーがないし!ってこと。

ま、このブログはそんなお上品なモノにするつもりもないから、どんどん書きたいことを書いちゃおうと思います。

これからは、もうちょっと抉っていこうかなぁ・・・・

最後に・・・

実は今回、この運用報告記事を書くかで迷ってたんだけど、やっぱりこのネタはやる意味があるって思いました。

ブログを始めた人に向けて「1つの目安」になるってこともあるけど、なにより俯瞰してブログを見つめ直せるのが良かった。

自分の場合は日々の更新だけだとまーーったく振り返らないし、こーゆー機会を設けることでメリハリにもなりました。

ということで、来月もこの報告は継続!

6月の目標は8,000PVだーーーー!!

ということで、今日はここまで!

【現代のコマ遊び】大人もハマる理由がわかった

クルクル回すコマ。

あの当たり障りのない平和な玩具。コマを回したことがない人はおそらくいないでしょう。

でね、そんなコマをベースにしたとんでもないオモチャがあるという話を聞きました。

なんでも累計3億5千万個も売れてるとか嘘っぽいことを抜かしてるんで「盛ってるだろ」と半信半疑だったんだけど、どうやら実話みたい。

で、そのオモチャの名前は「ベイブレード」

トミカとかプラレールで有名な「タカラトミー」が販売してるんだって。

まぁ、自分もベイブレードって名前は知ってたけど、そこまで爆発的な人気だってことは知らなかったのです。

自分は小学生でベーゴマとかやってたし、それなりにコマには愛着もあったんだけど、ベイブレードが発売したのは1999年。高2の自分は完全にスルーしてたわけね。

で、そんな話を聞いてから色々調べてたんだけど、なんというか、

めちゃくちゃ欲しくなってしまった!

でね、なんか悔しかったので「子供に買う」という名目でオモチャ屋に向かったのです。

息子(5歳)にベイブレードを買ってみた

オモチャ屋のベイブレードのコーナーを確認すると値段は千円前後。ただ、かなり品薄状態ってことに驚きます。

貼り紙には、

「ロストロンギヌス入荷未定!」

とか意味不明なことが書いてある。

でも、そんなこと言われたら「ロストロンギヌス」とやらが欲しくなるわけですよ。

で、何軒かまわってなんとかゲットしたのがこれです。

f:id:onionpetas:20170530221106j:image

これが、(当時)新発売だったベイブレード「ロストロンギヌス」

ほとんど予備知識は無かったんだけど、はじめて「左回転」のベイブレードが登場したってことで、盛り上がってたみたい。

で、対戦用にもう1つ買って、息子に(名目上)プレゼントしました。

息子は「ナニコレ?」的な表情だったんだけどお構いなし。「とりあえず遊んでみな」とひと言添えてめでたくベイブレードデビューにいたりました。

ベイブレードすごいな

その後、息子は見事にドハマりました。さよなら仮面ライダー。
もうね、水を得た魚の如く毎日回しまくってるわけ。一心不乱とはこのことかってくらい。

f:id:onionpetas:20170530223831j:image

こんな器具を使って回すんだけど、回す時に掛け声があるんです。

「スリー・ツー・ワン・ゴーー、シュート!!!」って小寒い掛け声を言うルールなんだけど、その日から我が家ではこの声が生活の中に溶け込んでます。

で、もちろん自分も息子と一緒にやるんだけど、これね、相当面白い。ハマる。

コマを回して対戦するってシンプルなルールなんだけど、色んなギミックが施されてるわけ。

いや〜最近のオモチャはホントよく考えられてるなぁ。

こりゃ大人がハマるって話も頷ける。

「ベイブレードバー」って大人向けのお店も限定オープンしてたらしいし。

大人のための「ベイブレードバー」、2017年1月オープン - GAME Watch

そんなベイブレードの醍醐味をちょっと紹介してみます。

破壊衝動が満たされる

今販売してる「ベイブレード・バースト」ってモデルは、対戦で相手のベイブレードを破壊させることができるんです。 これを「バースト」って呼んでるのね。

これがなかなか爽快なの。

ッシャァァァ!!バーストだぁぁぁ!!って盛り上がる。

それがこんな感じ。(YouTubeに投稿してる方からお借りしました)

これ、実際に壊れちゃうんじゃなくて、衝撃でパーツが分解される構造になってるのね。

で、バラバラにされたほうが「負け」ってルール。

実際バーストってなかなか発生しないから、試合とかでこれで勝つとめちゃくちゃ気持ちいいんです。

タカラトミーさんも面白いことを考えたもんだ。

大会の盛り上がりがスゴイ

ベイブレード大会が各地で開かれたり、おもちゃ屋でイベントがあったりすると、ベイブレーダーたちが何処からともなく集結するのです。

最近は自分も息子の付き添い(という名目)で行くんだけど、まー盛り上がってるんだよね。トンデモナイお祭り騒ぎ。

まず人数が凄い。整理券の倍率が3倍とかで大会に出られないベイブレーダーが溢れてるわけです。

で、自前のスタジアム(ベイブレードを回す専用の台)を持ってきてアチコチで試合が始まるという。

もうカオスだね。ベイブレードカオス。

小学生たちはみんな目が必死だし、熱気がヤバイ雰囲気を放出しまくってるわけ。

「おまえのナッシングドライバー卑怯だよーーー」

「スプリング埋め込んでるん?」

「そうそう、吸収は弱まるんだけどスタミナ増すじゃん」

「それ無しだろ」

「これなら手回しでも100パー勝てるし」

「じゃあやろうぜー」

・・・とか、ほぼ理解不能な会話を繰り広げてるわけ。カオスですね。

造形美もなかなか

f:id:onionpetas:20170530234355j:image 

まぁ、オモチャだし結構派手めな感じなんだけど、細かいところまで丁寧に作られてる。小学生が好きそうなデザインなのかな?

ちなみにアニメも放映中で、新しいキャラクターが登場すると、そのキャラクターの使用モデルがすぐ発売されるという、鉄壁のマーケティングも施されてる。

もう小学生たちのハートは鷲掴みなのね。 

(ちなみにアニメの対戦映像はかなり綺麗で驚いた)

あと、レアベイなるプレミアムのベイブレードが存在するんだけど、完全に価格が高騰してる。(1万円を超えてる)

このあたりの仕掛けも上手いなぁ〜。ここでは大人のコレクト魂にそっと火をつけてる。

まとめ

なんだかんだで、この遊びには色んな刺激があると思うのです。子供にとっては学びも多いんじゃないかなぁ。

なかには「ゲームさせるよりいい」ってことで、ベイブレードを推奨してる親御さんもいるみたいだけど、本人たちは単純に面白いからやってるだけ。

大会とかで話すとホント色んなタイプの子がいるんだよね。

  • 回し方のコツを追求する「スポーツ万能くん」
  • 物理的な動力を研究する「改造博士くん」
  • 試合の盛り上げ役「コミュ強くん」
  • 集めることに情熱を注ぐ「コレクトくん」

みんな、思い思いの付き合い方でベーブレードと向き合ってるのね。

で、1つみんな共通してるのは「ベイブレード愛」が痛いほど伝わってくるってこと。

情熱を持ってベイブレードに取り組む小学生たちをみてると、オジサンも負けてらんねーぞ!って思うわけです。(色んな意味で) 

まぁ、みんな飽きたら違うことやるだろうけど、この情熱の注ぎ方を見てたら、何故だかオジサンは嬉しくなりました。

今週のお題「私の沼」だけど、我が家ではこのブームがまだまだ続きそうです。

ということで、今日はここまで!

【タイトル秀逸本8選】本の購買はタイトルに釣られるところから始まる

電子書籍って快適。

自分もKindleを使うようになって、

「もう紙の本なんてイヤだ!」

「ページめくるって行為が鬱陶しい!」

「つーか、本って重くない?」

って気分にさいなまれる覚悟をしてたんだけど、どうやら自分は大丈夫みたい。

紙の本もガンガン読んでるし。

ただ前回の記事で書いたけど、持ち運びに関してはKindleの完全勝利。本の持ち運びにかかる負担を大幅に下げてくれました。

www.dorakujimi.com

ぶっちゃけ財布よりも重量面での貢献は大きかったし、もはや電車の中では必需品。

かさばらないからノンストレスで読めるし。ホント優れものですね。

それでも紙の本を読んでしまう理由

でもね、

やっぱ自宅でじっくり読む本に関しては「紙」で読みたいと思うわけ。

なんかもう本能的にね、

ページめくりてぇぇぇ!!

パラパラさせてぇぇぇ!!

って無性に思うのは何故だろう?

子供に絵本買ってやりてぇぇ!!って思うのは何故だろう?

トイレに本があると安心するぜぇぇ!!って思うのは何故だろう?

 

そーゆー世代だからなのか?

いやいや、まだ電子書籍世代なんてまだ生まれてないはず。

うーむ。なんというか個人的にはね、

紙の本を手に取ってページを操ってる感覚が、いまだに「心地良い」と感じてしまう。感覚的に。

まぁ、これって平たく言うと「ワクワク感」かもしれない。

次のページに書かれていることを知るために「紙」をめくる。

この行動が期待を膨らませてくれるって感覚があるんだよね。

あと、物理的に本という「モノ」が存在していることで、なんとなく手に取るって行動が生まれるのも大切。(そこから始まる恋もある)

ぼーっと本棚を眺めて背表紙を見ながら、ウンウン唸って物思いに耽ることもできるわけです。

ま、スマホからKindleアプリを起動してライブラリをスクロールすれば同じかもしれないけど、それってなんか「わざわざ感」がハンパないでしょ?そーゆーことじゃない。

何の気なしに感じる「気づき」とか「発見」が嬉しかったりするんです。

みんな、本ってどーやって選んでる?

f:id:onionpetas:20170528082758j:plain

で、紙の本に限らず、そもそも本をどーやって選んでるのか非常に気になっております。

まずもって、Amazonと書店で比べてみると「購入パターン」ってかなり違うでしょ?

Amazon

自分の場合、Amazonで本を買うときは、あらかじめ気になる本が決まってることが多い。「選ぶ」って段階は終わってるんだよね。

あとは、ジャンル検索でオススメから選んだり、購入履歴のレコメンド機能で勧められた本を選んだりもするけど、自分の興味から大きく外れることは少ない。

たぶん評価を読みつつ「失敗しないように」注意深く確認しながら購入する人が多いと思うのです。

書店

かたや書店の場合、選書は完全に書店側のセンスにお任せ状態。

当たり前だけど、こちらの好みなんてお構いなしだから、未知のジャンルや興味を持つ前の本との出会いがある。

平積みしてる本とかは手に取りやすいし、自分はそのまま衝動買いしちゃうことも…。

たまに失敗することもあるけど、書店で本を選ぶ時間はかなり好きです。

何を基準に選んでるのか?

自分の場合は完全に「タイトル」

書店でもAmazonでも、タイトルが引っかからないと買うことはほとんどないかなぁ。

本のタイトルって、まぁ看板じゃないですか。

そこを魅力的に表現できるってことで、まず信頼に値すると思うわけ。(釣りもあるけどね)

装丁デザインも大切だけど、活字の場合はやっぱりタイトルが大切だと思います。

だって手に取ってもらえなければ何も始まらないんだし、読まれるための努力は重要かなと。(ブログも然り)

で、自分が書店で購入した本を確認してみると、明らかにタイトルで買ってる本が多いんですね。

ということで、今回はタイトルが優れてて思わず買っちゃった本を集めてみました。

もちろん今回紹介する本は全て中身も素晴らしかったですよ!

① 鈴木さんにも分かるネットの未来

f:id:onionpetas:20170528081130j:image

これはタイトルの大勝利。ホント素晴らしいと思う。

「◯◯でも分かる」ってコピーは「サル」でよく使われてたけど、ここを少しパロディ調で「鈴木さん」にしちゃうと。

ネットの未来はみんな知りたいから興味をそそる。

ジブリネタが多くてアレですが、鈴木さんというのはジブリのプロデューサーです。

著者はドワンゴ会長の川上量生さんで、ネットのあらましや構造をわかりやすく(ディープなとこまで)教えてくれます。 

② 過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい

f:id:onionpetas:20170528081223j:image

逆じゃね?って思わせるテクニック。

写真家森山大道さんのエッセイなんだけど、この意味深なメッセージが中身を「読みたい」って気持ちにさせてくれる。

やっぱりあーゆー写真を撮る人はタイトル付けのセンスも一風違う。

ちなみに自分が1番好きな写真家さんです。 

③ なるほどデザイン

 f:id:onionpetas:20170528081237j:image

シンプルなタイトルだけどよく考えられてる。

「デザイン」という大きなテーマを掲げて、それを「納得させちゃいますよ!」ってことを暗に示してる。語感もいいし。

実際、自分も読んで「なるほど〜」ってなりました。 

④ ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い

f:id:onionpetas:20170528081408j:image

もう確信犯でしょ。引きが凄い。

ネット的なタイトル付けで話題になりましたね。

実際に読むと「炎上の心理」みたいなとこまで触れてるから面白かった。

⑤ ドカンと、うまいつまみ

f:id:onionpetas:20170528081724j:image

「男飯」とか「男の料理」って言わずに、それを伝えてしまう表現にセンスを感じる。

「美味しい」じゃなくて「うまい」だし、「ドカンと」って語彙には男臭さも漂う。

⑥ 騎士団長殺し

f:id:onionpetas:20170528081546j:image

強い。なによりインパクトが強い。さらに意味深だし。

漢字が多いけど画数的に読みにくさを感じないギリギリのラインだと思う。

村上春樹のタイトルとしては異色(?)に感じたけど、読んでみたら春樹ワールド全開でした。 

⑦ 好きなようにしてください

f:id:onionpetas:20170528081601j:image 

これはトリッキーだけど面白いタイトル。話し言葉だからキャッチーだし、突き放し感も小気味良い。

質問に答える形式の内容なんだけど、それを言ったら元も子もないでしょ!ってツッコミどころを残してるとこも良い感じ。

⑧ 嫌われる勇気

f:id:onionpetas:20170528081627j:image

これ、大ベストセラーになったのはタイトルの力が大きいと思う。

「嫌われる」って、普通「勇気」って言葉の前に入る言葉じゃないから違和感を生んで引きになってる。

「嫌」「われる」「勇気」って中途半端な改行は「嫌われない」って読み間違えられないための工夫なんだろうか。

まとめ

こうやって並べてみると、売れる売れないもタイトル次第だなぁと思うわけです。

もう完全にコピーライティングの世界。

著者からしたら1番力を入れなきゃならないところかもしれません。

うーむ。そう考えると、これってブログも一緒だよなぁ。頑張らんとなぁ。

ということで、今日はここまで!

【実録】財布を捨てた話

昨年の10月、長年愛用してた財布を捨てました。

そう、文字通り自ら財布をゴミ箱にぶち込んでやったのです。ポイッて。

・・・と、これだけ書くと気が触れてしまったヤツの戯言みたいなんだけど、念のため言っとくと、

お金は入ってないからね!それ犯罪だし!

で、その日から今日まで「財布なし生活」を送っております。

財布を持ち始めて四半世紀以上経つけど、はじめての経験です。

 

何でそんなことをしたのか?

もともと自分は持ち物がめちゃくちゃ多くて、

「本5冊も持っててホント読めるぅ?」

「パソコン使わない日も持ち歩く必要あるぅ?」

「財布にやたら入ってるポイントカードいるぅ?」

って、いつも自分にツッコミをいれつつ、重たいカバンを持ち歩いてたわけ。

トレーニングですか?

って言われた(disられた)こともある。

まぁ、一般男性のカバン重量から考えたら2〜3倍は重かったと思うのよ。軽さがウリのMacBookも本と入れたら意味がない。

もはや、その重さがデフォルトって感じになってて、気にもしてなかった。

むしろ、

まだまだ待てるぞーーー!!

って思ってたかも。イタイな。

 

で、さすがにどーなのよ!って思った日があって、よくよく考えてみたんだけど、これって完全に怠慢だよね。

持ち物の整理ができてない証拠。

使うかもしれないから詰め込んんどけー!って具合で計画性がなさ過ぎるわけです。

自分のリソースを過大評価してたり「もしも」の時に備えていらないものを無駄に運んでるという・・・ま、いろいろ残念だなってことに(今更)気づいたわけ。

そんなこんなで、考え方を180度変えてみました。

まず試したのが、

  • カバンの中身は毎日チェックしていらないモノを廃棄
  • パソコンは必要な日以外は持たない
  • 読む本は極力Kindleにする

これを早速試してみたんだけど、

いやいや、なにこれ、うーーん、何というか、

 

めちゃくちゃ快適ですわ。

修行僧のようだった今までの自分が哀れでならない。

持ち物を減らすってマジステキ。

なんかね、フットワークが軽くなるから今まで億劫だったことが簡単にできるようになった。

初日なんて途中下車してブラブラ散歩したもんね。

それで「身軽」って心地よさを知った自分は、どんどんエスカレートして、ついに財布を捨てるレベルに達してしまったという。もう止まらん。

携帯用充電器も軽いやつにしたいなぁ。

 

どーやってお金を持ち歩くんじゃい!

財布を持つ理由は「お金を入れて持ち歩く」ってこと。これは万国共通で疑いようがない。

ただ逆に考えると、お金を運ぶ時に必ずしも「財布を使わないといけない」ってルールはないでしょ?

べつに葉っぱでくるんで持ち歩いてもいいわけだしさ。

 

でね、自分はいろいろ試行錯誤して「定期入れ」を使うことで落ち着いてます。

 

ちなみにこんな感じ

f:id:onionpetas:20170525073417j:image

これをズボンの左ポケットに収めてる。

ちなみにマネークリップ的なやつも試したんだけど、やっぱカード類は少し持つ必要があるからダメだった。別でカード入れが必要になるし。

最小限のカードを入れるくらいなら、このくらいポケットがある定期入れが丁度良かったんです。

紙幣はそんなたくさん持ち歩かなくても、クレカかATMで何とかなる。

ということで、現金自体もそこまで持たなくなりました。

人って変わるもんですねぇ。

 

でね、ここまで読んで「小銭はどーすんだ?」って思ったスルドイ方もいらっしゃると思います。

小銭は実に厄介。でも1番理にかなった持ち運び方法は実にシンプルでした。

そう。

小銭は「ポケットに直接イン」です。

ジャラジャラさせてます。

「小銭入れ」を別に持ってたこともあるんだけど、持ちモノが増える感覚が嫌だったので却下。

朝、持ち歩く小銭をピックアップして、お釣りとかで増えた分は家に保管してます。1円とか5円が家に貯まってるんだけど、これはまとまったら両替するってことで。

 

で、財布なくしてどーなった?

うーん、これねぇ、もうやめられない。

開放感がハンパないわけですよ。

だってさ、平日は通勤でカバン持ってるからあれだけど、休日なんてカバン持ちたくないわけ。

わざわざ「財布を入れるためだけに」小さめのショルダーバッグとか持ってたけど、あれはホント無駄。

今、休日は完全手ぶら男子に相成りました。

ちょっと遠出する時でもポケットに入りきらない物は持たない。

いつでも両手をフリーで使える心地よさって、想像するより素晴らしいものでした。

 

ちなみにレジでお金出すスピードは財布時代の2倍速です。

今までは、

  1. カバンを下ろす
  2. カバンを開ける
  3. 財布を取り出す
  4. 財布を開ける
  5. お金を取り出す
  6. 支払う
  7. お釣りを受け取る
  8. お釣りを財布にしまう
  9. 財布をカバンにしまう
  10. カバンを背負う

・・・という実に「10手順」で支払いという行為に挑んでたわけです。正直まごついてた。

 

それが、

  1. ポケットに手を入れる
  2. お金を取り出す
  3. 支払う
  4. お釣りを受け取る
  5. お釣りをポケットにしまう

 

・・・すごくないですか?半分の手順で済みます。

スマートにレジで支払って颯爽と去っていくのも夢じゃない。

ポケットの小銭は慣れてくると手触りで種類がわかるから、スッとお金を渡せます。

レジに向かう道中、盲牌の如くポケットで残高確認できるようになれば・・・もうアナタは完全に上級者です。(と、勝手に勧めてみる)

 

財布がなくなるデメリット

歩くとチャリンチャリン鳴る

これが結構恥ずかしいんですね。休日は全然構わないんだけど、社内で歩いてる時とかは恥ずかしい。

ま、ただこれもポケットの中でのしまい方で極力チャリンチャリンを抑えることが可能です。

(この方法を説明すると、このくだらない記事が余計長くなるんで割愛しますが、もし!仮に!万が一にも!知りたいなぁ〜って方がいましたらコメントくださいね。こっそり伝授いたします) 

 

でね、その他のデメリットは正直思いつかない。

ブランドモノが好きな人は受け付けないかもしれないけどね。ま、でもデメリットなんてそのくらい。

長財布使わなきゃお金持ちになれない!

・・とか言ってる人は無理かもだけどね。

 

ただ、女性はさすがに難しいか…。

 

まとめ

好き勝手書いてみたけど、この話はネタでもなんでもなく実話です。

半年以上、財布を1回も使ってません。捨てたし。

持ってるのが常識の財布だったけど、「財布ってホントにいる?」ってことを改めて考えると、

「い、いらないかも」

ってことになりました。

 

いろいろやってみて気づいたのは、外出時の持ち物って意外とモチベーションに繋がるってこと。

やっぱ身軽だと元気だし、重たいモノを持ってるとやる気も削がれていく。

財布は極端かもしれないけど、カバンの中って案外いらないものがたまりやすいからチェックしてみると次の日快適になりますよー!

ということで、今日はここまで〜!

76歳の宮崎駿監督は新作映画のアニメ製作をどんな心境ではじめるのだろう?

どうも。ジブリフリークのオニペタです。

数日前、個人的にめちゃくちゃ嬉しいニュースが飛び込んできました。

www.ghibli.jp

引退宣言をしてた宮崎監督が「引退撤回」を発表して、新作長編アニメに取り掛かるってこと公式に発表したんですよ。

いや〜、もうさ、

涙ちょちょぎれるほど嬉しいんですよ!

素直に「待ってました!」って言いたい。落語の如く。

鈴木敏夫プロデューサーのラジオで「宮さんが新作の絵コンテを描いてる」って話は知ってたんだけどさ、こうやって公式発表が来ると「マジだったんだ」って現実味が出てくる。

全身全霊で応援したいと思ってる次第です。(まぁ何もできないけど…)

 

ネットの声を見てみると

f:id:onionpetas:20170523002607j:plain

http://25.media.tumblr.com/402a0ea20ee22148a54e30826747cac5/tumblr_msh22rbpve1qbktuzo1_500.jpg

そんな手ばなしで喜んでる自分なんだけど、みんなの反応はどうなんだろ?って気になって色々のぞいてみた。

ほほぅ。結構みんな辛辣なのね。

要約すると、

  • 「何度目の引退撤回だよ??」
  • 「給料安すぎじゃね?」
  • 「宮ちゃんやめへんで〜」

とかね、ネガコメ言う人が何気に多いんだな〜って印象。(最後のは違うか)

ただまぁ、引退宣言ってことでいえばね、

たぶん毎回言ってる気がするのよ

実は「紅の豚」あたりから言ってたと思う。

「もののけ姫」でも言ってたし「ハウルの動く城」「風立ちぬ」でも引退を示唆してる。(風立ちぬでは公開前に引退記者会見までしてた)

でもね、これってその時の正直で真摯な気持ちだと思うわけです。

だってぶっちゃけ、引退とかあえて言わなくてもいいわけでしょ?

シレっと辞めることも、続けることもできる。

ただ、宮崎駿という人は自分に求められてることを真正面から受け取ってて、それに一種の使命や責任を持ってる。(ように感じる)

だから毎回律儀に発表してるんだと思うわけです。ホント真面目な人なんだよ。たぶん。

 

アニメーターを募集する挑戦


職業紹介【アニメーター篇】~将来の仕事選びに役立つ動画

 

以前、鈴木プロデューサーのラジオでぽろっと聞いた話なんだけど、宮崎監督が引退を発表した理由の一つが「アニメーターがいない問題」だったらしい。

優秀なアニメーターが減ってて、作りたくても作れないという現実も引退に向かわせた理由の1つだったと。

描く人が足りなきゃ作りたくても作れない。うん。そりゃそうだ。

ただね、ジブリ最新作の映画「レッドタートル ある島の物語」を観た宮崎監督は、

こんなに描ける人いるの??

って正直度肝を抜かれたらしい。

で、そんな人いるなら俺も作れそうじゃん!という心理になったんだと思う。1人のアニメーターが宮崎監督を動かしたってことよ。凄い話だなぁ。

ただ、アニメーターの給料はどこも低賃金。さらに長時間労働は避けられない。

でもね、

サラリーマンとは目指すところが全然違うわけじゃん!

例えば売れてない芸人とかアーティストが「忙しいの嫌だわ〜」「でも人並みの固定給くれよ〜」って言ってたらおかしいでしょ?

まぁ、給料云々とかブラック企業ガーってネットで騒いでるのは多分アニメーターじゃないと思うけどね。

外野があーだこーだ一般的な企業と同じ感覚で比べても全く意味がないよね。

 

リスクを取るということ

f:id:onionpetas:20170523001643j:plain

3年もの間、多くの時間を拘束する。そして、そのあとにどーなるか?なんて保証は一切ない。
この感覚が肌に合わない人も多いと思うけど、
ただね、それならどんな募集だったらいいの?って疑問も同時に浮かんだ。

  • ジブリ専属アニメーター正社員募集
  • アニメーターから監督へのステップ有り
  • 年収600万円以上保証
  • 残業なし

こんな募集だったらめちゃくちゃ殺到するのかな?現実的にありえないけどね。

でもさ、もし仮にこの募集が可能な状況だったとしても、これで「優秀な」アニメーターが集まるかは甚だ疑問。いや、自分は来ないと思う。

持論なんだけどね、本当に優秀な人って

めちゃくちゃ「リスクの取り方」が上手くない?

自分を追い込んで成長を促すって感覚が自然に身についてる。だからこんな甘ちゃんな募集要項じゃ魅力を感じないだろうね。

それこそ、アニメーターとか生み出す系の職業の人が「安定」なんて手に入れたら、そこで成長は止まっちゃう。(少なくとも遅くなると思う)

だから、優秀な人ほどリスクの大切さを知ってるし、多少危ない橋でも「攻め」の姿勢で挑戦するんだと思うなぁ。

そもそも、宮崎監督自身がリスク大好きだしね。キングオブリスク!

有名な製作方法として、ストーリーの結末が決まらない状態で作画に入っちゃう「連載漫画スタイル」だって前代未聞でとんでもないこと。

これをずーっと続けてリスクと向き合ってるわけです。自らリスクを課してそれをコントロールするって強靭な精神力が必要だと思うなぁ。

 

年齢について

f:id:onionpetas:20170523001153j:plain

宮崎駿監督は現在76歳。映画が完成する予定の3年後は79歳になってる計算。

この歳から3年もかけて「新しいことを1からはじめる」という心持ちがどういうことなのか想像するのは非常に難しい。何故そんなモチベーションが湧いてくるんだろう?

1つ言えるのは、年齢的に「死」という現実は確実に意識してるということ。

でね、ちょっと考えたんだけど、ここでも宮崎監督は新たなリスクに挑戦してるのかもしれません。

そう。

「3年以内に寿命が来て映画製作がストップしまうリスク」を自らに課してるはず。

もう究極だよね。ここまで挑戦的な人生を送れる人は滅多にいない。

多くの人から待ち望まれて、多くのスタッフを抱えて、壮大なるリスクに立ち向かう。凄い話です。

 

まとめ

自作が宮崎監督の「集大成」であることは間違いなさそうです。

もちろん、作品の中身が気になるところなんだけど、製作過程の中で宮崎監督が何を思い、どんな心境でこの映画に取り組んでいくのか・・・この側面も非常に気になるところです。

誰しも「老い」が訪れる中で、どうやって最期に立ち向かっていくか。

この問題の答えを、映画を通して宮崎監督が教えてくれそうな予感がしています。

ということで、今日はここまで!

スマホ依存症が充電を忘れると悲惨

スマホの充電が無くなると非常に困る。

ブログ生活に支障をきたしてしまうわけ。以前記事にも書いたけど、今のブログ生活はスマホで成り立ってるところが非常に大きいのです。

doraku.hatenablog.com

「充電ゼロ」という名の恐怖を回避するためにかなり予防線を張ってる。充電に振り回されてるってことも自覚してます。致し方ない。現代病でしょう。(スマホ依存症?)

夜、寝る前は必ず充電して、朝はフル充電で新しい日を迎え撃つ。これは基本の「き」

さらに自分はその一歩先を見据えてる。スマホ用の「携帯充電器」を常備しているのです。

愛用してる「iPhone 6s Plus」は、かれこれ1年半くらい使い倒してるからか充電の減りがめっぽう早い。

電車でブログサーフィンしたりブログを書いたりしてると出社する頃には「残り55%」なんて表示される。夕方には1桁台に突入するなんてこともザラ。

そこで登場するのが携帯充電器という救世主です。

もう僕はキミがないと生きていけない体になってしまったんだよ。

この相棒を手に入れたのは、2013年のフジロックフェスティバルに初めて参加することが決まった時。「テント生活の必需品だぞ」と助言をくれた先人の教えに従って購入したものです。

今やかなり旧型の様相だけど、なによりヘビー級の重みが安心感を与えてくれる。まだまだ現役です。

f:id:onionpetas:20170520012138j:image

文庫「燃えよ剣(上)」と比較してもこの存在感を放つ。カバンの中でさえも専用スペースが与えられるほどの重鎮として、そのポジションは固く守られてます。

幾多の戦いから何ヶ所も傷を負ってるんだけど、当の本人は「勲章ですから」と謙遜してみせる。可愛いヤツだ。

その骨太さでいえば、495ページを誇る「燃えよ剣(上)」を超えてしまうし、重量は文庫本3冊分にも相当する。信頼を売りにしてる商売なのだから仕方ない。

なにより、この充電器は何度となく窮地を救ってくれた。その実績から、自分がこの充電器に寄せる想いは計り知れないのです。

 

すれ違い

一昨日の夜は明らかに疲労が溜まってた。

ただ、疲れていても腹は減る。仕事で遅くなって家に着くと寝静まった家の中で夕飯を食べた。もう無心で食べてた気がする。

 

で、記憶はここまで。

どうやら、食べ終わると同時に強めの睡魔が襲ってきて、その場で寝てしまったようです。(朝まで)

目を覚ました時、「風邪ひきそう・・・」とか「食べっぱなしじゃん・・・」とか色々思うことはあったんだけど、何よりトンデモナイ状況であることに気づきました。

スマホの充電忘れてた・・・。

これは痛い。非常に困った。

でもね、この時はまだ余裕を持ってたんです。

そう。携帯充電器(相棒)を使えばいいじゃないか!って。

この安心感に気づいて、改めて相棒を愛おしく想いつつ、意気揚々と出社しました。

それで、早速電車の中で充電のセッティングをしたんだけどね、「ウン」も「スン」も言ってくれない。どうした相棒・・・。

混乱する頭で相棒の症状を確認したところ、その理由が判明しました。

充電器(相棒)の充電も無くなっていたという事実。

なるほど合点がいった。いよいよヤバイ。

 

充電とはなんなのか?

たかが充電。されど充電。

現代社会で「充電」が人間生活の一部となっていることは事実でしょう。充電という行為自体には何の意味を持たないけど、充電が足りてない状況は確実にストレスを生む。

事実、昨日は電池残量との戦いでした。

スマホの電池残量に目を光らせながら少しずつ使ってたけど、案の定夕方には「不動」となります。今日は救世主もいない。

帰りの電車では、みーんな軽やかにスマホを操ってる。あぁーうらやましい…。

自分のカバンに入っているのは、

  • iPhone(電池切れ)
  • 携帯充電器(電池切れ)
  • Kindle(これも何故か電池切れ)
  • Bluetoothイヤホン(充電されてるが用途なし)

のみ。

電池が切れた電子機器はただただ「重いだけ」です。

こいつらクソの役にもたたないぞ!・・・と。

いつも大変お世話になってるにも関わらず、こんな汚い言葉が何種類も脳裏をよぎる。

充電切れというのは人格まで変えてしまう。

 

まとめ

帰宅すると、何よりも先に彼らの充電作業を優先しました。

彼らに灯火が戻ることに安堵しながら、自分も優しい気持ちが少しずつ取り戻されてくる。

もうね、安心感がハンパない。

自分はスマホ依存じゃないと思ってたんだけど、無くなってみるとはじめて気づく。

はい。完全にスマホ依存症(重度)ですね。

特にブログはじめてからは勢いを増してる気がするなぁ。

まぁ、スマホ依存がそこまで「悪い」ってことだとは思わないけど、何かに縛られるのは癪なのでちょっと改善してみようと思ってます。

とりあえず、スマホ持たない日とか作ってみようかな〜。

ということで、今日はここまで!